ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2021年の国内プライベートクラウド市場規模は、2016年比5.2倍の1兆6,045億円に

»

調査会社のIDC Japanは2017年10月17日、「国内プライベートクラウド市場予測」を発表しました。

2016年の国内プライベートクラウド市場規模は、前年比44.8%増の3,093億円で、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は39.0%と予測しています。

20171017_1.gif

出所:IDC Japan 2017.10

国内市場では、従来型ITからクラウドへの移行を進める企業が増加し、クラウドへの移行をシステム領域別に見ると、電子メール、グループウェア、人事/給与、税務、経費といった汎用業務系システムは、パブリッククラウドSaaSへの移行が顕著となっています。

カスタムアプリケーションやアドオン開発を行った基幹系システムは、アプリケーションアーキテクチャを大きく変えることなく、クラウドインフラストラクチャに移行するクラウドイネーブルド(Lift & Shiftと称されることが多い)となるケースが多く見られ、このクラウドイネーブルドが、現在の国内プライベートクラウド市場の成長を牽引しているとしています。

クラウドは登場して以来、「IT予算の削減」を導入の期待効果あるいは促進要因として挙げる企業が多かったのですが、最近ではIT予算の削減よりも、「ITセキュリティの強化」や「ビジネスの迅速性の向上」を重要視する企業が増加しているとしています。

2017年3月に実施したユーザー調査「CloudView 2017」の結果によると、プライベートクラウドの導入促進要因として、「ITセキュリティの強化」を挙げる企業が最も多く、「IT予算の削減」は上位5項目には入っていない状況となっています。

また、国内市場ではデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)に対する関心も高まっており、特定の産業に焦点を合わせ、新しい価値の創出を目的としたソリューションであるインダストリークラウドが急速に発展しているとしています。

インダストリークラウドでは、AI(Artificial Intelligence)、IoT(Internet of Things)、ブロックチェーンなどの先端技術を活用することが多く、DXのプラットフォームとしてホスティング型プライベートクラウドとして提供されることも多く見られるとし、DXのプラットフォームとしてのプライベートクラウドが、今後の国内プライベートクラウド市場の成長を促進すると予測しています。

国内プライベートクラウド市場は、「従来型ITからの移行」「DXのプラットフォーム」を両輪として、今後も高い成長を継続するとし、「国内プライベートクラウド市場は、新たな成長期を迎えようとしているとしています。

その成長を牽引するのはDXであり、ユーザー企業がITサプライヤーに求める内容、価値も変化していますが、インフラストラクチャといった汎用領域では差別化が難しくなっているため、ITサプライヤーは特定業務や産業特化に注力することよって、自らの特徴や優位性を示すことが重要であるという点も指摘しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する