「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

歯を抜かずに、入れ歯の改善をして噛めるようにしました。

»

「噛めないんです」と言って入っていらしたYさん(90代女性)の口の中を見てすぐに分かりました。
部分入れ歯のバネを支えている歯がグラグラ揺れているからです。噛むたびに歯が揺れてしまうため、入れ歯がずれて噛む力が入らないのです。
歯を抜くことも考えましたがYさんには抜けない理由がありました。
骨粗しょう症の薬を飲んでいるため無理に歯を抜くと顎骨が腐る腐骨と呼ばれる副作用があらわれます。設備が整っている大学病院でしか治療できない、やっかいな症状です。

そこで歯は抜かず、入れ歯の改善で対応することにしました。ティッシュコンディショナーという歯科専用の義歯安定材を薄く貼って入れ歯と歯グキの適合を改善します。入れ歯を歯グキにフィットさせることで歯の揺れを最小限に抑えることを期待しました。

「これなら噛めそうです」これで様子を見ることにしました。揺れている歯はいつか自然に抜けるかも知れません。腐骨の可能性はありますが大学病院との連携も行なっています。

それに抜けても大丈夫です。当院なら入れ歯を修理して歯の形を回復するこ とが簡単にできます。
「それなら安心です」とYさんは笑顔で帰られました。

今回行なったYさんの入れ歯に安定剤を貼る治療は保険適用で約1,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

_________________________________

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する