ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「セカンドライフ、さっぽろ一番、ママレモン、ジープ、ユニクロ、バファリン、ごきぶりホイホイ、マジックインキ、、、」共通点は?

»

 ブランド戦略のプロを自称する方と飲んだ。 ブランドの考え方、ブランド名のあり方などを議論して押し気味に(?)会話を進めていたが、この質問の後、形勢が逆転した。

 「じゃあ、このメーカー名(または、ベンダー)とブランド戦略のセグメント言える? 6つ以下なら失格ね。」 消費者に聞いてもメーカー名がわからない場合が多いブランド名だそうだ。 でも、簡単にわかりそう。

「さっぽろ一番、ママレモン、メリットシャンプー、サランラップ、バファリン、ごきぶりホイホイ、(ごきぶりに)バルサン、マジックインキ、ポストイット、アクエリアス、キンカン(塗り薬)、ユニクロ、ジープ、ダーバン、セカンドライフ、ラーク(タバコ)、、」

 さっぽろ一番はサンヨー食品、ポストイットは3Mだろ。 ジープはチェロキーの商標だからダイムラー・クライスラー? そりゃ引っ掛けだろうー! セカンドライフ?えーっと、確か”菩提樹”みたいな英語でー。 降参。

 なんと5個しかわからない。 議論大好きの怪獣ギロン同士のこの戦いは私の負けとなった。 ウオークマンのように、その分野で代名詞になっているbものでも、わからないものがあるものだ。 悔しくて眠られない。 次回までに、身の回りのものは会社名と歴史を全て調べておくことを心に誓う。

 みなさんは、何個わかりますか? 

 案外、メーカー名と有名な商品名(またはブランド名)が結びつかないものってあるものだ。 情けない、、、。

Comment(2)

コメント

けんじろうさん悔しそうですね、私なんか製品しか解りませんよ。一つ知識習得の方法を伝授しますね!週間漫画雑誌(古い感じですよね)の最後の方に社名の由来クイズコーナーがあるんですよ、探してみてください。アニメや漫画が好きな人がけんじろうさんのフロアーにいますよね。きっときっと知っていると思います。

丸山さん
 え、マンガ雑誌(マガジンとかジャンプ、キング?)とかにそんなコーナーがあるんですか? しらなかった。
 見てみます。 ありがとうございます。

コメントを投稿する