デジタルでBtoBセールスはできるのか!?

デジタル活用経験を事例として伝える

»

ここ数ヶ月の中で、社内においてデジタル活用の経験例を話す機会が何回かありました。デジタルセールスという部門に所属しているので、デジタルのツールを使って営業活動をするというのは義務であり権利であり、日常の営業スタイルそのものである、というのが理想ではありますが、そうそう皆が実行できているというまでには至っていません(もちろん自分も含めて)。

それぞれの営業スタイル(個性という意味ではなく担当する製品やテリトリーなど)が異なるので、こうするのがベスト、というのはないのですが、そうはいっても活用度に差が出ているのが現状です。そこで、このブログを書いたり、Twitterで頻繁に呟いていたりと、ちょっとばかり目立っている(と思われている)私に、デジタルを活用した営業の経験例を話してほしいという依頼が来るのです。

まあ、自分がやっているのはひとつのやり方に過ぎず、自分でもそれが正しいなんて思っているわけでもないのですが、事例として捉えてもらえればいい、という観点で依頼を引き受けています。

話をするのに先立ってプレゼンテーション資料を作成するのですが、その過程で自分がやっていることを棚卸しすることで、自分としての強みの再発見と足りないことの整理ができます。

そして、プレゼンで何をメインに伝えたいのかを考え、そのための構成を練る、というプロセスにおいては、表現力を鍛えることができるのではないかと思います。

メインテーマを指定されることもあります。例えばWebセミナーの講師をするときの工夫、SNSの活用などです。自分としては、工夫しているいうほどでもないし活用といえばかっこいいけど日常のひとコマとして使っているだけ、ということもあるのですが、そのリアルを聞きたいということなのでしょうから、テーマに沿って内容を考えて臨みます。

質疑応答もなかなか面白いです。毎週ブログを書いているということなので、昔から日記をつけていたのですか、というのが一番想定外の質問でしたね。答えはノーです。自分でもこんなに(と言ってもまだ2年ちょっとですが)書き続けられるとは思ってなかったですね、レベルはさておき。

セッションの終わりやフィードバックで、参考になりましたと言ってもらえるのはお世辞半分とはいえうれしいものです。少しでも真似してみようかな、何かやってみようかなと思ってくれたとしたらありがたいものであり、今後とも依頼がきたら積極的に引き受けるとともに、デジタル活用をさらに高め、ロールモデルになれるようにしていきたいと思っています。

IBM 中山貴之のWeb Page (平日は毎日更新中)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する