ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

【記事紹介】加熱する国内データセンター建設競争、海外大手の侵攻に対抗できるのか

»

018年4月から「サービスから読むデジタル化の最新トレンド」というテーマで連載の機会をいただきました。

AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)、RPA(Robotic Process Automation)といった各社が提供するデジタル関連サービスの機能や特徴を俯瞰し、デジタル化の最新トレンドを読み解きます。

今回は、『加熱する国内データセンター建設競争、海外大手の侵攻に対抗できるのか』というタイトルで記事を寄稿しました。

スクリーンショット 2018-06-09 10.01.27.png

国内で、大規模データセンターの建設ブームが続いている。IDCによると、データセンターへの建設投資意欲が高い背景には、海外のハイパークラウドサービス事業者への対抗や、新技術への対応という側面があるという。

===

連載目次

加熱する国内データセンター建設競争、海外大手の侵攻に対抗できるのか

 国内で、大規模データセンターの建設ブームが続いている。IDCによると、データセンターへの建設投資意欲が高い背景には、海外のハイパークラウドサービス事業者への対抗や、新技術への対応という側面があるという。

GPUの急拡大が呼ぶ、クラウド事業者の新たな戦い

 機械学習やディープラーニング(深層学習)の適用領域拡大に伴い、画像処理に優れた「GPU(Graphics Processing Unit)」に注目が集まっている。半導体メーカーのNVIDIAなどが開発するGPUを機械/深層学習などの汎用計算に応用する「GPGPU(General-purpose c...

AIと機械学習で、クラウドサービス事業者の勢力図は変わるのか?

 クラウドベンダー各社は2018年、AI(人工知能)やコグニティブシステム(人間が経験と知識に基づいて問題を解決する過程を、コンピュータで実現するシステム)を本格的に活用するフェーズに入った。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する