あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

2ch流出事件に思うこと、あるいは15年前に最低のクソ野郎だった話

»
匿名掲示板のはずの2chで、書き込みと名前が紐付けられる流出事故があり、「人生オワタ」と思っている人がたくさんいるらしい。
 
僕は2chの世界には疎いけれど、「あの人が、匿名の世界ではあんなことやこんなことを書き込みしていたとは・・」というのは、組み合わせによっては、おもしろおかしいニュースになるだろう。
暇な人がバリバリ調査しているだろうから、しばらくは戦々恐々でしょうね。
 
ただ、僕は今回のことについて、あんまり他人事とは思えない。「ざまみろ」とか「バーカ」とかは思えない。2chに書き込んだことはないが、15年程前に、手酷い失敗をしたことがあるからだ。
 
 
 
そのころ、僕はあるプロジェクトに2次請けのSEとして参加していた。結構いい仕事もしていて、お客さんである1次請けのSEさん達からも信頼してもらっていた。
そのプロジェクトでは簡易チャットツールみたいなものをみんなが使っていて、ちょっとした仕事の連絡とか、深夜の無駄話とかに便利に使っていた。
事故は客先の環境にも、チャットツールにも慣れた頃に起きた。
というよりも、僕が起こした。
 
 
一緒に常駐していた自分の会社のメンバー数人だけに送ったつもりのチャットを、「全員に送付」モードでツールを使っていた全員にばらまいてしまったのだ。
こともあろうに、
「あいつら、スキルないし、このシステムのこと全然分かってないから」
といった、お客さんメンバーを罵倒するような内容だった。
(きちんと覚えていないが、もう少し酷い内容だった気がする)
 
 
お客さん達は、絶対に気づいただろうが、スルーしてくれた。
少なくとも表面上は。
でも、僕は自分が本物のクソ人間であることを思い知り、戦慄した。
あれからずいぶん経つが、今でも想い出すと「うあああぁぁ」と声が出てしまう。
(さっきも書きながら出た)
 
 
大げさではなく、この事件は僕を変えた。
僕がはっきりと思い知ったのは、2つのことだ。
 
 
これからの人生においても、僕はこういう事件をちょくちょくやらかすだろう
 
 
だから、二度とこういう目に合わないためには、
「ウッカリ漏らさないように気をつける」ではダメで、
「こういう感情自体を持たない様にする」しかない
 
 
当時、僕は色々と鬱積していた。
少し仕事が出来るようになってきたが、会社からは疎んじられていたし、プロジェクトでも下請け仕事ばかりをやっていて、自分の能力を十分活かせない様に感じていた(2次請けとして参加しているのだから当然なのだが)。
 
そういう中で、自分の会社の人々も、お客さんも、尊敬できない状態で仕事を続けていた。プロジェクトで一緒に働いている人々、特にお客さんを馬鹿にするというのは、天に唾吐くようなことだ。
 
そんな状態で、長く仕事をするべきではない。もちろんお客さんに失礼だし、自分のためにもならない。
自分のネガティブな感情を押し殺すのではなく、そういう感情を持たなくて良いような働き方をしたい。
 
 
それから1年間、自分なりに心を入れ替え、本当にお客さんのため、プロジェクトのために力を尽くしたつもりだ。どんどんいい提案をして、自社だけでなく、プロジェクト全体の工数をずいぶん削減できた。そしてお客さんと約束した仕事をやりきってから、会社を辞めた。
 
辞めた理由は1つではないが、「お客さんと尊敬し合いながら、ガチで議論しながら仕事をしたい」というのは、大きな理由の1つだった。
 
 
今は一緒にプロジェクトをやっているお客さん達を好きだし、尊敬している。そう思えない人々とは仕事をしない事にしている。
本当にラッキーだと思うし、ありがたいことだ。
 
 
 
2chの流出事件のことを聞いて思ったのは、
「悪口や、悪口を言いたくなるようなネガティブな感情は、決して隠し通せない。いつかは表にでる。
15年前の僕の様な感情を味わいたくなかったら、いかに表に出さないか、ではなく、そもそも周りの人を尊敬・尊重しながら生きていくのが一番、手っ取り早い」
ということだ。
 
 
目指しさえすれば、それほど難しくない。
単なる気の持ちようだろうし。
 
 
 
【参考過去記事】
 
 
 
*************************************************************
「業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ」新刊情報
*************************************************************
週末に、最終ゲラチェックをした。最終なのに30個くらいNG箇所があって死ねた。
そして編集さんにバトンタッチし、ついに僕の手から離れた。
 
よく「本を作るのにどれくらい時間がかかるのですか?」と質問される。僕の場合、一番時間がかかるのが企画段階だ。目次案やターゲットを決める作業。それらが事前に一発で決まる訳ではないので、本文を書き散らしながら煮詰めていく。
たいてい最初の頃に書いた本文は後で捨てることになるが、それは企画を固めるための重要な捨て石である。
 
ようやく企画が固まれば、執筆自体はそれほどかからない。本業があるのでそれでも3,4ヶ月はかかるが、実際に書いている時間は20日間ほどだろうか。
 
そして、その後に延々と推敲する。編集さんに渡す前にも推敲するし、ゲラがあがってきてからも直す。今回は図表が多かったのでさらに直しが多かった。
 
そうして最終ゲラを入稿してしまえば、その後の印刷や製本はプロがガーッとやってくれるので速い。2,3週間だろうか。
配本は9/20。楽しみだ。
 
 
http://goo.gl/rKYHig
Comment(8)

