ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

小学生に大人の問題解決方法を教える

»

 息子が「Wiiの操作ができない」と騒ぎ、妻が「電池入れ替えてみれば?」といって新しい電池を入れ替えたり「電池の入れ方が悪いかも」「叩いてみれば?」「電線の差込みが悪いのかも」とあらゆる線をさし直したりしていた。

 妻が、息子に指示して、片っ端からいろんなことをやってみたが、まったく直る気配が無い。

「長くゲームやりすぎて壊れちゃったんじゃない?」「あんた、リモコン落としたでしょー大切にしないからー」と息子を怒りはじめた。

 そこで、私、お父さんの登場である。

 息子に「大人のやり方を方試してみないかい?」と言ってみると、”大人”というキーワードに食いついて「教えて、教えて」と言ってきた。

 大人の問題解決方法とは、

・冷静に落ち着いてロジカルに考える

・問題を一つづつ切り分ける

・順序だてて問題を絞り込む

・それぞれの関係(コミュニケーション)を疑う

・どうしても解決できなければ初心(買ったとき)に戻る

である。 

 私は日頃から、子供に、言葉でなく習慣としてこれを体得させるように仕向けている。自分で考えさせ、体得させるのだ。

 今回のWiiの件では、以下のように話をした。

 問題の切り分ける

 絶対に壊れていない部分を探して、一つ一つ潰していくのである。

「リモコンくんと、本体くんのどちらが壊れて”ない”と思う?」と聞くと、息子は、「リモコンで電源押しても、本体の電気が入らないからー、リモコンがおかしいかもしれない。」と言ってきた。「本体くんは大丈夫だと思うね?」と確認。

② 仮説を評価する

 では、本体が”壊れていない”かどうか試すように言うと、息子はリモコンを使わず、直接、指で本体くんの電源を入れた。 すると、テレビにWiiの初期メニューが映し出される。

「やっぱり本体は壊れていないみたい。」と息子。(ここで、”それだけ確認しただけでは本体が壊れていないとは言えないよ”などと言ってはいけない。)

 そこで、リモコンを疑うことにして、リモコンの中で問題のない部分を探すように言う。息子がリモコンの電源ボタンを入れると「リモコンがピリピリピリッて光ったから、リモコンの電池くんは大丈夫みたい、でも、やっぱりリモコンから本体の電源が入らない」という結果になった

③ 問題のないもの同士の関係に問題がないかを考える

 状況を整理させるために、現象を息子に言わせて見る。

「本体はテレビに映っているから壊れていないし、リモコンは光ったから電池はある。でも、リモコンを押してもWii本体の電源は入らない」

 次に、切り分けたふたつの間の可能性を疑う。 まともな人間同士も関係が悪いことがあるのと同様に、両方とも問題がなくても二つの間のコミュニケーションが悪いとうまくいかない。

 リモコンのボタンを押したら、どこを通って本体まで行くのか聞くと、

「リモコンの先っぽ、かな?から、なんか見えないレーザー光線みたいのが出てテレビの上に置いてある板がレーザー光線を受けて、それが、この(板についている)線を通って本体に行って、本体が動く、、えー、本体は動かないけど、本体の中が動く、、」と答えが返ってきた。

④ 関係に問題がないか、大丈夫なところから順番に調べる

 じゃあ、リモコンから順番に問題がないかどうかチェックさせる。

「リモコンからレーザー(ではないが、、)は出てる?」「わからないけど、レーザーが出るところはふさがれてない」

「レーザーを受けるテレビの上に置いてある板はレーザーを受けてる?」「受けているかどうかわかんないけど、線は全部ささっているよ」

 全部問題ないようである。(または、問題かどうかわからない)

 ここまで、文章で書くと長いが、5分程度。

⑤ 最初に戻って再確認

 全部、問題ないときは一番最初に戻ってやりなおすことを教える。

 買ったときのマニュアルを出させて、リモコンの設定を見させる。

 「買ったときに、リモコンを登録すると書いてある。 赤いボタンと本体の赤いボタンを押すんだって」 やってみるとリモコンが操作できるようになった。-----------

 ここまでわずか数分。 妻にまかせて、あっちこっち、いじりまわしたりするよりよほど早いし、電源を入れたり落としたり、線をひっぱったり、叩いたりすることによる二次災害も防げる。また、息子の考える力がつき、かつ、問題解決した満足感も得られるのだ。

