HRD(人材の育成、教育研修)の現場から、気づいたこと、アイデアを発信します。初めて人材育成や教育担当になった方でも、わかりやすく、取り組みやすい情報提供を目指します。特に、20代~30代を元気にしたいご担当者様、是非このブログにご参加ください。

「リーダーに向いていない」と感じる人がラクになるには

»

ロングヘアーが似合う、スラリとした30代前半の女性。プロジェクトをまとめるリーダー候補に抜擢された彼女が私に、「今回研修に参加できて良かったです」と一言。
「ありがとう。どんなところが良かったの?」そう問いかけると、
「今までリーダーというと、皆を引っ張ってまとめていかなければならない。そう思っていて、自分にはとても無理だと思っていました。でも今回の研修でわかったことは、私が皆にとってどんな存在でありたいか。まずはそれをしっかり考えて、自分の仕事に対する姿勢を見せ続けること。それでいいことがわかって、とても気持ちがラクになりました」

さすが!研修の本質をしっかりつかんでいらっしゃる。私はとても嬉しくなりました。

「リーダー」という役割に描くイメージ
「リーダー」というと、どんな人を思い浮かべるでしょうか。リーダーシップには様々な定義がありますが、「リーダーになって」と言われ「向いていません」と返答したり、顔を曇らせたり強張らせたりする人は、リーダーに対して次のようなイメージを持っていることが多いようです。
・リーダーは人を引っ張らなければならない
・リーダーは人気者でなければならない
・リーダーは完璧でなければならない
・リーダーは家庭は二の次
・リーダーは24時間体制
・リーダーは孤独
など

実は私もそのようなイメージをずっと描いていました。というのは、私が社会に出た頃はバブル景気が真っ盛り。「24時間働けますか?」と問われ、肩パットがどーんと入ったスーツに身を包み、誰にも隙を見せず、ガンガン、バリバリ働くのが「出世街道を進む人」。そしてそれが「かっこいい」という刷り込みがなされていたからです。

そんなこともあり、リーダーという役割に対しては、先のようなイメージを40代にさしかかる頃までずっと持ち続けていました。

そんな私が「リーダーシップ」の考え方を変えたのは、起業後なかなかうまくいかず悩んでいたとき。その理由は、実は私は「代表」という仕事だけは「絶対に向いていない」、「そんな器ではない」と本気で思っていたから。でも、自分のやりたいこと、性格を鑑みると既存の組織で物事を進められそうにない。そこでやむをえず起業という道を選択したのですが、「代表」という役割にはずっと馴染めずにいたのです。

しかしあるとき、次のようなリーダーシップの定義に出あいます。

第28章 リーダーにカリスマ性はいらない~リーダーシップへの誤解
リーダーシップは手段にすぎない
リーダーシップはカリスマ性と無縁
リーダーシップとは仕事である
効果的なリーダーシップの基礎とは、組織の使命を考え抜きそれを目に見える形で明確に定義し、確立することである。リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持するものである。
リーダーシップとは責任である
リーダーシップとは信頼である
『実践する経営者』ダイヤモンド社刊 2004年第1刷 P.197~141

上記はドラッカーの書籍からの引用ですが、この文章を見つけたときに本当に救われた気がしました。特に「組織の使命を考え抜く(何のためにこの組織は存在するのか、誰の、どのような役に立ちたいのか、そのために自分はどうありたいのか)」という点においては、そこだけはしっかりもてている自信があったからです。

そして今は、それすらも自分一人で考える必要はなく、仲間に意見をもらったり、自分ができないことは誰かの力を借りればよいことがわかり、最初に持っていたリーダーのイメージとは真逆ぐらいの感覚を持つにいたっています。

なので、彼女が「ラクになった」と話してくれたことが、ことの他嬉しかったのです。

私のように時代の流れの中で、誤った認識を持ち続けたまま、マネジメント職やリーダー職を担っている人は多いかもしれません。そして、そんな上司、先輩の考え方に触れる中で「マネジメントやリーダー職なんて絶対に嫌」という人も少なくないように思います。

しかし、マネジメントやリーダーに指名される人は、先のドラッカーの定義で言えば「仕事に真摯に向き合えている人」と言えます。そこが誰よりも光っている、ということなのではないでしょうか。

それでも「リーダーには向いていない」と感じるとき
もしそれでも「向いていない」と感じるときは、ドラッカー学会の理事(事務局長)、翻訳家として幅広く活躍される井坂康志さんが考案された「5つの質問の樹」をもとに、自分たちの組織、プロジェクト、チームの「ミッション」、「顧客」、「顧客の価値」、「私たちにとっての成果」について考えてみる、あるいは、メンバーと話し合ってみてはいかがでしょうか。5つの質問の樹(井坂康志様).pngのサムネイル画像のサムネイル画像リーダーってやってみる価値ありますよ。

「マネジメント」学びたい方のためのイベントのお知らせ!
第13回ネクスト・ソサエティ・フォーラム2018 ドラッカー学会総会&大会
【マネジメント×いい会社~社会性と生産性をどう両立させるか?】
2018年5月12日(土)10:00~18:00(途中入退場自由) 
詳細のご案内、お申し込みは、peatexページより

Six Stars Consulting からのお知らせ
「マネジメント」「リーダーシップ」など、講演会や研修など、貴社のご希望や組織風土に合わせて企画や講師を選びご提案いたします。人材育成や研修実施をご検討の方は、ぜひ、Six Starsまでお問い合わせください

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する