ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

ビジネスライクには割り切れない商品への「愛着」の重要性

»

 私が愛着を持って接しているものとして、

・三菱自動車の四輪駆動車

・カワサキのオートバイ

・ビジネス用、マラソン用のSEIKOの二つの腕時計

・サッポロ一番みそラーメン

・ラコステの靴下

・リーガルの革靴

・A5三つ穴のシステム手帳

・最初に入社した会社と当時の同僚

・ガンダム

・Lotus Notesとそれを愛する人

・楽天サイト

がある。

 会社が経営危機になろうが、ランクルの新型が出ようがパジェロであり、リコール問題で三菱が非難されていたときには、三菱の販売店に「それでも三菱大好きです。頑張ってください。」というメモを付けてジュースを箱で送った。

 二つの腕時計は、私が最初の会社を転職するときに同僚、部下、上司がお金を集めて私に送ってくれたものだ。 何にも変えがたく私を勇気づけてくれる。

 ガンダムは常にLotus Notesとイメージがだぶる。 エヴァンゲリオンが大ヒットしようが、古かろうがガンダムがいいのだ。

 そしてLotus Notes。 言うまでもないが多くのファンに支えられている。Notesファンから「コンビニのレジに”No Exchange”(両替できません、と競合製品をかけて)のシールが貼ってありました」などと写真を送ってくれることもある。

 だから私は、どんなに良い転職のオファーが来てもLotus Notesの競合他社には行かない。

 これらの共通点を思いつくままに書くと

・No Reasonで好きである。(聞かれればそれなりに理由をいえるが)

・癖があり、とっつきにくい面があるが、使いこなすと素晴らしく自分に合う。

・良い想い出と苦労した想い出の両方を持っている。

・万人には受けないが、一部の方からは非常に愛されている。

・最初に自分の意思で選んだものである。

 というあたりだろうか。

 そして、これらの商品に対して、他人が非難したり、弱点、他より悪い部分などを指摘してくると無性に腹が立つ。「そこが悪い」と指摘されたひには「だからこそ良い」と論理的ではない感情的な反論をしてしまう。

 マーケティングの世界で「ロイヤリティ」という言葉が良く使われる。 単純に訳すと忠誠心だが、利用者側から見れば「愛着」と置き換えられる。

 単に製品やサービスの良さだけの優劣で利用している場合は、同程度の良さでより安い製品・サービスが出てくると、そちらに簡単に変ってしまうが、愛着(ロイヤリティ)がある場合には、多少の優劣では変らない。

 そんな商品はめったに生み出すことが出来ない。しかし、プロダクトマーケティングといいう意味(ブランドマーケティングではなく)で、いくつかのポイントがある。 次回時間がある時にじっくり説明したい。

Comment(9)

コメント

NDOMINO-S

>だから私は、どんなに良い転職のオファーが来てもLotus Notesの競合他社には行かない。

(冗談)
と言っていたけんじろうさんだが
レイ・オジーをM$から取り返して来るというIBMの密命を帯びてM$に潜入(=転職)することになる未来が待ち受けているとは誰も知らない・・・・・。
Notesコミュニティのみんなの白い視線を浴びながら使命を果たすまでひたすら耐えるけんじろうさんであった。

こんにちは。
先日はお会いできず、残念でした・・・
「最初に入社した会社」っていいですね。重要デス。
自分も前職、今でも大好きです。今の会社にも感謝してますけど。
自分にとってはこの「ブログ」も愛着持ってます。いろいろ世界がひろがりました。世の中からどのくらいアクセスされてるか、わかるようになりましたし・・・

NDOMINO-S
 コメントありがとうございます。
そんな蜜命があるなら、喜んでいきます。!(^^)! お金がもらえてまた、帰ってこれるのであれば。

トラパパさん
 コメントありがとうございます。
 本当にお会いできなくて残念でした。 次回必ず参加します!
 ブログに関しては、まだ、愛着をもった期間が短いので、ここにいれませんでしたが、いろいろな意味で私も愛着を持っています。 私としては”最初の”ブログであったことから来ているように感じます。

NDOMINO-S

>そんな蜜命があるなら、喜んでいきます。!(^^)! お金がもらえてまた、帰ってこれるのであれば。

まあ、こんなスパイ小説みたいな密命は冗談ですが・・・・。

しかしOSでアンチM$の象徴だったMacがM$の資本下に入り、絶大なファンがいるThinkPadだって売却されちゃうご時勢です。ようするに顧客や社員の個人的な心情や愛着なんざトップの経営判断には「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!はい!オッパッ売却」ってご時勢です。
この先でどんな「どんでん返し」あってもおかしくないと思いますよ
5年10年先でLotus NotesがMS Notesになったっておかしくないですね。(とかすごいこと言ってみる。)

NDOMINO-Sさん
 なかなか、コメントの難しいコメントありがとうございます。 
そうですね。何があってもおかしくない時代です。
ただ、最近思うのは、資本とブランド(または企業)は分けて考えるほうがいいのではないかと思っています。

さいと

>私が愛着を持って接しているものとして・・・
と、云われてますが けんじろうさんの信念がしょうか?。
「三菱自動車」は確かnetで購入されたと記憶してます。もう10年以上前でしたね!。
私は近年に自動車のセールスが無くなると常々感じてます。先月購入した車も営業マンとは
2回の面談。営業、曰く「最近の購入層はwebで情報を取得し価格交渉だけ」らしいです。
スペックも競合情報も市場動向も・・・。もう通販商品に近い表現での熱弁でした。
けんじろうさんはその先駆者でしょうか?。
「愛着」と「信念」と「こだわり」の線引きは難しくリーディングカンパニーは必ずフォロワーと差別化
しながら進化してますね!。
「サッポロラーメン」最高です!。
「リーガル」私もこれしか履きません。
「seiko」ファンです。仕事用ではGrand seiko、最高です。
そして、けんじろうさんが
「最初に入社した会社の同僚」です。今でも誇りです。
*ちょいと褒め過ぎ

さいと at 2007/12/13 10:27
>近年に自動車のセールスが無くなると常々感じてます。
私がパジェロ買ったときには、近くの販売店で見て、試乗して、その後、ネットで買いました。 コモディティ商品の営業活動はは確かにネットに置き換わるのでしょうね。
ただ、その場合はショールームのように営業活動とは関係なく実物を見せてくれるリアルな場所が必要だと感じています。
>*ちょいと褒め過ぎ
大歓迎です。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿する