あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

君はどっちタイプの社畜?あるいは資本と労働者の関係論

»

今日は、飛び石連休の中日。
さっき、こんなTweetをした。

今日休めば4連休なのに、会社行ってる社畜のみなさん、元気かね。
僕は会社休んでうきうきで近所の喫茶店来て、うきうきで仕事してるタイプの社畜だよ。

そしたら「うきうきお仕事する人はもはや社畜とは呼べないと思います(笑)」というレスが来た。
その方は自分も会社や仕事がちょっと好きで、そんな自分も社畜なのかしらん?と。



「社畜」という言葉は新しいけれども、2つの意味があると思う。
a)マジで会社にこき使われているタイプの社畜
b)会社や仕事が好きで、自発的に仕事を楽しんでいる人

僕は、a)にはほとんど興味がない。
自覚があるなら、さっさと逃げ出したほうがいい。能力的な問題でそれができないなら、諦めるしかない。
あまりに忙しくて、または世間知らずで、自覚症状すらないならば、ぜひ周りの人が忠告してあげたほうがいい。


一方、b)意味で使われている「社畜」という言葉には興味がある。
インターネット上で使われる社畜という言葉の、4割くらいはこっちなんじゃないかな?特に自虐的にいう場合。


そもそも、a)はともかく、b)をなぜ社畜と呼ぶのか?
それは、「家畜の究極形は、檻の扉が空いていても逃げ出さない家畜だ」という考え方があるからだ。
牛乳をくれたり、セーターの原料を提供してくれる上に、管理も不要。
最高に便利な存在が、b)のタイプの社畜。

>今のお仕事も結構好きなので、優先的に仕事に時間を割いてしまいます。
という人がいたら、それはb)のタイプの社畜です。
自発的社畜。



もちろん、僕もb)のタイプの社畜だ。
(というか、僕の場合は役職がバイスプレジデントなので、仕事内容は経営者なんだが、色々な事情で役員でもないし株も持ってないので、まあ社畜である)

さて、「b)のタイプの社畜であることは不幸なのか?」という命題は、結構哲学的な問いかも知れない。

マルクス主義的観点からすると、「資本家に飼いならされている社畜だが、それに気づく知性すらない」ということになる。
マズロー的な観点からすると、「仕事を通じていろんな欲求を満たしていて、大変ハッピーで理想的な仕事人生。しかも檻に入れて監視しなくても、自己管理ができる模範的社員」となる。


どちらも正しい。同じ現象を表から見るか、裏から見るかというだけの話だ。
僕は性格的な理由から、後者を採用している。
「社畜であることを自覚しつつ、明るく楽しく仕事している。人生において、働きがいがあるって幸せなことだから。」という立場。


今日、321社が参加した「働きがいのある会社ランキング」で、僕が社畜的に勤める会社(ケンブリッジ)が2位に選ばれました。
https://www.ctp.co.jp/company/gptw.html

ずいぶん前から、面白い調査だと関心を持っていたのだけども、忙しくて参加していなかった。今年初めて参加して、2位というのは、まずまずではないでしょうか。

これについては次回、ちゃんと記事を書こうと思います。

Comment(2)

コメント

kumarider

はじめまして、こんにちは。過去記事も楽しく拝見しております。

自分では非「a)」だと思い込んでいますが「b)」でもない、という「c)」(bの変形?)もあるのかな、と思ったりします。
仕事は好き嫌いとは関係なく熟すもの、熟す以上それなりの品質を確保するものと考えています。品質確保は会社としての体面もあるし個人のプライドもありますが。それなりの品質の仕事をすると、取引先・関係先の信頼が高まることで、次の仕事その次の仕事がやり易く(=効率的に)なるというメリットもありますから。
こう言う就業スタンスも「社畜」と言うのかはわかりません^^;

幸不幸に関しては…仕事についてそのようなことを考えたことがないので何とも言い難いですが。

kumariderさん、こんにちは。
コメントくださっているのは、「会社(資本)と労働者の関係」を超えて、「仕事とどう向き合うのか?」というテーマですね。
いい意味での職人は「会社とか関係なく、自分として最高の物を作る」という感覚を持っていますよね。

もちろん、僕もこういうマインドは強く持ってますが、社畜という自己認識よりも、職人肌の方が、健全でいられる気がしてきました。。
ありがとうございます。

コメントを投稿する