ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

マイクロソフトのスティーブ・バルマー氏の講演を聴きました

»

11月5日、都内で開催された開発者向けの「Microsoft Developer Forum 2008」に参加してきました。

マイクロソフトのスティーブ・バルマー氏が来日され、マイクロソフトのクラウドを中心とした戦略を興味深く聞かせていただきました。 

やはり、バルマー氏は、プレゼンテーションは非常にうまく、会場のスペースを有効に使いながら、観衆を惹きつけていました。

Nec_0278_2







マイクロソフトのビジョンは、従来のソフトウエアのノウハウを武器に、インターネットのパワー、つまり、「ソフトウエア+サービス」ということをコンセプトを全面的に打ち出し、ユーザエクスペリエンスを高め、ソーシャルなコンピューティングの環境を作り出していくという考え方です。 

Nec_0282_1

 




「ソフトウエア+サービス」は、サーバ、PC、様々なデバイス、そして、インターネット」がつながることによって、 形成されるとしています。

Nec_0283_1







ポイントとなるのは、クラウドプラットフォームです。バルマー氏は何度も「クラウド」という言葉を繰り返し、今後クラウド戦略を強力に推し進めていく意気込みを感じました。クラウドプラットフォームは既にニュースサイトでも取り上げられているように、Windows Azureのプラットフォーム上にマイクロソフト等のアプリケーションを動かすことができる点を強調していました。 

グーグルの「Google Apps Engine」やセールスフォースドットコムの「Force.com」等と同様のPaaS(Platform as a Service)的な位置づけになると考えられます。

Nec_0284_1







また、IDやコミュニケーションプレゼンス等、アプリケーションにソーシャル機能を具備する「Live Service」も紹介していました。

Nec_0285_1

 




マイクロソフトが他社と優れていると思われる点は、「ソフトウエア+サービス」という考え方にもあるように、オンプレミス型のアプリケーションプラットフォームとクラウド側のAzureサービスプラットフォームとを相互に補完し、整合性を図りながらクラウドサービスを利用していくことの重要性を強調していました。

Nec_0286_1

 




今回は、開発者向けのイベントのため、開発の一貫性についても強調をされていました。

Nec_0287_1

 




クラウドはもちろんパソコンからだけでなく、スマートフォン等の様々なデバイスからアクセスできるようになり、リッチなユーザエクスペリエンスを提供していくとしています。

Nec_0288_1

 




といことでバルマー氏の講演はここで終わりです。やはりバルマー氏の話を間近で聞くと迫力があります。

その後、「Microsoft Developer Forum 2008」ということで、マイクロソフトのプラットフォーム戦略、開発について、そしてマイクロソフトに期待すること等が、会場から様々な質問が出されました。 

Nec_0291_1

 




開発者からの質問が多かったのは、マイクロソフトへの質問や要望だけでなく、開発者としてのモチベーションをどのように高めていくかという質問も出ており、興味深く聞かせていただきました。

Nec_0292_1

 




本会合終了後に、親睦会にも参加してきました。親睦会終了後は、参加したITmediaオルタナティブ・ブログのブロガーのメンバー3名で楽しい時間を過ごさせていただきました。

ということで大変有意義な1日を過ごせたと思います。今回、議事進行をされた大野さん、どうも大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

Comment(2)

コメント

昨日はありがとうございます&詳細レポートに感謝します。
私自身は発言機会がほとんどなかったのですが(あくまでフォロー役だったので)、そこに至るまでは、なかなか大変だったのでした。
ちなみに、すでに各メディアで取り上げていただいてますが、後日 webcast(動画)でも配信する予定です。

mohnoさん
コメントどうもありがとうございます。
マネジメントがしっかりされていたので、かなり入念に準備されていたのだと感じました。
大変楽しく充実したイベントを開催していただきどうもありがとうございました。
webcast(動画)でもまた確認してみたいと思います。

コメントを投稿する