ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

ガートナー「先進テクノロジのハイプ・サイクル2018」公表、過度な期待のピーク期は、ディープラーニング、デジタルツイン、バイオチップス ほか

»

米調査会社のガートナーは2018年8月16日、「先進テクノロジのハイプ・サイクル 2018(Hype Cycle for Emerging Technologies, 2018)」を公表しました。

5 Trends Emerge in the Gartner Hype Cycle for Emerging Technologies, 2018

スクリーンショット 2018-08-22 13.00.05.png

出所:Gartner 5 Trends Emerge in the Gartner Hype Cycle for Emerging Technologies, 2018

「過度な期待のピーク期(Peak of Inflated Expectations)」にきているのが、

Autonomous Mobile Robots、Brain-Computer Interface、Smart Workspace、Biochips、Digital Twin、Deep Neural Nets (Deep Learning)、Carbon Nanotube、IoT Platform、Virtual Assistants

などとなっています。

幻滅期(Trough of Disillusionment)」にあるのが、

Connected Home、Autonomous Driving Level 4、Mixed Reality、Smart Fabrics、Augmented Reality

などとなっています。

一方、「黎明期(Innovation Trigger)」にあるのが、

Quantum Computing、AI PaaS、Deep Neural Network ASICs、Smart Robots 

などとなっています。

ガートナーでは、5つの先進技術トレンドに分類しています。

  • Democratized AI(AIの大衆化)
  • Digitalized ecosystems(エコシステムのデジタル化)
  • Do-it-yourself biohacking(自前のバイオハッキング)
  • Transparently immersive experiences(透過的な没入型エクスペリエンス)
  • Ubiquitous infrastructure(ユビキタスインフラ)

スクリーンショット 2018-08-22 13.05.31.png

出所:Gartner 5 Trends Emerge in the Gartner Hype Cycle for Emerging Technologies, 2018

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する