ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

AI人材育成について

»

政府は2018年4月4日、『未来投資会議構造改革徹底推進会合「企業関連制度・産業構造改革・イノベーション」会合(雇用・人材)(第5回)』を開催しています。

今回は、総務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省合同によるAI人材育成についてご紹介したいと思います。

学校教育におけるIT人材・AI人材育成のイメージでは、

・現在、情報を専⾨とする学科等で学ぶ学⽣は約2.8万⼈/年と推計され、⼯学系教育改⾰による情報処理教育の徹底を図ることで、⼯学部全体の学⽣(約9万⼈/年)にIT⼈材に繋がる教育を展開していくとしています。また、全学的な数理・データサイエンス教育の強化により、我が国全体のリテラシーの醸成を加速するとしています。

スクリーンショット 2018-04-15 14.50.40.png

出所:未来投資会議 2018.4.4

AI・IT分野を含む教育プログラムの供給促進と能⼒証明制度の活⽤促進(履修証明制度の⾒直し改善)では、各⼤学において学修内容を標準化・体系化し、修了者に対して履修証明書を交付するなど、AI・IT⼈材をはじめとする各種資格制度等との連携も検討しています。

スクリーンショット 2018-04-15 14.53.27.png

出所:未来投資会議 2018.4.4

数理・データサイエンスの基礎的素養を持つ⼈材を育成では、従来の⽂系理系の枠を超えた全学的な数理及びデータサイエンス教育のセンターを整備していくとしています。

スクリーンショット 2018-04-15 14.55.13.png

出所:未来投資会議 2018.4.4

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する