ヤルキ、ゲンキ、ユウキ、ホンキ、○○○、あなたは5つ目に何を想像しますか?あと素敵なタイ旅行は好きですか?

コピー時計の罪と罰(2) タイブログ

»

ブランド品に興味がない僕は、タイの屋台の天井にブドウの如く
ぶら下げられたブランド物のバッグや財布のコピーを見ても
1mmも触手が伸びることはない。

仮に、すごく精巧にコピーされたブランドもののバッグを
タダでもらったとしても、家の片隅に積みあがった新聞紙を詰めて
ゴミに出すぐらいしか使い道が思いつかない。
そのぐらいブランド品には昔から興味がない。

だから初めてタイに訪れたときも、どんなブランド品のコピーが
タイで売られているかなんて知識もまったく持ち合わせて
いなかったし、ブランドに興味がないのだからそのコピー品にも
縁がないはずだった。あの時計に出会うまでは。

ある日、街を歩いていた僕は1軒の屋台を通り過ぎてから、
足を5歩後ろに戻した。ふと目に入った時計がやけに
カッコよくみえて、暑くて立ち止まりたがらない足を
強引に巻き戻した。

その時計は、黒くて重厚でガラスがキラキラしていて
手にとって腕につけてみると、重さとタイの暑さの中で
ステンレスバンドのひんやりした感触に驚いた。

お恥ずかしいことにその当時の僕は、時計にまったく興味が
無く、ステンレス製のベルトの時計など身につけたことが
なかった。

使っている時計といえば定価1万円ほどのG-Shockをお飾り
程度で身に着ける程度だ。

だから鉄の塊で出来た機械式腕時計の質感に驚いた。
値段は3000B。日本円にして7800円ほどだ。

「安い」
そう思って僕は即購入した。それがコピー時計とは知らずに。

コピー時計だと知らないのだから、何の疑いもなく
そのお気に入りの時計を持って日本へと戻ってきた。

日本に戻った僕は、気に入ったその時計を出かける時や
仕事場にしていった。スーツに驚くほど似合う時計だった。

もちろん、コピー時計だということは本人も周りの人間も
気づかない。

その時は会社員だったが土日だけタイ料理屋でバイトをして
いて、その時も身につけて行った。ウェイターだから制服に
着替えて接客をする。

それから戻ってから3ヶ月ほど経った頃だろうか。
いつものようにタイ料理屋で接客をしていると、
注文をするためにお客が僕を呼び止めた。

40代前後の夫婦と思しきカップルの男性が、注文をしながら
しきりに僕の腕時計を見る。

僕は内心で「そうでしょう?かっこいいでしょう?」と
思っていた。

注文を取り終えて振り返ろうとする僕にその男性が
ニヤリと笑ってこう言った。

「キミ、すごく良い時計をしているね。
 高いのによく買えたね」

僕は心の中で一瞬「高い?」と思いながら
「とんでもございません。ありがとうございます」
と答えた。

この時計を選んだ自分のセンスのよさを自画自賛しながら
「タイで買うと安いんだよ」と心の中で呟いた。

しかし、高いと言われたことが日本ではどのくらいの値段で
売られている時計なのか気になった。

仕事を終えてから帰宅して夜のインターネット徘徊を
楽しんでいる最中に「高い時計」と言われたことを
思い出した。

日本ではどのくらいの定価で売られているものなのだろうか。
時計の裏ブタに書かれている型番をグーグルで検索してみて
青ざめた。

インターネットには、その時計の定価は300万円と書いてある。
最初は冗談だろうと思って何度も検索をしてみるが、事実は
変わらない。

よく考えたらメーカーもよく知らないから、文字盤に書いてある
メーカー名を検索をしてみるとAPと呼ばれるブランドメーカーで、
ブランド時計の中でも高級品ばかり作っているメーカーだった。

僕は、慌てて机に投げてあった時計をつかんだ。
「これが300万円!?これってコピー品の腕時計ってこと?」

この時初めて自分の腕時計がコピー品だと気がついた。

昼間のお客は恐らく腕時計が好きな人で、僕がしている時計が
ニセモノだとすぐに解ったのだろう。

なぜなら、バイトするような人間がおいそれと買える時計
ではないからだ。

高級時計はおろかステンレス製の時計もろくに知らない人間に
本物300万円という法外な金額の腕時計が存在する事実は、
とてもショックだった。そしてそのコピーが存在することも。
それ以来、その時計をするのはやめた。

知らなかったとはいえ、僕が悪いのだ。
誰かが「無知が人の過ちの源泉」と言っていた。
まったくその通りで言い訳の余地がない。

おそらくコピー時計を買う人の大半が確信犯だろう。
だけど必ずどこかでそのニセモノの化けの皮が剥がれる。

僕の場合は他人の指摘だったが、親しい人や仕事の取引先の人が
ニセモノのコピー時計をしていることを知ったら、どう思うだろうか?

指摘されなくとも内心で気付く人はいるだろう。
たとえニセモノだとバレなくても、ニセモノの時計は絶対に
正確な時間を刻むことは出来ない。

コピー時計は見た目だけ本物に似せただけで精度の’せ’の字もない。
つまり無意味なものを身に着けているということだ。

99%が本物の部品で出来ていたとしても1%のニセモノの部品を
使えば、すべてがニセモノということになる。

同じようにニセモノを身につけることで、世界に1人である人間が、
コピー族という種族に属し、そのときからあなたはオリジナルでは
なくなるということだ。

自分自身にわざわざ弱点を作ることになる。
そんなことをして何になるのだろうか。

コピー品は品格を下げる。
僕が言いたかったことはそういうことである。

腕時計は良いものを長く使ってほしい。
一生付き合うつもりで腕時計を選べば人生が楽しくなる。

決してコピー品は買わないことだ。
そう思う人が増えることを願いたい。

というわけで、今日もマイペンライで行こう。

記事がおもしろかったら「いいね!」かツイートかコメントをよろしくどうぞ。

Comment(7)

コメント

ブランドレプリカの専門店です。
弊社のレプリカ商品はブランドレプリカ商品に最高品質のと保障いたします。
コピーブランド品の完璧な品質を維持するために、レプリカ品は本物と同じ素材を採用しています。
本物と区別できない高い品質のです。高い品質のため、強大な市場があります。
弊社は信用を持ってネットで長年続けてブランドレプリカ販売をしております。
本当に品質よく、値段安いでご買い得だと思います。是非ご覧ください!

