ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

中小企業の経営者層の山はこの20年間で47歳から66歳、今後5年程度は事業承継支援の集中実施を

»

中小企業庁は2017年7月7日、今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定を公表しました。

今後5年間で30万以上の経営者が70歳となり、中小企業経営者の高齢化が進み、中小企業の経営者層の山はこの20年間で47歳から66歳となっています。しかしながら、数十万者の中小企業が事業承継のタイミングを迎えようとしているものの、6割が後継者未定で、70代の経営者でも事業承継に向けた準備を行っている経営者は半数にとどまっている状況となっています。

中小企業庁はこうした現状を踏まえ、地域の事業を次世代にしっかりと引き継ぎ、事業承継を契機に後継者がベンチャー型事業承継などの経営革新等に積極的にチャレンジしやすい環境を整備するため、今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間と定め、支援のあり方についてまとめた「事業承継5ヶ年計画」を策定しています。

スクリーンショット 2017-07-09 17.27.13.png

出所:中小企業庁 事業承継5ヶ年計画 2017.7

事業承継5ヶ年計画の概要

今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とし、以下の観点から、支援体制、支援施策を抜本的に強化してくとしています。

  1. 経営者の「気付き」の提供地域毎に、それぞれの支援機関がつながる事業承継プラットフォームを立ち上げ、事業承継診断等によるプッシュ型の支援を行い、事業承継ニーズを掘り起こします。
  2. 後継者が継ぎたくなるような環境を整備資金繰り・採算管理等の早期段階からの経営改善の取組を支援します。また、早期承継のインセンティブを強化し、後継者や経営者による経営の合理化やビジネスモデルの転換など成長への挑戦を支援します。
  3. 後継者マッチング支援の強化事業引継ぎ支援センターの体制強化や、民間企業との連携により、小規模M&Aマーケットを整備します。
  4. 事業からの退出や事業統合等をしやすい環境の整備サプライチェーンや地域における事業承継、事業再編・統合を促進し、中小企業の経営力強化を後押しします。
  5. 経営人材の活用次期経営者候補やアドバイザーとして、経営スキルの高い外部人材を活用しやすい環境を整備します。

事業承継に向けた集中的な取組に関する工程表は以下のとおりです。

スクリーンショット 2017-07-09 17.30.17.png

出所:中小企業庁 事業承継5ヶ年計画 2017.7

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する