ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

アップルやグーグルに日本企業は何故勝てないのか?

»

日本の日経平均株価が下落の一途をたどり、日本市場に対して海外メディアはネガティブな記事を相次いで掲載し、外国人投資家の日本市場に対しての失望感も漂っています。

 

海外パソコンメーカ上陸のインパクト

一方、海外のパソコンメーカ等の日本上陸の動きが活発です。アップルは116日(米国時間115日)に「MacBook Air」の発売を発表し、日本のユーザも非常に関心を示しています。そして今月25日には、台湾メーカのASUSTeK Computerが、ゼロスピンドルA5モバイルノートPCEee PC 4G-X」を49,800円前後で発売されますが、日本のパソコン市場の価格破壊等の影響も大きいでのではないかと考えられます。

 

日本の携帯市場は鎖国から開国を迫られる!?

携帯市場においてはどうでしょうか?NTTドコモやソフトバンクモバイルはiPhoneとの提携交渉も進めています。どちらが提携するにしてもiPhoneの日本上陸は、日本の携帯市場の勢力図も大きく塗り替えられる可能性も考えられます。そしてグーグルのGoogle Androidの登場や通信サービスのID共通化等により、端末のオープン化が進み、日本の携帯市場の垂直統合から、水平分散型のビジネスモデル転換を余儀なくされることになるでしょう。

 

googleは既になくてはならない存在

グーグルが提供する検索エンジンやiGoogle、そしてGmailYouTubeは、私たちがインターネットを利用する上でなくてはならない存在になってきています。さらに米グーグルは1月17日に、今後510年間の5つの社会貢献活動分野を発表し、2500万ドル以上の助成金提供などを計画し、インターネット分野だけでなく、環境分野やフィランソロフィーにも力を入れてきています。

 
世界の技術のイニシアティブもソニーからアップルに変わり、日本の検索エンジンは、グーグルとヤフーの2強や中国の百度等に歯が立たず苦戦を強いられています。現在、経済産業省主導で情報大航海プロジェクトを推進しており、日本発のウェブ国産技術に期待が寄せられています。

 

では、日本企業は何故、アップルやグーグルのような勢いがないのでしょうか?

 

日本の技術改革遅れの背景

日経新聞の119日の9面に「「ニッポン」失望のワケ ~改革遅れの背景分析」の中では、ニューズウィーク誌の記事を紹介し、アップルやグーグルのように飛躍的な成長を遂げられないのは、

  1. 年功序列のため、IT(情報技術)の知識の薄い層が管理職となっている
  2. 大学との技術交流がない

と分析しています。

特に一般的な大企業においては、年功序列の比率が高いだけでなく、ビジネスを推進していくにあたって、特にボトムアップの場合は多くのプロセスを踏んでいく必要があるため、気付いたときにはベンチャー企業に先を越されているというのも多々あるのは否めません。

 

消費者向けサービスを生み出すパワーに欠けている

佐々木 俊尚 ()の「ウェブ国産力 日の丸ITが世界を制す 」の中では、閉ざされた日本の要素技術の問題点をあげ、“要素技術の研究が大企業主導型になってしまい、その結果、要素技術が消費者向けのサービスに結びつかない構造にできあがってしまっている”と指摘しています。

 
現在、Web2.0の潮流にのった“mixi”や“モバゲータウン”等に代表されるSNSや、“はてな”に代表されるソーシャルブックマーク、QAサイトの“オウケイウェブ”、そして“ニコニコ動画”等の動画投稿共有サイト等多くの消費者向けのサービスは、(多くの顧客基盤を持っていた大手企業から)ベンチャー企業が提供するサービスにシフトしてきているのが現状なのではないでしょうか。

 

日本企業はこれからも勝てないのか?

