HRD(人材の育成、教育研修)の現場から、気づいたこと、アイデアを発信します。初めて人材育成や教育担当になった方でも、わかりやすく、取り組みやすい情報提供を目指します。特に、20代~30代を元気にしたいご担当者様、是非このブログにご参加ください。

言いたくても言えない「職場での辛いこと」

»

 最近、40代~50代の上司世代に接すると「若い人とのジェネレーションギャップに悩んでいて」という声をよくお聞きします。そんなこともあり、どのようなことにギャップを感じやすいのかを調べていたところ、興味深いデータを見つけました。調査は、日本法規情報株式会社が実施した、20代~40代、各世代の「職場での辛いこと」。

 集計方法の詳細が書かれていないので参考程度の情報ですが、世代でバラバラになっていたデータを並べてみると、次のような結果になりました。40代がブルー。30代がイエロー。20代がグリーンです。

世代別に聞いた「職場での辛いこと」.png 一番顕著なのは、20代にとって辛いことは「上司に叱咤されること」。若手は、「叱られ慣れていない」や「打たれ弱い」といった見方をされますが、当の20代は、本音で「嫌」なんだということが改めて認識できます。

 次いで目立つのは、40代、30代で「職場に不満はない」という声が多いこと。(20代にこの項目が入っていなかったのか、それとも誰もチェックしなかったのかは不明ですが)、これは、ある程度自分のペースで仕事ができるようになっていることが要因かもしれません。

 そして、各層共通して「辛い」の割合が多いのは、「職場での飲み会」と「有給を取りにくいこと」。最近、「お金」よりも「時間が大事」という声もよくきくので、「自分や家族のために時間をつかう」という意識は強くなっているのかもしれません。

 さてここで、自分が「会社人間である」という自覚がある人は、注意ポイントかもしれません。というのは、部下・後輩の「時間が大事」という感覚が今ひとつ理解できていない可能性があるから。急な残業の依頼や、飲みの誘いが、部下や後輩にとってのストレスになっている可能性が大。マネジメント上もケアが必要なポイントです。

 と、このようなデータを元にお伝えしたかったこと。それは、何が「辛い」かは人それぞれ。

 「先輩が家庭を大事になさっているので、なかなか飲みに行けなくて寂しい」や、「職場で会話が少なくて、飲みに誘ってほしいと言いづらい」という若手の声も結構聞きます。

 そこで、時にはご紹介したデータをもとに「私はこれが辛いけど、あなたは?」みたいな形で会話してみてはいかがでしょうか?意外と、ご自身がイメージしていたことと異なる反応が返ってくるかもしれませんよ。

(データ元:日本法規情報株式会社 世代別に聞いた 「職場での辛いこと」)

Six Stars Consulting~夢を創り、夢を育む~

<Six Stars主催セミナーのご案内>
7月12日(火)開催 新任人材育成担当者セミナー(残席僅か)
~理念を社員のやりがいと組織の発展につなげる育成の考え方と進め方~

<人材育成ご担当者様対象:プレゼントのお知らせ>
Six Stars Consultingでは、新たに人材育成担当になった方のために「新任人材育成担当者のための人材育成の考え方と進め方~新入社員育成に取り組もう!~」小冊子無料プレゼントしております。

お申し込み方法は、こちら(社内講師応援ブログ)に記載しておりますので、ぜひお役立てください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する