ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界のパブリッククラウド市場は2015年は700億ドルに。鍵は、産業別のプラットフォームと強固なパートナーシップ

»

調査会社のIDCは2015年7月21日、世界のパブリッククラウド市場は2015年に700億ドル近くに達するという調査結果を発表しました。

Public Cloud Computing to Reach Nearly $70 billion in 2015 Worldwide, According to IDC

今回の対象となっているカテゴリは、SaaS,PaaS、IaaSです。

IDCでは、これらの成長の背景に5つのポイントをあげています。(英語に訳して紹介します。英語訳には自信がありません)

IDC predicts that the public cloud computing will reach almost $70 billion in 2015 worldwide, with the top 5 verticals (discrete manufacturing, banking, professional services, process manufacturing, and retail) accounting for approximately

45% of the total spend for the market. 世界のパブリッククラウド市場は2015年に700億ドル近くに達し、垂直型の 製造、銀行、プロフェッショナルサービス、小売などの分野が市場の45%を占める。

The major opportunities for cloud within verticals come from the development of intelligent industry solutions, which are built on top of a new platform that includes cloud as well as big data and analytics, mobile, and social.

これらの分野が伸びている背景には、ビッグデータやアナリティクス、モバイル、ソーシャルなどを含む新たなプラットフォームによるインテリジェンス産業の環境整備がある

Those IT suppliers that showcase the long-term benefits and the true value of the cloud as a platform in a given vertical (e.g., efficiency gains in business processes and improvement in customer acquisition/customer experience) will be most successful.

IT事業者は、クラウドサービスをプラットフォームとして提供することで、中長期的な利益を獲得し、ビジネスを成功に導く

The ease of purchasing cloud-based solutions has helped transfer buying power from IT to functional lines of business like marketing, finance, and operations.

クラウド型サービスを簡単に利用できるようになったことで、マーケティンや金融などにおいて利用機会が増えている

Security and regulatory remains the biggest barrier for cloud adoption across industries like government and financial services, while loss of perceived control over IT assets and massive legacy systems are also stumbling blocks for using cloud.

クラウドサービスの利用にあたっては、公共機関や金融機関を中心に、懸念が残っている IDCでは、IT事業者およびユーザ企業は、クラウドによるビジネストランスフォーメションを理解し、産業別ソリューションとクラウド採用の障壁を考えることが重要である としています。

クラウドは、イノベーションステージの段階にきており、クラウド上で新しいソリューションや、新たな価値創造が生まれていくだろうとし、今後は、より産業に特化したクラウドサービスプラットフォームやマーケットプレイスが、求められていくだろう。 としています。

また、新たな商機を獲得するために、パートナーとの強い関係を構築する必要性も指摘しています。 今後、クラウドはさらに成長を続けていくものの、競争環境は厳しい環境にあり、競争に生き残りをかけていくには、産業別の展開や、強固なパートナーとの連携が益々重要となっていくでしょう。

sea-84629_640.jpg

Comment(1)

コメント

中村 智明

弊社では、産業ソリューション(industry solution)をその意味するところから産業特化型ソリューションと呼んでおります。ご参考まで。

コメントを投稿する