技術で勝って、商売で負けていませんか?

提案力を磨くということ

»

proposal.jpgお客さまは常に御社の営業担当からの提案を待っている、という考え方が出来れば気が楽になるのではないでしょうか?

なぜなら、よく聞く話として固定客をルートセールスで順番に回ることは得意なのだが、新しいお客さまを開拓して新規訪問をすることが苦手だ、という意見があるからです。

さらに付け加えれば、その際に大切なことは、自社の商品やサービスを売り込まない、というスタンスです。

あくまで、お客さまにとってメリットのある提案をしたい、という姿勢を取るべきなのです。

そうすることによって、機が熟した頃にあなたのことを思い出してくれて、相談を持ち掛けてくれるのです。

自社のことを売り込む態度からは、何の成果も生まれないはずです。
なぜなら聞いているお客さまは、そういうスタイルの営業トークが始まった瞬間から、外見的には聞いてくれているようでも内心ではどうやって断ろうか、という思案をし始めるからです。

いずれにしても、もしどうしても売込みたいのなら、自社の商品やサービスではなく自分自身のことを売り込むべきだと考えます。




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する