 おさらいすると、大人の問題解決方法は、

・冷静に落ち着いてロジカルに考える

・問題を切り分ける

・順序だてて問題を絞り込む

・それぞれの関係(コミュニケーション)を疑う

・どうしても解決できなければ初心(買ったとき)に戻る

 である。

 大人である皆様にはあたりまえだろうが、この考え方は、ネットワークシステムのトラブル対応や職場での様々な問題解決手順と基本的には変らない。

 まだ、子供達が反抗期になる前にぜひ、チャンスを見つけて試していただきたい。 相手が息子であれば、キーワードは「大人のやり方」「男らしいやり方」だ。

Comment(22)

コメント

空弁者

奥様は「大人」ではなかったのですね・・・

ハギー

ご無沙汰しておりますm(_ _)m
お子様に自己解決に至るまでの道標(みちしるべ)の示し方、感服しました。「大人のやり方を方試してみないかい?」という提案の仕方が好きです(^^;

空弁者さん
>奥様は「大人」ではなかったのですね
 大人なのですが、大人の問題解決方法より、指示してやらせるスタイルの方が好きなようです。
 コメントありがとうございます。

ふむふむ。なるほど。勉強になります。
(小1の息子の父親より)

ハギーさん
 お久しぶりです。 新しい仕事はいかがですか?
 またのコメント楽しみにしています。 ありがとうございました。

sayuki

折角のいい内容なのに、「女は愚かだ」っていってるように思えて不愉快です。
もっと配慮をした文章にすることこそ、『大人の男』ではありませんか?

石松

こう考えると、大人って少ないですね。
私も自信ありません。
吉田様の教育方針、いつも考えさせられます。

いわながさん
小1の息子さんですか。 他に効果があったものがあれば、ぜひ、教えてください。
 コメントありがとうございます。

sayukiさん
>「女は愚かだ」っていってるように思えて不愉快です。
 不愉快な思いさせてしまって申し訳ないです。 
おそらく、
”相手が息子であれば、キーワードは「大人のやり方」「男らしいやり方」だ。”の文章か、妻の行動をおもしろおかしく書いたこと
が原因だと思います。
 私の気持ちを書かせていただくと、前者に関しては、
息子だったので「男」であって、長女、次女であれば「女」となります。
 後者に関しては、全ての女性が妻と同じ考えだとはまったく思っていません。 私はかなり妻を愛しているので、ついつい自分のことのように面白おかしく書いてしまいます。 気をつけます。
 また、ブログの中で誰か男性の例をあげた場合でも、全ての男性がそうだというつもりで書いてはいません。 ステレオタイプの発言をしないことをポリシーとしていますのでご理解いただければ幸いです。
 今後もご意見、アドバイスいただけたら幸いです。
コメントありがとうございました。

石松さん
 コメントありがとうございます。
 いえいえ、うまく行った例だけ書いていますが、子育てと妻とのコミュニケーションに関しては、実際には日々反省、日々カイゼンという状況です。(^^ゞ

sayuki

ご丁寧な返信ありがとうございました。
こちらこそ、少しキツイ言い方で申し訳ありませんでした。

奥様を愛しているからこそ、行動を細かく観察なさっていらっしゃる点、よく理解できました。
また、「男」の表現イコール「俺(男性)」の考えであると、私も誤解していた点、反省いたします。

どうぞこれからも、素敵なブログをお続けになることを期待しております。(^^)

sayukiさん
 こちらこそ、これからも、ご指摘、よろしくお願いします。心から。

こんにちは この「大人のやり方」大変勉強になりました。これで息子(5歳児)にアドバンテージを取ることが出来る!フフッ…。息子がこのネタを見ないことを切に願う情けない僕です。

あびる

「問題原因の切り分け」とは、どういうものかを改めて実感できる面白くて為になるエントリでした。日常業務で無意識にやっている切り分けをもう一度考えてみようと思えました。

