ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2050年には日本の総人口は3,000万人も減少、高齢化そして極めて急激な人口減少社会を迎える日本

»

この資料を見て、改めて、これからの日本は極めて深刻な問題と直接向い合っていかなければならないとうことを感じました。

国交省の国土審議会長期展望委員会が2011年2月21日、「国土の長期展望」を公表しました。日本の総人口は、2004年をピークに、今後100年間で100年前(明治時代後半)の水準に戻っていく可能性があり、この変化は千年単位でみても類を見ない、極めて急激な減少であると指摘しています。

image

日本の総人口は20150年には、約25%の3,300万人減少し、9,515万人となります。そして、高齢化率は20%から40%へと上梓します。生産年齢人口は、8,442万人(66.1%)から4,930万人(51.8%)となります。

image

深刻なのは、地方です。人口が半分以下になる地点が全国の6割以上を占め、東京圏や名古屋圏など三大都市圏に人口が集中する一方、少子化で人口6,000~1万人以下の市町村の人口が激減すると予想しています。

image

もし、このままの予測のまま、人口が減少し、高齢化が進み、そして生産人口が減れば、日本の国力は明らかに低下し、財政破綻など様々な問題が生じ、日本の未来はありません。

少子化対策はもちろんなのですが、これからの未来の日本に政府や企業、そして私たちは何をしていかなければならないのでしょうか。私自身はこの深刻な課題に対し、ICTというツールではありますが、何か寄与できるのか、様々な視点から時間をかけて整理をしていきたいと考えています。

masayukihayashiをフォローしましょう

Comment(2)

コメント

岩佐主税

それは単に杞憂に終わる。
∵2050年の頃には既にES細胞、IPS細胞の技術が完成し、一般人にまで普及しているからだ。
この技術さえ有れば、肉体及び脳の若返りが可能であり、高齢者0社会が訪れる。
正論、反論求む!!

palecube

あくまでも若返り医療は超高額所得者にのみ施される。庶民は皮膚や関節部の軟骨組織、膵臓や肝臓の一部などの美容目的、欠陥臓器・組織の部分的再生のみである。医療技術の高度化に付随して特殊医療費もうなぎ上り、老齢人口の爆発的増加と若年層の薄さから、保険適用がこれらに対しては困難で、東南アジアを中心とした国外医療機関で比較的安価な再生
医療サービスとして中流層を中心に数か月程度の中期滞在ツアーとステイが大きな市場に
なっている。
低所得者層は地方で第一次産業に従事する者は健康度が高く、高齢でも労働に従事するが
都市圏での非労働低所得高齢者層はこれらのサービスから遠く、高齢化の進んだ町々で
犯罪・孤独死が横行するスラム化が進んでいる。都市再生の為に改正された借地借家法で
かつてのように法の庇護が弱くなった賃貸人は古い貸家を追われるケースが多くなり、
難民の様になって社会問題化している。 一方で、健康な高齢者で一人世帯になったものや
子供・孫の関わりが薄いものを中心に、一次産業の労働者として、都市圏から地方への
Iターン現象も目立つようになってきている。

コメントを投稿する