ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界のロボティクス市場は5年間で急速に成長し、2021年には2307億ドルに

»

米調査会社のIDCは2017年7月12日に発表した世界のロボティクス市場の調査によると、ドローンやロボット関連のハードウェア、ソフトウェアやサービスなどの支出が972億ドルになると予測しており、2017年で2016年に比べて17.9%の増加となっています。

Worldwide Spending on Robotics Forecast to Accelerate Over the Next Five Years, Reaching $230.7 Billion in 2021, According to New IDC Spending Guide

IDCでは、5年間の予測期間でロボットの支出は、年平均成長率(CAGR)22.8%で、2021年に2307億ドルに達すると予測しています。

自己学習や認知機能などを備えたロボットが登場し、製造業などから採用が広がり、医療や保険、小売まで拡大していくとしています。分野別では、2016-2021の期間で、教育(71.9%CAGR)、小売(51.3%CAGR)、建設(38.3%CAGR)、卸売業(37.2%CAGR)、保険(36.3%)などで高い成長率が見込まれています。

ロボット支出の最大シェアを占めるユースケースでも予測を公表しています。ディスクリート製造業界の主な用途として、アセンブリ、溶接、塗装は、予測を通じて世界中のロボット支出の4分の1を占めると予測しています。同様に、プロセス製造業の主な使用事例(ミキシング)は、ロボックス支出の15%以上を占めています。消費を促進する他のロボティクスのユースケースには、マイニングとピックアンドパック(卸売業)の自動生産が含まえれています。予測期間に渡ってロボットの支出が最も成長が見込まれるユースケースには、ブレークバルク(71.6%CAGR)、教育援助(68.3%CAGR)、および顧客への配送(60.6%CAGR)となっています。

prUS42880417-F-1.jpg

出所:IDC 2017.7

地域別の市場では、日本を除くアジア太平洋地域(APeJ)は、2017年の全ロボット支出の半分以上(515億ドル)を占めており、日本は2017年に第2位の地域(143億米ドル)、次いで米国と西ヨーロッパ(136億米ドル、101億米ドル)が続いています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する