ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

国内データセンター延床面積予測 -クラウド向け大規模データセンターの建設ブームが継続、AIや深層学習などで電力供給能力で評価する時代に IDC Japan

»

調査会社のIDC Japanは2018年4月18日、「国内データセンター延床面積予測」を発表しました。

国内事業者データセンター延床面積は2017年末時点で205万6,400平方メートルで、2022年末には239万3,600平方メートルに達すると予測しています。

スクリーンショット 2018-04-28 9.32.25.png

IDCでは、AWS(Amazon Web Services)、マイクロソフト、グーグルなどのクラウドサービス事業者が国内のデータセンターキャパシティを拡張していることを受けて、大規模データセンターの建設ブームが続いており、こうした建設投資意欲は、2022年まで高い水準を維持すると予測しており、昨年2017年3月に発表した予測を上方修正しています。

最近では、人工知能やディープラーニング(深層学習)といった新たなテクノロジーを利用したサービスを、クラウド環境から提供しようとするサービス事業者が増えているため、データセンターにおける電力供給能力はますます大きくなりつつあり、電力キャパシティ(サーバー室で利用できる電力の容量)で評価することが重要となるとしています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する