ヤルキ、ゲンキ、ユウキ、ホンキ、○○○、あなたは5つ目に何を想像しますか?あと素敵なタイ旅行は好きですか?

労働者は搾取されている!のか?は議論の必要なし タイブログ

»

労働者は搾取されている!(のか?)

というのが話題になったらしい。
でも、議論するまでもないような気がするなぁ。

働く人は、最初の面接で「会社に入れてください」と
お願いしにいったんだよね?

それで会社に入れてもらったんだよね?

お願いして入社しておいて搾取されてるって、
そりゃないぜ、とっつぁん。

会社に期待していたことがあったり、
自分が描いていた会社像と違っていたり、
上司や部下が頼りなかったり、同僚に裏切れらたり、
自分がガマンできないようなことがあるから、
搾取されていると思うんじゃないのかな。

搾取されていると思うのなら、とっとと会社を
辞めちゃえばいいんじゃないかな。

悩むぐらいなら、すぐに次の会社に行こうよ。

でも、できない?
すぐにできない?
なぜ。

家庭があるから?
妻がいるから?
家庭があるから?
じゃあ、どうしよう。

やめられないのは、実力がないからなんだよね。
実力つけるために黙って仕事して精進するしか
ないんじゃないのかな。

実力がないと辞めたあとのリスクを回避する自信なんか
もてないんだよ。

搾取されてるって感じることは、
身近な出来事からそう思うんじゃないかな。

例えば、上司がムカツクとか、社長がムカツクとか。

でも、そんなムカツク奴らでも、
残念ながら見習うところがあるんだよね。

上司はその地位まで成り上がったノウハウがあるわけで、
社長は経営のノウハウがあるわけ。

宇宙の果てまで葬り去りたいと思うぐらい憎たらしい人でも、
左手の薬指に指輪をしている人っているじゃない。

ってことは、そんなにムカツク奴でも認めてくれる人がいて、
その人にも良いところがあるってことなんだよね。

その会社にいなかったら、その会社で働く人とは会話が
出来なかった訳で、自分は知らないうちに色んなことを
学んでいるはずなんだよ。

たとえ搾取されていたって、それと引き換えに目に見えない
大切なことを教えられてるって。

僕も、若いころ搾取されているって思ってずいぶん悩んだ。
今でも若いけどね(笑)

でも幸い、すごい人たちと出会うことができて、
なんでこの人はこんなにすごいんだろうって、
色んな人をよく観察した。

最近、金持ち本ってあるじゃない?
金持ちになるためのノウハウの本みたいなの。

あんなの読んだってぜんぜんためにならない。
金持ちになりたければ、金持ちの人とどんどん話して、
どんな考えをしているのか、どんな経験をしたのか、
リアルな話を聞いた方がためになる。

そしてそういう話をしている時に、その人がどんな
姿勢をしているか、どんな話し方をしているか、
どんな表情をしているか、そういう部分をよく観察
した方がいい。

金持ちになれた人は必ず人を惹きつける要素がある。
そういうことは本に書いていないから、
自分なりによく観察してみるといいと思う。

話がそれたが、搾取されているって思ったら、会社から
自分のためになることを盗んでやればいいんじゃないの。

まだ、もらえるノウハウがないかもう一度、
考えてみるべき。

金がいくらもらえるかはもちろん重要。
だけど、金以外に得ることは、会社に居れば
いくらだってみつかる。

僕が言いたいことは、もっと会社を利用しようということ。

会社に利用されているようにみせかけて、
会社を利用してやればいい。

新卒から3年経てば転職しやすくなるのなら、
3年間従順な振りして黙って働けばいい。

欲しい技術、身につけたい技術があるなら、
その技術がある会社に入って学べばいい。

そして、学ぶことが終わったら辞めればいい。
正社員が無理なら派遣だっていい。

とにかく自分の目的や主張が満たされていないから、
搾取されているという不満ができる。

飯も食えなくなるような体調不良になるまで
ガマンする必要はない。

楽しいことが楽しく思えなくなるまで
思いつめる必要はない。

人間、期待すると期待した通りになると
思い込んでしまう。

でも、大抵そうはならない。

だから、はじめから期待したとおりにならないと
思ってそれに備えておくことが必要なんだな。

ま、そんなこと器用に出来たら、
搾取なんて言わないかな。

男なんて不器用でいいんじゃないの。
いきなり会社辞めたって明日死ぬわけじゃない。

とにかく、会社に搾取されていると思ったら、
もう一度、お金以外で得ているものがないか
考えてみるといいよ。

敵・味方だけじゃない。

搾取されているなんて思うのは、
親が作ってくれたご飯のおかずに
文句つけるようなもの。

そこには栄養バランスとか献立とか、
家計とか、材料とか、スーパーのセールとか
色んなことを考えて作ってくれているわけ。

わずかな教育を受けただけで、あとは勝手に行きろと
野に放たれた我々を救ってくれたのは会社。

会社に搾取されていると思うのは、
あなたが会社から搾取し終わったから
なのかもしれないよ。

もう一度、何のために会社にいるのか、
考えてみたらいいんじゃないのかな。

 
 

僕も色んな会社に転職して、
色んな人を見たよ。

色んな人に出会ったおかげで、人を見極める
術が身についたと思う。

その術は日本でもタイでも役にたっている。
そして、こうしてビジネスブログにまぎれて
なぜか公衆の面前でタイブログを書いてる。

ラッキーだよ。
生きて色んな人に出会えることがラッキー極まりない。
そのぐらいの気持ちを持てると気が楽だよ。

不平不満は犬も食わない。
もう一度、自分を見直そう。

 
らしくないこと書いてしまったな。

というわけで、今日もマイペンライで行こう。

記事がおもしろかったら「いいね!」かツイートかコメントをよろしくどうぞ。

Comment(1)

コメント

なつ

じゃなくて、搾取が増えたら社会全体や国規模に悪影響を与えるんですが。
日本は、自給自足じゃないのはもちろん、皆が商売やら自営で暮らしてく仕組みにはなってない。
命の寿命は長くとも、就職寿命は短く、一定年齢こえたら、転職は難しい仕組みでもあります。
搾取する企業が、特に若い人から搾取する企業が増えたら、全体に不景気になる。格差がきつくなると、犯罪などが増える。出生率がさがる。
国として、成長できなくなるんです。だから問題なの。
個人的な問題じゃないの。

コメントを投稿する