もっと詳しく見るなら、http://www.brandereplica.com/へいらっしゃいませ!

Ifreeta

>99%が本物の部品で出来ていたとしても1%のニセモノの部品を
>使えば、すべてがニセモノということになる。

修理したらオリジナルがコピーになるということですか。

全ての車はコピーなのだろうか。

Ifreetaさん、コメントありがとうございます。修理するときに「コピー部品」を使えば、オリジナルではなくなるなりますね。補修したくても純正部品が取れない場合、補修部品を作うことがあると思いますが、やはりオリジナルの価値はなくなります。また来て下さいね。

ardbeg32

まずは窪田様の今回のお話は、現役の今も売られている商品のことについてだろうとお断りをした上で。
確かに純正部品でないもので修理を行ったものは、オリジナルとしての価値はなくなります。
しかし商品自体が実用品の場合、オリジナルという価値以外に、使用できるという価値もあるかと私は考えます。
オリジナルコンディションは持っているけど、インクがだだ漏れの万年筆に何の価値が有るでしょうか?単なる置物かコレクターのタンスの肥やしです。
現役に今も売られている万年筆なら、メーカー修理に出せば済むことですけど、少し古いものになりますとメーカーではすでに修理を受け付けてなかったり、メーカーそのものが存在しない場合もあります。
またコピー品についても、すごくお洒落なデザインのフランス軍コートはオリジナルは既になく、あっても非常にコンディションの悪いものしかありません。ならばと日本の縫製でオリジナルを忠実に、さらにオリジナルでは明らかに欠点であったところをオリジナルの雰囲気を壊さないようにコピーした商品をつくるのは、果たして品格を貶めることでしょうか?

明らかに悪意を持って作られたコピー品を持つことや、明らかにオリジナルの雰囲気を壊すようなスペアパーツで修理することは、確かに他人に対して弱点を持つ行為でしょう。
しかし一概にそうとも言えない場合もあることは知って頂きたいと思いました。

まあ多分に言葉の綾というか揚げ足取りな言いがかりかと思いますが、ご容赦いただけると幸いです。

ardbeg32さん、コメントありがとうございます。熱いコメントありがとうございます。うれしいです。

インク漏れの万年筆に価値があるかは、見る人の価値観によるものかなと思います。インクが漏れていてもオリジナルの状態でアンティークの価値を保ちたいという人もいます。かつて実用品であったものが、今も実用品でなければ価値がないという訳ではありません。例えばアールデコのように、装飾がすぐれていれば、それだけで価値があります。

ただ、時計などの機械物は動いた方が、趣がありますよね。その為に、メーカーにない部品を無垢の材料から削りだしたり、旋盤で加工して代用品を使う場合があります。風防のストックがなければ、ガラスから削りだします。それは再現であり’個人で楽しむため’ですから、趣を取り戻すという意味では私は賛成派です。ただ、純粋なオリジナルではなくなりますね。

フランス軍コートのお話ですが、コピーというか’似せて作る’というものですよね。フランス軍ファンから見てどう捉えられるかはわかりませんが、所詮は真似て作られたものでしょうと考える人もいれば、ardbeg32さんのように実用性があってこそ価値があり、それを認める人もいると思います。ただ、本物のフランス軍のコートを探している人が、果たして似せて作られたコートに価値を見出すものなんでしょうか。欠点の部分が欠点に見える人もいれば、それがそのものの持つ’味’として捉える人もいる、やはり人の拘りによるところではないでしょうか。

コピー品は悪という話ではなく、アンティークと復元・再現についてですよね。ardbeg32さんのお話おもしろかったです。私もMade in Occupied Japanが好きなんですよ。拘りってすごい大事ですね。「古い物の現状維持」「復元・再生」どちらも大事にしたいという気持ちは同じですね。色んな価値があって面白いですね。万年筆がたとえで出てくるところを考えるとardbeg32さんもアンティーク品などを集めているのでしょうか?私もアンティーク品が好きで(そんなに詳しくないですが)、良く年を誤魔化しているだろうといわれます(笑)いつかardbegでも飲みながら、コレクションを眺める日がくればいいなぁなどと思います。また今度、時計の話を書こうと思います。またぜひ遊びにきてください。

マコ

窪田様、その後APの本物は買えたのでしょうか?
今のところ私は高級メゾンの腕時計を正規店でしか購入した事がありませんが、コピー商品も気になる事もあります。
高級腕

窪田

マコさん、記事を読んで頂きありがとうございます。
さすがに本物は買えません。
どちらかというとアンティーク時計派です。
高級メゾンで時計を選ばれているとのことですばらしいと思います。
コピーは気にならないかというと、気になりますよね。
機会があればタイの中華街に行ってみて下さい。
驚くような値段で精巧なものからチープチープな時計まで軒下に吊り下げられています。
もしもデパートでこれは本物ですと言われて販売されたら疑いようのないコピー品もあります。
反面教師の意味で時計の脅威を見て回るのも良いかもしれません。

コメントを投稿する