日頃考えていることをぽちぽち書きます。

iPhone XSのeSIMをGigSkyで試した

»

iOS 12.1からiPhone XS等のeSIMを使えるようになりましたが、まだ対応キャリアは少ないです。日本国内で使う必要はありませんが、海外に出た時に使えたら便利です。以前海外出張した時は、現地のプリペイドSIMに入れ替えていました。iPhoneに対応しているキャリアだったので、プロファイルの設定は不要でしたが、SIMの入れ替えは面倒です。

すると、ちょうど先週にGigSkyが対応したので、確認してみました。GigSkyは、今までのiPadのApple SIMにもサービス提供していた、グローバル対応のサービスプロバイダです。それぞれの地域のキャリアと契約するよりは高いですが、一社の契約で多数の国で使えるのが特徴。

導入はとても簡単でした。専用アプリをiPhoneに入れ、ユーザー登録し、プランを選び、Apple Payで購入、モバイル通信プランのインストール、設定を行うだけ。10分もかかりません。僕は1日300MB ¥1,200のプランを入れました。当然ながら、国内の通信の代わりになる価格ではありません。今回は、GigSkyのサービス開始連絡通知と一緒に送られてきたクーポンを使っています。

動き出すと、コントロールセンターが次のような表示になります。

普段の画面では、電波強度は2段表示。このキャプチャはWi-Fiも接続している時ですが、Wi-Fiがない時はLTEと表示されていました。SoftBank回線に比較すると少し遅い感じ。日本の3キャリアのどこからか回線は借りているのでしょうから、他MVNOのように帯域等の制限を受けているのだと思います。

さて、これでいつでも海外に行けるようになりましたが、行く予定が無い最大の問題は残ったままです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する