最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかる工数見積に根拠がない理由

»

スクリーンショット 2017-05-23 6.24.39.png

現在のSI業界の一つの課題として人月積算ビジネスが挙げられます。人月積算ビジネスとは、人月積算で金額を決めておきながら、瑕疵担保責任としてSI事業者が完成責任を負わされるビジネス構造です。

例えば、システムエンジニアが1ヶ月100万円とすると、システムを作るのに、10ヶ月ほどかかるシステムであれば、エンジニアの見積もりとしては10人月、1000万円という見積もりになります。これは、1ヶ月で働くエンジニアの生産性が均一であることが大前提の積算システムなのです。

ではなぜこんな価格算定方法になったのでしょうか。人月積算の歴史を紐解くとよくわかります。1970年代システム開発はメインフレームを販売し、そのハードウェア販売への対価をもらうビジネスでした。プロフェッショナルサービス(導入に関するエンジニアリング)は無償で提供され、メインフレームが持つテンプレートをそのまま使うのが主流でした。1980年代になるとメインフレームのテンプレート以外でもCOBOLなどのプログラミング言語でアプリケーションを作るようになってゆきました。このころ、SI事業者がいまでも見積もりでよく使っているファンクションポイント法が登場します。

ファンクションポイント法とは、1979年にIBMのアレン・J・アルブレヒト(A.J.Albrecht)が考案したソフトウェアの規模を測定する手法の1つでソフトウェアがもつ機能数や複雑さによって重みづけした点数を付け、そのソフトウェアにおける合計点数から開発工数を見積する方法です。

この方法は、上から順に一つ一つ書いていく、つまり「シーケンシャルにコードを入力する」ことを前提に考えられています。この場合は、1ヶ月間でコードを書く量は、だれがやってもほとんど差がありません。機能数や複雑さに点数をつけて見積もりを作ったとしても、妥当な工数が導き出せました。しかし、1990年代C++言語やJava言語に代表されるオブジェクト指向プログラミングやウェブアプリケーションが登場し、大規模システムに適用されるようになりました。この方法だと開発生産性が飛躍的アップする分、どのような設計をするかで、1ヶ月あたりのエンジニアの工数が大幅変わってきます。そのためファンクションポイント法だけでは見積もりができず、ファンクションポイント法をベースに、過去の経験と勘に基づく規模感を勘案し、それを山積みして算出する方法で見積もりを作るようになったのです。

サーバーやストレージなどのインフラ側の見積もりも、技術が細分化されたので、知見のあるエンジニアの場合とそうでないエンジニアの場合では、1ヶ月で働くエンジニアの生産性が均一ではなくなりました。

現在の見積もりは、過去の類似例を参考に期間を積む方式で作られているため、過去に経験のないものについては余裕分を上乗せし、見積金額を算出しています。しかし、未知の案件では、その余裕分さえも食いつぶし、赤字案件が増え続けました。赤字案件が増えるので、コンテンジェンシという名目でさらに余裕分を上乗せし、期間以上に見積もりをするようになったため、見積金額の積算根拠が曖昧になってしまいました。それは、顧客との信頼関係を悪化させるひとつの原因にもなっています。

さてもう一つの問題は、瑕疵担保責任です。システムは、顧客と決めた仕様通りに納品しなければ、瑕疵担保責任として修正を義務づけられます。期間×人数で見積もっているので、これが増えれば、本来は、追加費用を支払ってもらわなくてはなりません。しかし、契約は、期間×人数で見積もった金額で請負契約となりますので、お客様の支払金額は原則として変更されません。加えて、この瑕疵担保責任があるため、「仕様書通りではない」ということになれば、仕事を受託した側は、検収・支払いが人質に取られているようなものですから、泣く泣く対応せざるを得ないのです。

顧客側は、仕様を一度決めてもビジネスが変われば仕様を変更します。なぜならシステムはビジネスのための手段ですから、ビジネス環境が変われば仕様も変わるのは当然です。しかしシステム開発者側は、当初合意した仕様通りに作ることを目指しますので、根本的なゴールの不一致が起きています。

このような事態に対処するため、COCOMO法やCoBRA法などの見積積算方式が考案されました。しかし、コストの算出根拠が難しく、ユーザーになかなか受け入れられていない状況です。

このような人月積算の歴史から考えれば、人月積算ビジネスはすでに崩壊していると言えるでしょう。しかし、このシンプルな見積もり方法以上にわかりやすく、見かけ上の論理性を持つ見積もり算定方法がないため、人月積算ビジネスをつづけざるを得ない状況なのです。

関連記事 : 【図解】コレ1枚でわかる工数ビジネスの限界

【図解】コレ一枚でわかる最新ITトレンド 増強改訂版

スクリーンショット 2017-04-24 12.36.16.png

  • 何ができるようになるのか?
  • どのような価値を生みだすのか?
  • なぜ注目されているのか?

