ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界のデータセンター市場は、EquinixがEMEA、Digital Realtyが北米、NTTがAPACのリーダに

»

米調査会社のSynergy Research Groupは2017年6月28日、第1四半期の世界のデータセンター市場の動向を公表しました。

Equinix & Digital Realty Extend Colocation Leadership via Major M&A Deals

スクリーンショット 2017-07-03 18.07.44.png

出所:ynergy Research Group 2017.6.28

データセンター市場では主要事業者によるM&Aが加速しています。EquinixはVerizonから29の主要なデータセンターの買収を完了し、Digital RealtyとDuPont Fabrosは合併についての意向を発表しています。EquinixとDigital Realtyはコロケーション市場のリーダーであり、世界の収益の市場シェアはそれぞれ11%と7%を占めています。主要なM&Aが有効になった場合、Equinixの市場シェアは13%、Digital Realtyは9%となります。

上位2社に続くのがNTTで6%を占めており、 KTDI / Telehouseは3%、China Telecom、CenturyLink(現Cyxtera)、CyrusOne、Global Switch、Interxionなどの2%が続いています。

データセンターの主要な市場セグメントでは、Equinix/Verizonは小売り(Retail Colocation)の17%を占め、Digital Realty/DuPont は卸売(Wholesale)の31%のシェアを占めています。

データセンターの市場では、APACの成長率が最も高い地域となっており、APACではすべての地域で着実に拡大し続けています。中国、香港、日本、オーストラリアの成長率の高い主要国はすべてAPAC地域に属しています。

主要地域では、EquinixがEMEAのリーダーで、北米で2位、APACで3位です。 Digital Realtyは北米のリーダーで、NTTはAPACのリーダーとなっています。

M&Aの動きは米国市場に集中しており、Equinixと Digital Realtyの収益は米国で大幅に増加しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する