ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

デジタルアーカイブジャパン推進に向けた「ジャパンサーチ(仮称)」とは

»

政府知的財産戦略本部のデジタルアーカイブジャパン推進委員会及び実務者検討委員会は2018年4月、「第一次中間取りまとめ」を公表しました。

日本におけるデジタルアーカイブの取組を推進するために、以下のとおり、分野・地域ごとの「つなぎ役」 を介して、「アーカイブ機関」と国の分野横断統合ポータル「ジャパンサーチ(仮称)」の間でメタデータの共有を進め、「活用者」がジャパンサーチ(仮称)等からメタデータを共有し、さまざまな用途に活用するというサイクルの構築を目指す方向性を示しています。

スクリーンショット 2018-04-29 14.03.43.png

出所:知的財産戦略本部 2018.4

本取りまとめでは、デジタルアーカイブによって、日々生み出される様々なデータが
共有され誰でも簡単にアクセスできること、また、それが日常的に利活用されやすい条
件で提示されており、誰でも自由に様々なシーンで新しいコンテンツが生み出せる社会
「デジタルアーカイブ社会のイメージ(例) 」を紹介しています。

スクリーンショット 2018-04-29 14.04.50.png

出所:知的財産戦略本部 2018.4

2020 年を目標に、国の分野横断統合ポータルとして「ジャパンサーチ(仮称)」を国
立国会図書館が中心となって構築するために、本委員会で検討が行われた方向性として、以下のとおりまとめています。

スクリーンショット 2018-04-29 14.05.35.png

出所:知的財産戦略本部 2018.4

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する