文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

休日の過ごし方から考える ー 働いている人の50%が休日の充実がない

»

休日こそ平日以上に真剣に考えて過ごしましょう!

休日の過ごし方は実はものすごく大事だと思っています。
平日が忙しすぎて土日は家で寝ているという方、ものすごくもったいないです。

休日こそ、自分の夢や目標に到達できるかの分水嶺となるというのに。
そこで、
休日こそ平日以上に真剣に考えて過ごしましょう!

今やっている仕事にコミットしてやっていくのはもちろんですが、人間ですものそれだけでは寂しいですし、 仮にその仕事がなくなった場合、途方に暮れるしかないという悲しい事態になります。
会社員の方だと、平日って結構会社が時間ややることの枠を用意しているので1から考えることって意外とないものです。だから休日になるとやることがない・やることがわからないという人が多いのですが・・・
休日なんて概念がなく働いている方もフリーランスや経営者などで多いと思いますがとはいえ休みは必要だと思います。(落合陽一さんみたいな働き方は特殊能力のある人がなんとかやっていけるくらいのレベルだと思います。)

最近はオタクが世界を動かしているような感じもありますので、何かに熱中したり他の人では出せないような 自分ならではのものを見つけるために土日を利用するのは過ごし方としてとても有意義だと思います。

休日を充実できない50%

マイナビの調査がありました

Q1.あなたは理想の休日を過ごしていると思いますか ※回答数:男性:251名・女性250名

<男性> はい:46.6% いいえ:53.4%

<女性> はい:49.6% いいえ:50.4%

Q2.休日の過ごし方はどちらが多いですか? ※回答数:男性251名・女性250名

<男性> 家にいることが多い:55.4% 外出することが多い:44.6%

<女性> 家にいることが多い:64.0% 外出することが多い:36.0%

個人的に、驚きの結果になっています。
休日の過ごし方が充実していないと感じている人が50%以上いるというのです。

ここがビジネスチャンスにもなっているので、
最近では、例えば『asoview』という アウトドアスポーツやものづくり体験、遊園地や水族館、日帰り温泉などの遊びのマーケットプレイス が成長してきたり、
Netflix』などの独自コンテンツがかなり強い動画ストリーミングサービスが成長したり、
オンラインサロンやMOOC、体験型の脱出ゲームなどが増えてきたりと、
括ると余暇ビジネス(Leisure Business)や大人の教育系ビジネスが僕たちの休日を 充実させる一つの要因として機能してきているように感じます。

このあたりどういうビジネスがいけそうか考えるのも楽しいですね。
余暇ビジネスに関する話は別途しようかと思います。

充実した休日とは?

充実した休日を過ごしているのかという話に戻ると、 僕の考える、土日にして充実できることは以下だと思います。

  • 体のメンテナンス
  • ストレス発散
  • 新しい価値観にふれる(旅など)
  • 人に会う
  • 勉強
  • 仕事(副業なども含む)
  • 趣味を突き詰める

仕事は真剣に集中してやればやるほど体への蓄積を気づきにくいものです。
仕事をいやいややっていたらストレスも直に感じてしまうので、よりメンテナンスが必要だと思います。
安直ですが、マッサージや温泉などでリラックスするのはすごく大事です。

ストレス発散のために値段が張りますが質のいいものを買ってみたり、 ひとりカラオケに行って叫ぶのもおすすめです。

最近同世代では多いですが、国内だけでなく海外旅行に行き、全く異なる価値観や刺激を受けてくることも ものすごく有益ですし、美術や芸術、演劇を見て・感じて・なにかに活かしたり外に発信することもいいですね。

そして、行動力を出さないといけませんが普段会えない人に会うというのは最強です。
セミナーや勉強会に行ってみるのもいいですし、ビジネスマッチングアプリyentaや旅行者が旅先の現地人の家に泊めてもらえるcouchsurfing を利用したりコーヒー1杯を飲む時間を一緒に過ごしたい人と出会うためのサービスCoffeeMeeting を使ったり、行きつけのバーみたいなのを作ったり、お店開拓をしてみるのもいいかもしれません。

会社に所属している人たちは、まとまって勉強をする場合はどうしても休みの日になってしまうと思います。
つまりこの休みの日を無駄にするということは、自分の成長を止めて可能性を狭めることと同義です。

また、普段の仕事とは別の収益源を進めるのも有益だと思います。

Apple創業者Steve Jobsの有名なスタンフォード大学でのスピーチで"Connecting The Dots"というのがあります。 先を見越して点(dots)をつなぐことはできないが、将来点と点がつながることを信じること。 これはJobsを裏切ったことがない法則だそうです。

you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something -- your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

休日の過ごし方次第で人生面白くなるのであれば、休日を本気で過ごしてみたくなりますよね!

皆さんはどういう過ごし方がおすすめですか?

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントを御覧ください!
※友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えておねがいいたします。

Facebook https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(1)

コメント

iso

つまり休日前の夜半にスナックで普段会えない友人に会って趣味のカラオケがなって、河岸を変えてBarで趣味のパイプタバコを吹かしながらいい酒で深酒するのは大変よろしい行動だと。
むろん、次に起床するのは休日の夕方ですがなにか?(なにか大きく間違ってる気が

コメントを投稿する