それと、「自分のおとーちゃんが、こんな理屈っぽい人だったら、ちょっとイヤだな。」とも思っちゃいました。(笑・ごめんなさい。

それと息子さんが何年生は判りませんが、彼自身が既に理論的思考をするための基礎的な素養を身に着けているから、この会話を成立させられるんだろうなぁ。とも感じました。

NOKO

こんばんは
なかなかブログを読ませて頂きながら、投稿できず久しぶりとなってしまいましたが、よろしくお願いします。
この大人のやり方も良い方法の一つだと思います。活字を読んでそこから想像したり、書いてある事柄を要約して伝える事を苦手とする子供たちが増えている中、活字ではないけれど、物事を頭の中で整理しながら自分の言葉に置き換えて表現する事の訓練にもなっていると思います。
私は、もっと広い意味で、「Willというゲームはどのような仕組みなんだろう」と問いかけ、物の仕組みをきっかけに、物事の原理に興味を持つようになったらいいかなと思っています。ちょっと抽象的すぎるでしょうか。
要は、息子さんが「大人ってなに?」って、興味を持ったからで、そういう自分の知らない事を知りたいという探求心を持ち続けて欲しいし、親も大事にしてあげて欲しいのです。
ちょっとそれてしまったかもしれませんが、仕組みを知る事から、Willの操作手順と結びつけて、どこの操作段階でつまずいているのか発見していくのも楽しい解決方法かなと思いました。
長文の割に当を得ていない投稿だったかな?

まさしく切り分けですね。
けんじろうさんがこういった解決方法を教えられたというのも素晴らしい事ですが、お子様がゲームが動く仕組みを理解しておられることも素晴らしいと思いました。とにかくリモコンのボタンをピコピコ押していればゲームができるというところに留まらず『ボタンを押すと信号が本体に届いてゲームの操作ができる』ということを理解しておられるんですね。偉い。何かと悪者視されがちなゲームもそうやって見れば色々な物理法則の塊ですね。

>「大人のやり方、試してみないか?」
なかなか言い切りだし方ですね。
「まず興味を持たせる」
そこからすべてが始まるんだと思います。
高橋祐二さんが書かれた「自分のために働け! ホンダ式朗働力経営」の「はじめに」で、雪掻きをさせるのではなく、かまくらをつくろうと呼びかけるお父さんの話が出てきます。同じですよね。
※先日のスキーの教え方、名前にリンクしたページにちょっとだけ詳しく書きました。良かったら覗いて見てください。

あびるさん
 コメントありがとうございます。
>「自分のおとーちゃんが、こんな理屈っぽい人だったら、ちょっとイヤだな。」
>とも思っちゃいました。(笑・ごめんなさい。
 いえいえ、娘たちからもよく言われます「頭固い」(理屈っぽいという意味)って。
 仮定でもいいから論理が通ってないと、受け入れられなくて、理系だからか、仕事柄か、、、。
>息子さんが、、理論的思考をするための基礎的な素養を身に着けている
 最近の子供は凄いなって思います。うちの息子は勉強は駄目なんですが、いろいろ分解してもとにもどらなくなったり、テレビ局で映した映像がどうしてテレビに映るのかを質問してきたりします。
 うちの子だけでなく、近所の友達も今、小学校3年ですが、ゲームはもちろんのこと、インターネットアクセスして週末に行きたいイベントなんかを調べたりと、私の時代では考えられません。 (私のように理屈っぽくならないかとちょっと心配です、、、)

Jilsovaoさん
息子さんに試した結果をフィードバックください。
コメントありがとうございました。

NOKOさん
 コメントありがとうございます。
>活字を読んでそこから想像したり、書いてある事柄
>を要約して伝える事を苦手とする子供たちが増えている
 これは子供に限らず多いですね。仕事では非常に重要ですので、子供のときから覚えさせたいものです。
 ブログとか、ブログへのコメントなどはいいのではないでしょうか。
 そういう意味では、私たちより早くブログやコメント、SNSなどでやりとりをして、要点をまとめようと努力したり、うまく伝えられなくて炎上したりする経験を積んでいる今の子供達は私たちよりその分野の能力は高くなるかもしれません。
 これからも、継続的にコメントお願いします。

yohei-san
>お子様がゲームが動く仕組みを理解しておられることも素晴らしいと思いました。
いつも、質問攻めで大変です。 昨日は、「キャッシュカードにどうやってお金がはいっているのか?」を聞かれました。
大人も勉強が必要です。
コメントありがとうございました。

minamim-san
ブログみさせていただきました。 私はプルークからはじめる派なのですが、それでも、いろいろ面白いので、継続的にお邪魔します。 コメントありがとうございました。

コメントを投稿する