ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

宇宙×ICTの重点4分野のビジネスと近未来の全体イメージ

»

総務省は2017年6月23日、「宇宙×ICTに関する懇談会 報告書(案)」を公表し、7月7日(金)までの意見募集を行っています。

第3章では、新たな価値を創造する宇宙×ICTの重点4分野についての方向性を示しています。

2030年において、宇宙×ICTにおいて新たなビジネスやイノベーションの創出が期待されるビジネス分野として

  • 宇宙データ利活用ビジネス
  • ブロードバンド衛星通信ビジネス
  • ワイヤレス宇宙資源探査ビジネス
  • 宇宙環境情報ビジネス

の4分野を挙げています。これらの重点4分野のビジネスに対して、これらを支える基盤技術の研究開発や、推進に向けた課題を抽出した上で、集中的かつ戦略的な推進方策を検討することの必要性を示しています。ブロードバンド衛星通信ビジネスでは、地球上のあらゆる場所、宇宙空間を5G、IoTが利用できる環境を目指しています。

スクリーンショット 2017-06-29 22.25.03.png
宇宙×ICTの重点4分野
出所:出所:総務省 宇宙×ICTに関する懇談会 報告書(案) 2017.6.23

宇宙×ICTがもたらす近未来の全体イメージでは、WWW(World Wide Web)が地球上に網の目を張ったように、2030年になると、SWW(Space Wide Web)を通じて、大容量高速通信衛星や測位衛星を常時利用できる環境が、地球上のみならず宇宙まで広がり、SWWが、宇宙×ICTを支える基盤技術(衛星セキュリティ技術、テラヘルツ技術、ナノRFエレクトロニクス技術及び時空計測技術)と相まって、私たちの社会・ビジネスの可能性は大きく広がっていくイメージを示しています。

スクリーンショット 2017-06-29 22.34.59.png

出所:出所:総務省 宇宙×ICTに関する懇談会 報告書(案) 2017.6.23

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する