ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

人生100年時代を見据えた経済・社会システムを実現するための政策のグランドデザインに係る検討を行う「人生 100 年時代構想会議」

»

政府は2017年9月8日、人生100年時代を見据えた経済・社会システムを実現するための政策のグランドデザインに係る検討を行うため、「人生 100 年時代構想会議」を設置し、9月11日に総理大臣官邸で第一回会合を開催されています。

スクリーンショット 2017-09-12 8.40.55.png

冒頭には、安倍総理が

本日、人生100年時代構想会議がスタートしました。人生100年時代を見据えた人づくり革命は、安倍内閣が目指す一億総活躍社会をつくり上げる上での本丸であり、生産性革命とともに、これからの安倍内閣の最大のテーマであります。

と述べられています。詳細はこちらから。

人生100年時代構想会議の目的と主要テーマは、

日本は、健康寿命が世界一の長寿社会を迎えている。海外の研究(リンダ・グラットンの著書「ライフシフト」で引用されている研究)を元にすれば、2007年に日本で生まれた子供については、107歳まで生きる確率が50%もある。この日本で、超長寿社会の新しいロールモデルを構築する取組を始めていきたい。

こうした超長寿社会において、人々がどのように活力をもって時代を生き抜いていくか、そのための経済・社会システムはどうあるべきなのか。それこそが、「人づくり革命」の根底にある大きなテーマ。

こうした社会システムを実現するため、政府が今後4年間に実行していく政策のグランドデザインを検討する新たな構想会議がこの「人生100年時代構想会議」。

人生100年時代構想会議の具体的なテーマは、

①全ての人に開かれた教育機会の確保、負担軽減、無償化、そして、何歳になっても学び直しができるリカレント教育
②これらの課題に対応した高等教育改革※
※大学にしても、これまでの若い学生を対象にした一般教養の提供では、社会のニーズに応えられないのではないか。
③新卒一括採用だけでない企業の人材採用の多元化※、そして多様な形の高齢者雇用
※これが有能な人材確保のカギであり、企業にしてもこれまでの新卒一括採用だけではやっていけない。
④これまでの若年者・学生、成人・勤労者、退職した高齢者という3つのステージを前提に、高齢者向け給付が中心となっている社会保障制度を全世代型社会保障へ改革していく。

とし、年内に中間報告をとりまとめ、政策パッケージも盛り込んだ基本構想を、来年前半には打ち出す。

としています。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)の著者であるリンダ・グラットン氏のプレゼンでは、 教育→仕事→引退の3ステージではなく、これからは、マルチステージの人生があり、組織に雇われない働き方やポートフォリオ型(有給の仕事と様々な活動の組み合わせ)のステージを考えていく必要性を示しています。

また、家族構成の変化や生涯にわたる学びが重要になると言った点にも言及しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する