ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

AI白書2017

»

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2017年7月20日、「AI白書2017」を公表しました。

ディープラーニングを起爆剤として、AIはその技術や利用が急速に進展しつつあり、産業や社会の様々な場面に大きな影響を与えることが予想されています。本書では、AIの技術動向の現在と未来、利活用事例、AI関連の制度的課題、国内外の政策など、AIに関連した多様な動向を総合的に解説されるものとして、「AI白書2017」を7月20日に刊行しています。

000060675.png

本書の構成とポイントは、次のとおりです。

第1章 技術動向
ディープラーニングの進展で人間を上回る音声・画像認識等が達成されたことは、AIに、生物が目の獲得によりカンブリア爆発を起こしたのと同じインパクトをもたらしつつある。それを受けて、我が国が強みを持つ機械学習用ハードウェアやロボティクス等の分野の研究開発が活発化している。

第2章 利用動向
利用においては、インターネット空間を中心に米国や中国の企業が先行して来たが、今後、ディープラーニングによるAIの非連続的革新により主戦場が自動運転や医療・介護などリアル空間に移る中、品質・安全性の追求やソフトウェアとハードウェアをすり合わせるノウハウなど日本の強みを活かして競争優位を築く戦略が求められる。

第3章 制度的課題への対応動向
AIの倫理的課題等の議論が欧米中心に進展するとともに、「AI著作物」「学習用データセット」「学習済みモデル」の知財面での議論も進行している。「自動運転」「ドローン」「医療・健康・介護」などの利用領域では新たなルール形成が取り組まれている。

第4章 政策動向
AIの研究開発の発展と産業への適用を促進し、国際的な産業競争力の強化を図るためには、政府においても研究開発、社会実装や制度的整備に取り組むことが重要であり、我が国、海外のいずれにおいても関連政策が次々と打ち出されている。

AI白書2017の目次は以下のとおりとなっています。

第1章 技術動向
 1.1. "ディープラーニング"がAIを大きく変えた
 1.2. ディープラーニングによるパターン認識の進展
 1.3. 身体性と知能の発達
 1.4. 自然言語を中心とする記号処理
 1.5. ビッグデータ時代の知識処理
 1.6. 社会とコミュニティ
 1.7. 計算インフラを構成するハードウェア
 1.8. グランドチャレンジによる研究開発の推進
 1.9. 各国の研究開発の現状
 1.10. 今後の展望

第2章 利用動向
 2.1. 総論
 2.2. AIによって何が変わるか
 2.3. 基盤整備状況
【寄稿】「AI×データ時代における人材要件と日本の課題」
 2.4. 企業における利用状況
 2.5. 投資規模・市場規模
 2.6. 今後の展望
【寄稿】「AI経営で会社は蘇る」

第3章 制度的課題への対応動向
 3.1. 総論
 3.2. 知的財産
 3.3. 倫理
 3.4. 規制緩和・新たなルール形成

第4章 政策動向
 4.1. 総論
 4.2. 国内の政策動向
 4.3. 海外の政策動向

資料編
 資料1.  AIの取組状況に関するアンケート調査結果
 資料2.  情報系教育機関におけるAI分野の教育動向調査
委員名簿 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する