IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

Microsoftが目指す「脱」OSとは

»

いやあ、人間、長く生きているといろいろなことがあるものです。これには本当にびっくりしました。

Microsoft、LinuxベースのセキュアなIoTイニシアチブ「Azure Sphere」

セキュアCPU、OS、クラウドサービスを一体化したIoTソリューション、というのはもちろん大きなニュースですが、驚いたのはOSがLinuxベースだと言うことです。ARMチップ+Linux+クラウドなんて、GoogleかAmazonがやりそうなことではないですか。普通に考えれば、OSはWindowsでしょう。記事でもその点が強調されています。

Microsoftはかつて、IoTでもWindowsを推進していた。同社がカスタムLinuxカーネルを配布するのはこれが初

もっとも、ここ数年のMicrosoftしか知らない人は、それほど驚きではないのかも知れません。Microsoftが歴史的とも言える大転換をしたのは、4年ほど前のことです。

マイクロソフトがLinuxを「大好き」になった理由とは?

「相性の良くないもの」の代名詞とも言えたLinuxとWindowsの歴史的な和解(というか、Microsoftの一方的な心変わり)でした。CEOが変わっていなければ、こうはならなかったでしょうね。なにしろ前任のBalmer氏は「Linuxはガンだ」と言っていたのですから。

internet_mono_things.pngもはやOSは収益源では無い

Linuxの採用には驚きましたが、ここ数年、MicrosoftはこれまでのようなOSを中心としたビジネスモデルからの脱却を目指して着実に手を打っています。それが「Windows as a Service」です。

「Windows 10」が"最後のWindows"ってどういう意味?

調べてみると、この話題でブログを書いている人が居ました。

脱OSに向かうMicrosoftのOSは、次のGoogleやAppleに向かうはずが・・・

2年前にこの状況を見通していますね。凄いです。

マイクロソフト自身がOS本体からの収益より、OSをポータルとした収益モデルに移行し始めたことを意味する。簡単にいえばOSなど100円でも0円でも実は構わない状態に向けて準備を始めたのだ

「何が何でもWindows」から「できればWindowsも」へ

結局、選択肢が増え、技術もフラット化している現代において、プロプライエタリな環境へのロックインはもはや機能しない、ということでしょう。これはiPhoneが勢いを増してきた10年ほど前から起こっていたことで、Microsoftもいろいろと手を打ってきたわけですが、根本的に会社を変えるためにはCEOが交代するしか無かったわけです。Balmer氏の英断といえましょう。

Microsoftは、Windowsをメインとしながらも、幅広い技術をサポートするソリューションを提供し、そこから収益を得るモデルを確立しつつあります。その中で、「Windowsを選んでもらえれば幸せですが、Linuxも他のOSも、分け隔て無くサポートしますよ。なんなら、うちから提供しましょうか?」という姿勢に転じたのでしょう。

この状況で、未だにプロプライエタリな環境を維持しようとしているように見えるのがOracleなんですが、大丈夫でしょうか。。ラリー・エリソンもそろそろ引退した方が良くはないのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IT_logo.png

次期「ITソリューション塾・第28期」は、いよいよ5月17日(木)よりスタートです!

■デジタル・トランスフォーメーションを軸に講義を展開

デジタル・トランスフォーメーションをキーワードに、鍵を握るテクノロジーは何か、これからのビジネスがどのように代わるのか、それにどのように向きあえばいいのかを、分かりやすく丁寧に解説してゆくつもりです。また、100年人生の時代を迎え、この業界でどのように働き、自分の価値を高めてゆけばいいのかについても、考えてゆこうと思います。

■オンラインでも参加可能

第28期からは、参加登録された方はオンラインでも受講頂けるようになります。出張中、あるいは打ち合わせが長引いて間に合わないなどの場合でも大丈夫です。PCやスマホからライブ動画でご参加頂けます。

■ビジネスの現場でそのまま使える教材をロイヤリティフリーにて提供
SI事業者/ITベンダーの皆さんには、これからのビジネス戦略やお客様への魅力的な提案を考える材料を提供します。
情報システム部門の皆さんには、自分たちのこれからの役割やどのようなスキルを磨いてゆく必要があるのかを考えるきっかけをご提供します。

講義で使用する500ページを超える最新のプレゼンテーションは、オリジナルのままロイヤリティ・フリーで提供させて頂きます。お客様への提案、社内の企画資料、イベントでの解説資料、勉強会や研修の教材として、どうぞ自由に活用してください。

第27期に使用している講義資料(一部)については、こちらからご覧頂けます。第28期はさらに内容をブラッシュアップして、ご提供するつもりです。

古い常識をそのままにお客様の良き相談相手にはなれません。
「知っているつもりの知識」から「実践で使える知識」に変えてゆく。そんなお手伝いをしたいと思います。

日程 2018年5月17日(木)~7月25日(水) 18:30~20:30
回数 全11回
定員 80名
会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
料金 ¥90,000- (税込み¥97,200) 全期間の参加費と資料・教材を含む

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する