ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

日本の人工知能ビジネス市場規模は2016年度2,220億円、21年度には5,610億円に 〜米、独と比べて遅れが顕著に

»

調査会社のMM総研は2017年4月25日、「人工知能技術のビジネス活用概況(日米独の法人比較)」を公表しました。

本調査によると、日本企業が人工知能技術をビジネスに導入している割合は1.8%で、ドイツの4.9%、米国の13.3%となっており、日本の出遅れ目立っています。

日本市場の業種別導入率では、金融業7.8%、情報通信業6.9%とこの二業種が先行して導入しており、製造業2.5%、運輸業1.7%、医療・介護分野1.0%と続いています。

1aea5dc2b5f4e841e70a9a0753bd143a.jpg

出展:人工知能技術のビジネス活用概況 2017.4.25

日本の2016年度の人工知能ビジネス市場は2,220億円で、年率20.4%で成長し2021年度には5,610億円を見込んでいます。市場区分は導入期で、2017、18年度に実証実験や導入が積極的に行われ市場は拡大し、2019年度にはそこで見えた運用・技術両面での問題が明確となり、市場は一度縮小する見込みと予測しています。

ちなみに、ドイツ市場は2016年度3,260億円から年率10.3%で成長し、2021年度5,330億円を見込んでいます。アメリカ市場は2016年度3兆9,340億円で、年率14.9%で成長し、2021年度には7兆8,360億円に成長する見込みです。三ヶ国の中では、日本がもっとも高い成長率となっています。

773a5b4eb11953b6a15c4ee10862cbf5.jpg

出展:人工知能技術のビジネス活用概況 2017.4.25

人工知能に投資している企業のなかで、マネジメント層が人工知能技術やサービスを詳しく知っている割合を三ヶ国で比較すると、日本7.7%、ドイツ30.9%、アメリカ49.8%だった。日本では9割以上の導入企業でマネジメント層が技術を理解しないまま人工知能に投資している状況が浮き彫りとなっています。

acfa4ff5631b367cd9590505523b2b17.jpg

出展:人工知能技術のビジネス活用概況 2017.4.25

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する