あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

これってIT業界も全く同じじゃねえ?あるいは何故デカイ店のコックは育たないか

»

僕には、いろんな人に自慢しまくっている従兄弟がいる。
彼とは1歳違いなので、小さい頃から仲が良かった。例えば、僕が最初に暗記した英文は、"This is a pen"ではなく、"Your name is shit!"なのだが、それは親の仕事の都合でアメリカに行っていた彼から、6歳の時に伝授されたのだ。
現地のガキとの戦闘用語として。

ガリ勉派の僕とは違って彼は勉強が嫌いだったらしく、若い時からフランス料理の世界で修行を重ねた。やがてシェフにのし上がり、今年になってついにオーナーとして自分の店を出した。30代で一国一城の主である。立派だ。
料理人の世界は努力と創造性と技術による、競争の世界である。そこで結果を出してきたことに対して、僕は素直に彼を尊敬している。
ちなみに、彼の料理は滅茶苦茶ウマイ。彼の料理以外で太るのは悔しいから、僕は他のフランス料理屋には行かなくなった。

1_3



先日も食べに行った。一通り料理が出た後に厨房から出てきた彼と話していたら、なぜか人材の採用と育成の話になった。新規開店直後のオーナーシェフとしては喫緊の課題だ。
そこで彼が語った内容が、そのままIT業界にも当てはまりそうだったので、ここで紹介したい。


ミシュランに載るようなデカイ店で27歳位まで働いて、外に出なきゃダメだと気づく人もいる。そういう人をコックとして採用しようとしても、残念ながらウチみたいな小さいトコで2,3年やった奴に、もうかなわない。

あるある。
僕もちょくちょく、有名どころのSIベンダーから転職しようとする27歳くらいの人に採用面接で会う。でもたいていは採用できない。


なんで差がついてしまうのか。大きい所は分業が進んでいるから、仕事をはじめてしばらくは、ひたすら玉ねぎ炒めとかをやる。それはそれで大事だけど、小さいところで「何でもやらないといけない」という方が、絶対勉強になる。

あるある。
「どんな仕事からでも学ぶことがあるはず」と言うのは簡単だが、巨大システムのごく一部、例えば他システムとのデータ・インターフェース・プログラムの保守を三年やってた人が、アプリケーションの全体像を語れるようになっているかというと、普通は無理。

もっと深刻なのは、メニューが「誰でも作れるような料理」になっていること。出来あいの料理をあっためて切るとか。温度計刺して、中心が何度ならOK、みたいなノリ。大きな店だと、シェフしか作れないと困るから。

あるある。ありすぎる。
組織が大きくなればなるほど、多少スキルがアレな人でも、モノづくりができるような仕組みを考えないと、システムは完成しない。スーパープログラマーだけを300人集めてプロジェクトチームを作るのは不可能だから。
だから、スキルが高い人にとっては無用で工数ばっかり必要な、意味不明ルールが沢山できる。例えば「テストをちゃんと実行したかの証跡を、スクリーンショットで全部残す」とか。
それに盲目的に従っているうちは、最低限の品質を担保できる。だが引き換えに、個人のスキルは中々上がらなくなる。
標準化のジレンマとでも言おうか。

でかくて有名な店は、原価率(売値に占める食材費の割合)を下げる。ウチの店だと、今の季節は35-40%だけど、10%台の店なんかもある。オレらからみるとそれ買うの?という食材を仕入れていく。
フォアグラなんかも冷凍だから解凍してあっためるけど、それだとさすがに美味しくないから、味付けを工夫したり。可愛らしく飾り付けしてあったりするから、喜ぶお客さんもいるんだけど、料理人のウデはそんなんだと上がらないよね、やっぱり。

あるある。
プロパー社員をSEとして使うと単価が高くなっちゃうから、オフショアとか安い他社の工数を仕入れて原価を下げる構図に似ている。
そのかわり、プロパー社員は提案書とか進捗管理資料を綺麗に整えるのはうまくなるとか。

そういうヤツに「じゃあちょっとそこの肉焼いて見て」「こう言うの作って」と言っても、全然作れない。

はい、手を動かしてもらったり、自分で考えてもらおうとすると固まる人、たくさんいます。


もちろん、小さいトコで修行して、将来自分の店を出したい、と言うヤツもいる。そういう奴は、大きい所ほど給料を出せなくても、きてくれる。
あと、伸びるかどうかは、ちゃんと挨拶出来るか、話が出来るかが大きい。それができれば、先輩が可愛がってくれて、いろいろ教われる。

うむ。愛嬌大事ですよね。僕はそっち方面はダメダメなので、そういう人を見ると凄いと思う。あと、師匠を持つ事も大事だと思う。従兄弟も、ちょっと有名なシェフがやっている小さな店でずっと働いていた。

あと十年もしたら、一人では何も作れないコックもどきが大量にできる。どうすんだろうか?


