主にテクノロジー×ビジネス×イノベーションについて考察・刺激・アイデアなどを

多摩大@MBA Expoの模擬授業 あっと言われた「ハイプサイクル」

»

11月7日「MBA EXPO TOKYO 2015 Autumn/Winter」@TKPガーデンシティ竹橋で、多摩大MBA代表で模擬授業「イノベーションの実践知 なぜ新事業で失敗するのか?」をやりました。

知識があるようで実践に弱い人が多くいませんか?当大学院は『イノベーターシップ』を掲げ、変革を起こすしたたかな実践知を身につけることに力を入れます。新事業の失敗と成功の要件について議論する模擬授業で、実学MBAのエッセンスを体感して下さい。
というもので、意欲ありそうな方々が受講に集まりました。

いくつも質問が出たのですが、最もワオ!と言われたのは、イノベーションの常識とも言える、ガートナーのハイプ・サイクルでした。講義の一部をスライドシェアしました↓

HypeCyclePlane.jpg

これがガートナーのハイプサイクル↑

講義では、グルーポン/ポンパレに代表される、共同購入クーポン事業の例を出してます。小生が日経さんの依頼で2010年の秋にやったセミナーのスライドを使ってますが、これ以降もこの事業に参入が続いたのにはあきれたものでした。

ハイプ・サイクルをまだまだ知らない人が多いようで、「これから急降下するものに、我社がいま取り組んでいる事業テーマが入っているんです!」という受講者コメントも。それはそれで対処の仕方もあるのですが、人間の心理とは恐ろしくまた不可思議で、同じような過ちを続けるものなのです。

だからこそ、実践的な知が大切なのです。知らなきゃコケる。

DSC07730a.JPG

講演中の筆者...
・スケーラブルな事業と示すにはどうすればよいか?
・まだ顕在化していない市場のアセスメントはどうするのか?
...よい質問がいくつも出てよかったです。

MBA志望者とにこやかにQ&A...学び続けることは大切! 他の大学の先生から、〇〇など大人数クラスのMBAは損ですね、多摩大MBAは少人数だから生徒さんにとっていいですね、との言葉も。小生の「実践アントレプレナーシップ」も8-10名で濃く学べます。

DSC07741a.JPG

本荘のホームページはこちら→ http://www.honjo.biz/

Comment(1)

コメント

最初に質問したものです

本荘先生、MBA EXPOでは大変面白い講義をありがとうございました!

メモをとってはいたものの、資料があれば…と思っていたところで、先生のブログに辿り着きました。

生で講義を聴けた人間しかわからない部分がありほくそ笑んでいます(^-^)

是非先生の授業を受けたいと思いました。動き出します!

コメントを投稿する