デジタルとアナログの間を行ったり来たり

ブログと日本語のくびれ

»

 素朴な疑問。ブログでは段落はじめに全角スペースを入れるべきか。結論からいえば、大した問題ではないような気がする。だが職業柄、軽視していいものだろうか。とりあえず自分のルールとしてスペースは入れることに決めた。

 大した問題ではないが習慣を考慮するという点で似たようなことを思い出した。学生時代に理学部数学科の友人が「日本語の横書きでは句読点はコンマとピリオドが正しい。数学の教科書もそうだろう」というので、なるほどと思ってまねることにした。卒業後もしばらくはパソコンを使う時にはわざわざ句読点の設定をコンマとピリオドにしていた。

 だが仕事として原稿を出すようになり、コンマとピリオドはテンとマルに置換される。きっと一括変換しているとはいえ、編集さんに作業を増やすのは申し訳なく感じた。それで日本語変換の設定を変更することにした。その時コンマとピリオドに別れを告げるような、どこか名残惜しい気がした。

 話を元に戻すと、ブログで段落はじめにスペースをいれるべきか。これはレイアウトとして必要な習慣なのだろうか。つまり段落はじめのスペースとはインデントの役割があるのだろうか。それならスペースは本文には含まれないものなのだろうか。などと疑問が生じてきた。

 レイアウトならスペースを使うよりスタイルを設定するべきだろうかとも考えた。CSSには最初の1文字目だけに適用する first-letter 設定があるが、それを使うべきか。試しに実験してみたことがある。すると段落の最初にカギカッコがある場合や、個条書きの場合には都合が悪くなることがあると分かった。とりあえずは手動でスペースを入れるのが確実のようだ。

 こんなことで悩むのも理系出身で日本語をきちんと学んでいないからだろうか。なんてことを考えていると、こんな風にアドバイスをくれた人がいる。

日本での作文は原稿用紙というグリッドが文部科学省推薦の原稿のモデルです。パラグラフの区切りを明示するために、1文字空ける習慣になっていたわけです。

 これですっきりした。段落の区切りを分かるようにするためか。

 段落の区切りを分かりやすくというのなら、Webでは空行がよく使われる。それなら空行さえ入れればスペースを入れる必要はないような気もする。しかし習慣は習慣で、お作法だからやっておいたほうがいいような気もする。

 そうこう考え、結局段落の間には空行を入れ、段落はじめにはスペースを入れるように決めた。ただし誰かやどこかが指針を決めているわけでもない。あまり気にすることもないのかもしれない。それにブログだとメールや掲示板に書いているような気軽な感覚がある。原稿用紙に向かっている感覚がないためスペースは忘れがちだ。でもそれでいいと思う。

 思えば原稿用紙も縦書きもすっかり縁遠い。縦書きだと段落はじめのスペースは「へこみ」というイメージだが、横書きだとやや違う。左側に垂直に引かれた線にところどころ見えるへこみは「くびれ」という表現の方が合っているような気もする。

 ブログは日本語の習慣に変化を与えるだろうか、なんて考える今日このごろ。

Comment(10)

コメント

頭はやっぱり1文字落とすべきだと思います。とはいえ、ここの表記だと1文字にちょっとだけ足りないのが気になります。気にするとよけい気になります。まあ、ようはどっちが読みやすいかなんですけどね。漢字をひらがなにひらくのも、根本は同じだと。コンピュータ系の人って、こういうの気にする人が少ないので、こんな書き込みがあるとなんとなくうれしい。

asakura-t

1文字にちょっと足りないのは、おそらくプロポーショナルフォントを使っているためですね。
 日本語はプロポーショナルじゃないほうが読みやすいと思うので、僕は日本語は固定ピッチのフォント、英数字はプロポーショナルなフォントを割り当てて読んでいます。
(なので、僕がみている限りでは「1文字にちょっと足りない」ってことはないです)

 ちなみに漢字を気にするのが少ないのはコンピュータ系の人に限ったことじゃなくて、おそらくフツウの人はみんな気にしてないですよ。IMEで変換したのをそのまま使っています。
 おかげで名詞の「話」を「話し」って書いている人の多いことといったら(これは確かMS-IMEの第1候補だから、だったはず)。

私は逆に、色々と悩んだ末に、段落頭のインデントはスタイルで定義するようにしてしまいました。
自サイトでのblogでも、エントリ内で各段落は「p」で括るようにタグを入れております。
グダグダのグズグズですが、試行錯誤の残滓も晒しておりますので、ご参考まで。
http://lares.jp/test.html

>kouta さん
「落とす」という言い方、縦書きって感じですね!

>asakura-t さん
もしかして、ごぶさたでしょうか?
ところでプロポーショナルフォントって縦方向にもプロポーショナルにできているのでしょうか。

>n-yoshi さん
すごい!特殊段落のところですね。
first-letterで同じことをする人がいるとはうれしいです。

一字下げるなら,text-indentでもほぼ同等の効果が得られます.
それとかぎ括弧などをいれる場合には,CSSの上書きで対処すれば大丈夫です.でもそれだといちいち書き直す必要があるので,結構面倒くさいかもしれません.

やはり考えてしまいましたか!
私もここに書き始めるときに同じことを悩んで、結局一文字落とすことにしました。なんか公式の文書って、一文字落とすほうが良いような気がして。しかし、個人のブログでは、他の大半のブロガー同様一文字落としていません(笑)。

それにしても、さすが本業。タイトルのつけかた秀逸です!

>桐生哲史 さん
アドバイスありがとうございます。技術的にはまだ選択肢があるようですね。
>平野洋一郎 さん
私、タイトルは苦手なんですよ~。とほほ。でも、ブログではサイドバーの幅たっぷり使うように考えています。

「石川九楊」 と言う方の本を読まれると面白いと思います。縦書きと横書き、ペンからワープロへの文字に与える影響など、ここに書いてあるようなことを書いてます。

説教臭い国語論者じゃなくって、学問としてやってるので面白いですよ。マジな本からトリビア的な本もあるし。なるほど、って目から鱗が結構ありました。

追記 裁判の時の、「敗訴」とかもって出てきますが、その書体についてとか、美大生に、縦書き横書きでもの書かせてその違いをレポートで出させたりとか。
筆だから縦書きが発達してきたけど、そのフォーマットや道具の変化によって、文字がずっと変化し続けてきたわけですが、例えは鉛筆からシャーペンによっての文字の変化とか、なつかしの丸文字とか。もちマジな思想・歴史もありますよ。

>ぷ さん
私には未知の分野でいい勉強になると思います。楽しみです。ご紹介、ありがとうございます。

コメントを投稿する