コメント

ardbeg32

「そう思えない人々とは仕事をしない事にしている。」そう言えるような職場を構築されてきたのが一番すごいと思えます。
どうしても逃げられないような同僚、関係他部署の長、10人が10人とも「あの人はねぇ」というような全力で後ろ向きベクトルな仕事っぷりの人物を、尊敬尊重するってのは自分のほうがストレスで死にそうになります。
悪感情は自然とにじみ出るのはまったくその通りと思いますが、悪感情を切り離すというのは解決方法を見つけられそうもありません。

のりお

↑ やめればいいんじゃないですか? 尊敬できるような人しかいない環境を探すのは自分ですよ 人が用意してくれるわけじゃない

ardbeg32さん、のりおさん、こんにちは。

この記事の最後に
>目指しさえすれば、それほど難しくない。
と書いたのですが、これは半分しか本気ではありません。

周りの人を尊敬尊重できる、というのが言うほど簡単ではないと、僕も思っています。
確かにどうしても尊敬できない人がいる場合、辞めるのは1つの選択肢ですが、それくらいの事で辞めていたら、何かまとまった成果を成し遂げられません。その人以外の好きな人との関係も切れてしまうし。

それはちょっとさみしいと思います。
なので、
>そう思えない人々とは仕事をしない事にしている。
と言えるようにに、自分なりにかなり努力しているつもりです。

ではなぜ最後に「それほど難しくない」とか書いたのか。
それは、この話がまずは気の持ちようからスタートするからです。
気の持ちようは、特に条件が揃わなくても、始められる。
スタートすること自体は簡単。
でも構造的にhappyな環境を作るのはとても難しい。
そんな気持ちで書きました。

774

オイルショックが起こればトイレットペーパーが無くなると買いに走り、
原発事故が起これば放射能が怖いと沖縄まで逃げる愚かな人種の考えですね。

2chの流出事故は運営の体質が相当アレだったことも原因のひとつであり、
「そういうところに個人情報を預けない」リスク管理等の方が、
安易で感動的な教訓めいた何かよりも重要視されるべきでしょう。

日本人には(海外でもそうなのかもしれませんが)何かひとつミスが起こると、
それがどんなに発生確率の低いものであろうと「コストを度外視してでも絶対に撲滅すべき」と考える悪癖があり、それに似通ったものを感じずにはいられません。

「ネガティブな感情を持つのは仕方ないが、表に出さない(あるいは出しても絶対に問題にならない場所などを見極める)ようにする」ことこそが重要であり、ここで出されている、人間が持つ突発的な感情の昂ぶりを無視した綺麗事にはまるで同意できません。

774さん、コメントありがとうございます。

a)モレないようにマネジメントする
のと
b)そもそもネガティブな感情を持たないようにする
のと、
どっちが良いか、と言う話ですが、この記事は
「僕はb)の方が性にあっていた。他にもそういう人いるんでは?」
と思って書きました。

ゼロリスクを目指してb)にせよ、と言いたいわけではありません。
(bを目指してもゼロリスクにはならない)

どちらが現実的で効果が高い対処法なのかは、人によると思います。
上のコメントにも書きましたが、b)だってとても難しいです。
(もちろん、僕もいつも成功している訳ではありません)

b)は絶対無理だけど、a)なら出来る、という人もいることでしょう。
逆に僕のように、a)は無理だけどb)に向けて努力するのは苦にならない人もいる。
そういう話だと思います。

匿名

「悪口や、悪口を言いたくなるようなネガティブな感情は、決して隠し通せない。いつかは表にでる。
15年前の僕の様な感情を味わいたくなかったら、いかに表に出さないか、ではなく、そもそも周りの人を尊敬・尊重しながら生きていくのが一番、手っ取り早い」

一番、手っ取り早い。

なるほど、隠し通せてない。手っ取り早い。尊敬も尊重がどこにあるんだ?
アンタはより、俗才に長けたんだよ。それだけだ。

「クソ人間であることを思い知り、戦慄した。
いかにも自省らしく書いているが違うな。単に露呈して己の体面に関わる自体になってしまった事に戦々恐々しただけにすぎん。

悪口を言いたくなるようなネガティブな感情は、決して隠し通せないから、発生させなければいい。また、その方が単なる気の持ちようで済んで容易であるって、本気で言ってるのかね。所謂悟り、涅槃の境地なんだが。

匿名

自分ができないから他人も出来ないと考える↑の様な発狂者達が湧く時点で無理じゃないかなあ
やっぱ人間って生き物自体がクズなんだよなあ

おれ

いろいろ批判的かつ感情的なコメントもあるけれど、
白川さんの意見には賛成。
そういうブラックな感情を少しでも弱めようという白川さんと、
そういう感情をセーブできるわけがないから肯定しろと叫ぶ人たち。
自分が付き合いたい人がどちらかというのは決まってるのだが、
そうじゃない、人生を諦めきった人たちもすくなくないのだなあ……
それでも「悪感情を持たないようにがんばってみる」人が増えることを祈ります。

コメントを投稿する