「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

180万円かかると他院で言われたのを、保険適用で4万円で治療した症例

»

「近所の歯医者で治療にすごい金額がかかると言われまして」そう言って入ってこられた50代男性のIさん。
診察すると多くの歯が欠けています。
「治療費はいくらかかると言われたのですか?」「180万円です」
 保険治療ではなく、すべて自己負担となる自由診療だと治療費はそのくらいかかります。歯科医が180万円の治療を勧めるのを否定はしませんが、まずは保険治療で歯の形を回復してからの話と個人的には思います。

 多くの歯が欠けていると食事や発音に不自由を感じ、見た目にも表れてきます。日常生活や健康に影響するので放置せず早期に回復させることが必要です。生きていくために必要な治療は保険治療でできます。

 歯の根が5本残っているので、かぶせものを作りました。それから根がない所に入れ歯を入れました。かぶせものを5本作るのは治療の回数と時間がかかりますが入れ歯を小さくすることができます。
 価格は歯の位置や材質で変わりますが、3割負担の保険治療なら1本6~8千円ほど。入れ歯はひとつ6千円~1万円くらいです。Iさんの場合、治療期間は約3ヶ月。金額は総額4万円ほどでできました。
「いや~本当に助かりました」治療を終えたIさんに笑顔が戻りました。

今回行なったIさんのかぶせもの5本と入れ歯治療は保険適用で約4万円でした(治療費は症状により個人差があります)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する