技術で勝って、商売で負けていませんか?

文章を書く(作る)ことの恩恵とは?

»

writing.jpg私は出来るだけ毎日、当該ブログに文章を投稿しようと思っています。

理由は、ほんの数日ブログへの投稿をせずに間が空いてしまうと、文章の品質に影響が出るからです。

具体的には、文章が全体的に堅くなり過ぎてしまいます。
なぜなら、久しぶりに書く文章となると、感覚が鈍り、しっかりした文章を書かないといけない、という力みばかりが生まれ、結果として出来上がる文章は読みにくいモノとなってしまうのです。
文体もそうですが、端的に現れるのは文章の出だしかもしれません。

間が空き過ぎて久しぶりに文章を書くと、出だしの入り方だけでも考え込んでしまって、結果として力みのある不自然な出だし、言い換えれば読みづらいモノになってしまうということです。

言い換えれば、不自然でなく読みやすい文章を書くコツは、話している様にさらさら書く、が当てはまるかもしれません。

そして何より論理的(ロジカル)に書かないといけないと思っています。
読んで人にとって読みやすく、なるほどと理解してもらえる文章です。
難しい言葉を並べて難しい表現で書いて読みにくい文章は、私的にはあまり高評価を与えることはできません。

難しい言葉や表現を知っている頭脳明晰な優秀な人であればあるほど、読みやすい文章を作るべきだと思っています。

そして最後に、文章を書く(作る)ことの恩恵(効能)は、何より話す力量を向上させてくれることだと考えています。

書く力量と話す力量は、表裏一体で相関関係にあると思っているからです。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する