ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

政府が推進する「アントレ×IT」パッケージ(案)について

»

IT総合戦略本部は2014年5月9日、「第5回 新産業分科会」を開催し、「アントレ×IT」パッケージ(案)を公表しました。

本パッケージコンセプトとしては、クラウドコンピューティングに代表されるIT(デジタル化)の普及や、オープン化やクラウドソーシングにより誰でもビジネスへの参加が可能となり、国民がアントレプレナーシップ(起業家精神)を発揮できる社会を構築し、新事業者やサービスの創出、グローバル市場への展開などを目指しています。

image
出所:IT総合戦略本部 第5回新産業分科会「アントレ×IT」パッケージ(案)2014.5.9

「アントレ×IT」パッケージの全体像(案)では、以下の5つの施策をベンチャー支援策と連携しつつ取り組みを行うとしています。

 ①IT活用による起業家・社会参加活動の推進
 ②データを活用した新ビジネス・ソリューションに向けたアイデアの創出促進
 ③データ活用ビジネス推進の基盤となるデータ利活用体制の整備
 ④ITベンチャー創出・育成に向けた取り組み(出口)
 ⑤創造的IT人材育成に向けた取り組み(入口)<人材育成分科会>

image
出所:IT総合戦略本部 第5回新産業分科会「アントレ×IT」パッケージ(案)2014.5.9

今後の政府の方針としては、本年8月までに事務局案を発表し、総務省、経産省等と連携しつつ検討を進めてKPIを設定し、本年12月末までに確定し、IT総合戦略本部にて決定を行うとしています。

本会議にて、経済産業省が示した「ITベンチャーの起業促進に向けた経済産業省の検討状況」では、ベンチャー政策の全体像を示しており、スタートアップアクセラレータやベンチャーの再挑戦を可能とする環境、ベンチャーを支援する人的ネットワーク、ビジネスサポートなどが不足している中、少額の出資、人物本位での投資判断、再挑戦の促進など、それぞれの特徴を踏まえた支援策の必要性を示しています。

image
出所:IT総合戦略本部 第5回新産業分科会 ITベンチャーの起業促進に向けた経済産業省の検討状況 2014.5.9

経産省では、産学官連携の「ITスタートアップ大学協議会」(仮称)の創設や、スタートアップアクセラレータの育成、政府によるITベンチャーからの調達拡大、アイディアソン、ハッカソンの取組促進 、データプラットフォーマーの構築などの取り組み施策を示しています。

image
出所:IT総合戦略本部 第5回新産業分科会 ITベンチャーの起業促進に向けた経済産業省の検討状況 2014.5.9

政府では、「ベンチャー創造の好循環」を形成し、世界で勝てるベンチャーを創出やビジネスイノベーションの推進やサービス産業等、既存産業の生産性向上を目指して、日本経済全体でのベンチャー創造や大胆な制度改革、人材:挑戦するベンチャーを支える意識改革・起業家支援などの方向性を示しています。

image
出所:IT総合戦略本部 第5回新産業分科会 ITベンチャーの起業促進に向けた経済産業省の検討状況 2014.5.9

 

Comment(1)

コメント

コメントを投稿する