ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

北米の2016年のクラウドとマルチテナントデータセンターの比率は32%超、2020年には42%超を見込む

»

米調査会社の451 Researchは2017年4月27日、北米におけるクラウド、マルチテナントデータセンタ、およびオンプレミスシステムの利用状況関する調査を発表しました。

Featured Data: One-third of total datacenter space in North America is off-premises

451 Researchによると、2016年の利用状況は、クラウドが13.7%、マルチテナントデータセンターが19.5%、そして、オンプレミスシステムが66.8%となっています。

2017_04_26_COTW_02.png

出所: 451 Research 2017.4.27

今後も、クラウドとマルチテナントデータセンターの市場成長が予測され、2020年にはオンプレミスシステムが66.8%から57.5%まで減少すると予測しています。特に、クラウドの成成長率が高く2020年には21.7%までになり、マルチテナントデータセンターを上回る利用状況になると予測しています。

マルチテナントデータセンターでは、Digital Realty Trust が14%と最も利用が多く、Equinixの5.4%などを大きく上回っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する