あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

秒単位の頭の回転で優秀さを判定する習慣やめませんか?あるいは採用面接で見えることと見えないこと

»

いま、新卒採用の最終面接に結構時間を割いている。
未来の同僚を選ぶわけだから、最大級に重要な仕事だ。
面接をやる時期は、普段に増して「僕らにとって頭の良い人材とは?」「それをどうやって見極めるか?」を考える。
一番悩ましいのは、「面接の場で軽妙にやり取りできる人は頭が良いのか?」ということ。

なぜなら、面接というのは制限時間が実質3秒くらいしかないキャッチボールだからだ。
そして僕は「持ち時間によって、頭の良さの質が変わる」と思っている。


【持ち時間1秒】
サッカーを見ていると、頭が良い選手とそうでもない選手、が存在する。別に試合後のインタビューで気の利いたことを言うとか、そういう話ではなく、プレーに表れる知性の話をしている。
「そのタイミングでそこにパスを出すか」
「とっさにこちらの方向にダッシュしたからうまく守備できた」
みたいな感じ。
この時にサッカー選手に与えられる「思考の持ち時間」は0.2秒とか、せいぜい1秒だ。熟考するのではなく、とっさに最適な行動を選択する知性。


【持ち時間1分】
1:1の会話とか、少人数の議論での持ち時間は、3秒から長くて1分くらいだろうか。
それ以上考え込んでいると、1:1ならば「会話が成立していない」「相手がお客さんや上司なら失礼」という状態だろう。数人でのミーティングでも、考え込んでいると話題は移り変わってしまう。
だから、数秒から1分以内で気の利いたことを言わないと、場に貢献できない。


【持ち時間1時間】
課長さん部長さんくらいになると、思考の持ち時間は1時間くらいはあるかも知れない。何かを決裁したり、企画を練ったり、部下の指導方法に悩んだりする様な場面だ。
毎回1時間考える贅沢はないと思うが、重要テーマであればそれくらいは許される。
プロジェクトが大きな岐路に立たされているような時は、1ヶ月位悩んだ末に決断することもある。
(僕も今、1ヶ月以内に意思決定すべき重要テーマを持っている)


【持ち時間1年以上】
経営者は、日々かなりの数の意思決定をしている。ほとんどのものは即決するのだが、部長と一緒に1ヶ月悩む場合もあるでしょう。

そして、ロジカルには決められない、本当に大事な経営判断は時に年単位で考えることもある。
例えば僕の場合、
「会社をどれくらいのペースで成長させるか?」
「人事評価体系をどう改良すべきか?」
「どういうお仕事をやり、どういうお仕事はお断りするべきか?」
みたいなテーマは何年も抱えながら、ずーっと考えている。
そしてその時々の暫定的な結論にもとづいて、日々判断を下す。
もちろん、本を書く時は数年に渡って考えてきたことを、半年くらいかけてアウトプットする。だからかなり長めの持ち時間での思考力が試される。



さてここまで、「一口に判断力、思考力と言っても、与えられる持ち時間には随分と幅がある」という話をしてきた。
そして、人には得意不得意がある。例えば僕は、サッカー選手的な瞬間的な判断力には全く自信がない。ジムでエアロビに参加したことがあるのだが、コーチの指示に頭が追いつかないので、全く楽しくなかった。体が追いつかない訳じゃないので、運動効率も悪い。瞬間的な判断が苦手なのだ。

同様に、1時間1ヶ月単位の思考が得意で、難しい問題解決に冴えを見せるような人がいたとしても、面接だと持ち時間が短すぎて、持ち味を発揮できないかも知れない。面接での会話のキャッチボールというのは、明らかに「1分以内の短い持ち時間での頭の回転」を見極めることに適したフォーマットだから。

僕らコンサルタントというのは、「お客さんとの会話(持ち時間数秒)が上手に出来るか?」が一見大事に見えるが、それだけではタダの口先マンである。
結局信頼されるコンサルタントというのは、1日から1ヶ月くらいのスパンでしっかりものを考えられる人なのだ。だから、面接ではそういう意味での頭の良さを見極めたい。
突拍子もない話を質問し、即興の回答の面白さだけを見ても意味がない。

僕が心がけていることは2つある。

まず、その人がずっと抱えている様なテーマについて話を聞くこと。

もう一つは、あるテーマについて自分の頭でこの場で考えてもらうこと。

もちろん、分単位の持ち時間は差し上げる。
そして、その考えた結果について会話する。ここでもなるべく待つ。

そうして、僕との会話を通じて考えが深めていける人は、将来伸びる気がする(現時点の仮説だが)。
そういう人を採用したいと思っている。
なかなか見極めるのは難しいけどね。


さて、この話、採用面接に限らない。僕らは基本的に、短い会話の積み重ねを通じて他人の優秀さを判断する傾向がある。結果として1分未満の思考力を過剰に重視しているのではないか。

担当レベルであれば、何かテーマを担当してもらい、数日後に持ってきた「思考結果」の良し悪しが大事なはずだ。
管理職であれば、その能力は
・5年先10年先を見据えたビジョンの見識の高さ
・その人が年単位で取り組んでいる組織やプロジェクトの成果
などで判断すべきだ。

だが、実際には上司や経営陣との会話で気の利いたことを言えたか?で判断されてはいないだろうか?
僕自身もそういう傾向がないわけではないので、気をつけたい。

Comment(1)

コメント

大沢南

で、短時間頭脳力と長時間頭脳力の相関性のいい人材を求めると、高偏差値大学(受験という長期プロジェクトをクリアした)になるのだろうけど、大学で研究に没頭していると短時間頭脳力はとろえるので、面接ではチャラい頭脳に見劣りがする悩みがある

コメントを投稿する