「知っている」から「説明できる」へ
実践で「使える」知識を手に入れる

  • IoT とインダストリー4.0
  • AR とVR
  • 人工知能と機械学習とディープラーニング
  • サーバ仮想化とコンテナ
  • ネットワーク仮想化とSD-WAN
  • アジャイル開発とDevOps
  • マイクロサービスとサーバレス

キーワードは耳にするけど、
それが何なのか、何ができるようになるのか、
なぜそんなに注目されているのか理解できてなかったりしませんか?

【若干名募集】ITソリューション塾・東京と大阪

東京・5月16日/大阪・5月22日 ITソリューション塾 まもなくスタートです。

「最新」のトレンドって、なんですか?

世の中は「最新」であふれかえっています。ただ、その中で、私たちのビジネス・チャンスに結びつく「最新」は、限られています。
中には、私たちのいまのビジネスのあり方を否定し、事業の変革を迫る「最新」もあります。

それを見分け、味方に付けてゆくためにはどうすればいいのでしょうか?

ITソリューション塾は、そのためのお手伝いをしたいと思っています。
わかりやすく、誰もが理解できるように説明するつもりです。

参加するには、「覚悟」や「決心」は不要です。毎週参加するという行動が、自ずと「覚悟」や「決心」を固めてくれます。
まずは「カタチ」がは入れです。それが、次のステージへと自らを押し出すきっかけになるはずです。

IT業界の方、情報システム部門の方、ITを差別化の武器として活かしてゆきたい事業部門や経営に関わる方のご参加をお待ちしています。

ITソリューション塾

最新版(4月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

新入社員のための「最新トレンドの教科書」も掲載しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*クラウドについてのプレゼンテーションをインフラ編から独立させました。
*使いやすさを考慮してページ構成を変更しました。
*2017年度新入社員研修のための最新ITトレンドを更新しました。
*新しい講演資料を追加しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
クラウド・コンピューティング (111ページ)
*「インフラとプラットフォーム編」より分離独立
【新規】クラウドによるコスト改善例 p101-108

開発と運用(68ページ)
【新規】管理運用の範囲 p.37
【新規】サーバーレスの仕組み p.40

インフラとプラットフォーム(211ページ)
*クラウドに関する記述を分離独立
【新規】多様化するデータベース p.127
【新規】クラウドデータベース p.156-158

IoT(101ページ)
【新規】IoTはテクノロジーではなくビジネス・フレームワーク p.16
【新規】LPWA主要3方式の比較 p.52

人工知能(103ページ)
【新規】自動化と自律化が目指す方向 p.14
【新規】操作の無意識化と利用者の拡大 p.21
【新規】自動化・自律化によってもたらされる進歩・進化 p.22

テクノロジー・トピックス (51ページ)
【新規】RPA(Robotics Process Automation) p.17

サービス&アプリケーション・基本編 (50ページ)
*変更はありません

ビジネス戦略(110ページ)
*変更はありません

ITの歴史と最新のトレンド(14ページ)
*変更はありません

【新入社員研修】最新のITトレンド
*2017年度版に改訂しました

【講演資料】アウトプットし続ける技術〜毎日書くためのマインドセットとスキルセット
女性のための勉強会での講演資料
実施日: 2017年3月14日
実施時間: 60分
対象者:ITに関わる仕事をしている人たち

【講演資料】ITを知らない人にITを伝える技術
拙著「未来を味方にする技術」出版記念イベント
実施日: 2017年3月27日
実施時間: 30分
対象者:ITに関わる仕事をしている人たち

詳しくはこちらから

LIBRA_logo.png

新刊書籍のご紹介

未来を味方にする技術

これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

  • ITの専門家ではない経営者や事業部門の皆さんに、ITの役割や価値、ITとの付き合い方を伝えたい!
  • ITで変わる未来や新しい常識を、具体的な事例を通じて知って欲しい!
  • お客様とベンダーが同じ方向を向いて、新たな価値を共創して欲しい!
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。2017年1月6日発売
斎藤昌義 著
四六判/264ページ
定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8647-4Amazonで購入
未来を味方にする技術

人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する