専門的な情報を、立場の違う人に「分かるように説明する」のは難しいものです。このブログは「技術屋が説明書や提案書を分かりやすく書く」ために役に立つ情報をお届けします。

プレゼンテーションの練習をしたい方へ

»

エンジニアを説明上手にする本」といったものを書いている関係で、プレゼンテーションの勉強会、練習会を見学する機会があります。単なる見学のこともあれば、自分も練習させてもらうこともあります。

そんな経験を踏まえて「プレゼンテーション練習会マニュアル」というものを作りましたのでどうぞご利用ください。

「プレゼンテーションの練習をしよう! 何人か集めて練習会形式でやろう!」という場合に、せっかくの機会を骨まで活かす(とことん短時間ですごく学べる)ためにはこういうふうにすると良い、というポイントをまとめました。

いくつかポイントを抜粋しますと・・・・

■フィードバック(FB)の質が上達の鍵を握る

練習会を実際に効率よく「学び」につなげるために重要なのは、漠然とした感想ではなくピンポイントな提案を含むフィードバック(FB)があるかどうかです。そこで、それが得られるような工夫が必要です。

PresenTrGrMan-p2.PNG

■止めリハ/通しリハ方式

プレゼンテーションに慣れないうちは「止めリハ方式」といって、改善を要するところでどんどん止めながらのほうがいいです。逆に止めずに行うことを通しリハ方式と言います。

PresenTrGrMan-p10.PNG

■3G1Sフィードバック

通しリハ後のフィードバックをする際は、フィードバックの主担当を決めて、良い点(Good points)を3つ、提案(Suggestion)1つを基本としてフィードバックをするように心がけます。

PresenTrGrMan-p12.PNG

他にもいろいろとありますので、全体はSlideshareで閲覧またはPDFファイルでダウンロードしてください。

筆者の公式サイトにて公開しています。

プレゼンテーション練習会マニュアル - アイデアクラフト

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する