ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

増え続ける日本のインターネットにおけるトラフィック

»

総務省は2017年8月15日、日本のインターネットにおけるトラヒック(通信量)の実態を把握するため、2017年5月のトラヒックの集計・試算を行い、その結果のとりまとめを行っています。

我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算

日本のブロードバンドサービス契約者の総ダウンロードトラヒックは推定で約9.6Tbpsと前年同月比39.0%増加しており、総アップロードトラヒックは推定で約1.8Tbpsと前年同月比35.9%増加しています。

スクリーンショット 2017-08-16 23.08.27.png

出所:総務省 2017.8

1契約当たりのダウンロードトラヒックは推定で、約247.3kbpsと前年同月比37.0%増加、、アップロードトラヒックは推定で、約46.6kbpsと前年同月比33.9%増加となっています。

スクリーンショット 2017-08-16 23.13.14.png

出所:総務省 2017.8

固定通信トラヒックと移動通信トラヒックの比較では、我が国のブロードバンドサービス契約者の総ダウンロードトラヒックは前年同月比39.0%増であるのに対して、移動通信の総ダウンロードトラヒックは前年同月比37.6%増となっています。ただ、ブロードバンドと移動通信はのダウンロードトラフィックは5倍程度、ブロードバンドのほうがが多い状況となっておいます。

スクリーンショット 2017-08-16 23.17.10.png

出所:総務省 2017.8

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する