同じく佐々木 俊尚 ()の「ウェブ国産力 日の丸ITが世界を制す」の中では、大企業の持っている世界に誇る要素技術と若いベンチャーを結びつけることの重要性を述べています。要素技術とベンチャー企業のフロンティア精神を融合させれば、まだまだ世界でも通用するサービスを提供することも不可能ではないでしょう。

 

まとめ

現状、日本はICT国際競争力において遅れが目立っています。大田経済財政担当相は1月18日、衆参両院の本会議で経済演説を行い、「もはや日本は『経済は一流』と呼ばれる状況ではなくなった」と、日本の国際的立場の地盤沈下に強い危機感を表明しています。


中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)は1月17日、2007年12月末時点で中国のネット人口は億人を突破したと発表しています。中国は年内にも米国を追い抜く勢いでアジアにおいての日本の存在感も薄まってきています。


日本は今、世界にも負けない日本国産のIT技術そしてウェブ技術とサービスの展開を真剣に考え、そして再度世界への挑戦者の立場としての気持ちを持って対応していかなければならない時代にきていると言えるでしょう。


Comment(7)

コメント

縁起空

大変参考になりました.
ただ,「狭義の経済システム,インフラ」の視点から見れば確かにそうだと思いますが,より深い意味を探索してみると,未熟でしかない資本主義経済システムに兎に角感染せよと主張しているように感じられます.
「国産IT]などという「トロン」同様の愚かなキーワード自体が既に時代錯誤であり,現実の世界経済体制が有する本質と,日本,いや日本人の進むべき道を指し示す内容にはなっていないと思われます.
問題なのは,恐らく世界的に貴重であり,かつ今後必要不可欠とされるであろう日本人固有の遺伝子的特質・特長をどう世界貢献に結びつけるか,その様な視点での社会的活動が先ず起こるべきではないかと感じております.認識不足と思われるのは,資本主義の本質は,帝国主義,植民地主義,独裁志向,民族浄化志向等といった歴史的にも世界的にも大きな問題であった人類の暗部と決別できていない経済体制なのです.「経済」は人間活動のあらゆる側面と密接に結びついていることが何故か無視され,あるいは忘れられています.その様な迷妄の渦中に嵌ったまま彼是分析・批判してみても,真の解は得られないことを納得した上で議論すべきであろうと思う次第です.

ほげお

久しぶりに記事の内容に感動しました。
このようなどこかで聞いてきた受け売りの記事でお金をもらっている日本の会社の構造に問題があると思います。
ふつうなら、こんな小学生の作文にお金を払わんでしょ。
まったく内容がなく、切り込んでない。
こういう人にお金を払うのをやめることが、日本の進展の第一歩でしょう。
アメリカや中国がすばらしいと賛美したいということであれば、どうぞアメリカか、中国にいってくれませんか?

なにがし

E-Japanは、やはり第二のシグマ・・・

pen2

やはり米国との一番の違いは法律の違いです。
日本の法律は時代遅れ過ぎて、ウェブベースの企業の足かせになっています。日本に検索エンジンサーバを置く事すら出来ないのですから。

阿部 徹

英語で考え
英語で行動しないと
世界に出て行けないのでは!?と
最近、考えています。

日本の人口が減るのですから
世界に向けた提案活動をしていかないと
日本の価値が薄れてきます。

最終的には
日本国人がどのように思うかです。

価値が無くても
日本を大切にするか?
再度、国民の意識を集中し
世界の日本を目指すか!?

国を挙げた『産学官連携』が必要と思います。

以上

mohno

> 日本に検索エンジンサーバを置く事すら出来ない
excite のキャッシュサーバーは日本にありますよ。

縁起空さん
コメントどうもありがとうございます。
”経済”の問題点にフォーカスされていて大変参考になりました。日本は経済でうまくいっているときはいいのですが、島国であるために、うまくいかないときは、世界が見えず、対処方法が適切でないときも多々見られます。私自身は危機感を感じているところです。

ほげおさん
コメントどうもありがとうございます。
日本の会社構造の根深い問題があると思っています。
特に中国においては、欧米の企業と比較して日本の企業全く人気がないのが現状です。世界の人が日本の企業で働きたいと思うようなグローバルスタンダードの企業文化を作っていくことが必要な時期にきているのかもしれませんね。

pen2さん
コメントどうもありがとうございます。
確かに法律の遅れで、著作権の関係で国内にサーバが置けないというのは、時代の趨勢から見て大きな問題点だと思います。検索結果が著作権違反と多くの人が感じていないのであれば、人にとってメリットのある方向性に改正していくべきだと思います。

阿部さん
コメントどうもありがとうございます。
確かに英語力のなさが今後さらに大きなネックになっていくと思います。ウェブ上では中国語の比率が高まり、多くは英語の記事です。日本語の記事はたかがしれており、英語で提言していかなければ多くの人に読んでいただくことは不可能であり、影響力が薄れてくると思っています。

コメントを投稿する