うーん。何から何まで、IT業界でも同じ気がしてきた。
料理人○年、SE○年、という年数だけではスキルは推測出来ない。ちゃんとモノを作るところで、ちゃんとした経験を積まないとね。
結局、ITもコックも、お客さん(食べてくれる人)から離れるとダメなんだよね。

2

★追記(2012/9/7)
何人かの方からコメントいただき、僕も今一度、考えました。

自分自身がSEだったころの経験を振り返ると、

・小さい会社に就職した
⇒色々、細かい仕事もやらせてもらって良かった

・だが、2年ほど継続して担当した仕事は、巨大企業の巨大システム
の一部を下請けとして作る仕事だった
⇒だから、システムの全体像が見られるわけではなかったし、
それについて経験から語れることは少ない

・ただ、巨大システムの一部であるサブシステムについては、
かなり任せてもらえた
⇒この時に、データアーキテクチャに悩んだり、
業務担当の方と議論しながら仕事させてもらえたことは、
大変な財産になった

これらの経験から思うのは、
・勤める会社の大小の問題ではない
・携わるシステムの大小の問題ではない
というのは、何人かの方がご指摘くださった通りだと思います。
料理の世界でも、大きなホテル出身の名シェフもいらっしゃるようですし。

そうだとしても、
・「あっためて切って出す」といった仕事しかしてなかったらダメ
・小さい領域であっても、一つの完成した姿を作らなければダメ
という事は言えると思います。

先ほどもコメント欄に書きましたが、大小の問題というよりも、
「環境をよく選ばないと、構造的に良質の経験を
積めないことになる」
というのが、僕の言いたかったことです。

皆さん、的確なご指摘ありがとうございました。

★エンジニアじゃない人に向けた、ITのエッセンスだけ書いた本

Comment(27)

コメント

じゅう

レストランの世界では元請・下請の階層構造ではありませんので、小さなレストランであれば「何でもやらないといけない」ということになるのでしょう。
ですが、ITの世界では元請・下請・・・の重層構造にあることが少なくありません。
元請は上流工程の作業に限定され、下請は下流工程の作業に限定され、「一人で何でもできる」環境はあまり多くないように感じます。

偉そうな事言えないけど

偉そうな事言えないけど、1人の人間の能力には限界がある。料理だってITだって同じ・・その時、下が育っているとまた新たな能力の参加があって、次々に発展する。トップはそれを望むんじゃないか?・・・

★とおりすがりさん、記事の紹介、ありがとうございます。
medt00lzさんは僕も好きで本も持っているのですが、この記事は未読でした。大工さんの比喩、秀逸ですね。

★じゅうさん、コメントありがとうございます。
Twitterでも、「IT業界とは違うよね」「というか、IT業界というくくり自体がアレだよね」というご指摘を受けました。確かに、重層構造の有無は重要で、単に「でかい店だと・・小さい店だと・・」という話しでないですね。

環境をよく選ばないと「構造的に良質の経験を詰めないことになる」というのが、僕が言いたかったことです。

★偉そうな事言えないけどさん、こんにちは。
下が育っていないと、新しいことにチャレンジできない。僕もそう思います。突き上げは喜ばないとね・・

業界の人

店の規模が問題ではなく、コーチングの問題と
同じポジションに何年もいることが問題であり
業界用語であがるといいますが
すごろくのようにゴールめざしてあがろうとする
姿勢がないことも問題。規模ではない

omanuke

自分的には同意ですね(´・ω・`)
小さなところで働いてますが、お客から直受けでクライアントUIからDBやクラウドまで一通り作れないとまずい状況で働いたおかげで色々力がついたと思います。
そういう風でないとまともなシステム作れないんじゃないかと思いますが、大企業で働いた経験はないので分かりません・・・

なおゆき

興味深く記事を読ませていただきました。ありがとうございます。

環境を作る側としての意見もうかがいたく思いました。
・白川さんご自身はどのような工夫をされているのでしょうか。
・規模が大きくなってもよい環境をつくるなら、どうされるでしょうか。

みなさんのご意見を元に考えたことを、本文に追記しました。

なお、なおゆきさんがコメント欄で挙げてくださっている論点については、
自分として考えたり試したりしていることは、ないわけではないのですが、
整理してみなさんのためになるような事を書くことは、
今の僕にはできそうにありません。ごめんなさい。
そのうち頭が整理できたら、またなんか書きます・・

ななし

随分と恵まれた小さいところへ行っていたのですね。


小さいところはリソースも少なく、ワンミスアウト。
そのため実務経験が無ければ、習得していようともやらせてはもらえません。
トップ独裁のため、多数がどんなに良いと思っても、改善できません。
他のことをやりたい、と思っても自分の仕事を代わりにできる人もなく、
新しく教える余裕もなく、結局全員が今できることをただやる事が限界。


「仕事は経験を積ませる場所じゃねーんだよ」
「実務でやったことない奴にやらせるわけないだろ」
「これの開発経験3年以上無い奴を雇うわけがないだろ」


雇う側はその時必要な作業を実施する労働力が欲しいから、金を払って雇うのであって、
何をできるようになるとか余計なことは考えてほしくありません。
ただ、言われたことだけを言われたとおりにやる駒が欲しいのです。
成長、教育、伝承、発展・・・何言ってんだ、学校じゃねーんだよ。だそうです。


色々まわってぶつかって、ただの雇われが経験だのスキルアップだの考える事自体おこがましい、
と言うことを理解しました。


ただ、技術書を読み漁ったり自分で作ったりするのはやはり面白くやめられそうもないので、
技術向上したいものは趣味でやるのが最良ですね。
仕事は何も考えず頭も使わず金だけ稼げる、好きでない分野が良いと思います。
悩みもしがらみも発生しませんので。


本文で出てきた「お客さんから離れて自分では作れない駄目な人」は、
その稼ぎ分野にITを選んだのかもしれませんね。

職種の違い

規模の大小ではなく、ソフトウェアエンジニアとシステムエンジニアの職種の違いでしょ。SIerは多重下請け構造だからSI系で受託開発の小さな企業に入ったら経験は詰めないと思うよ。

職種の違い

かといって、ITゼネコンや大手メーカに入ると手配師の仕事しか出来ないので、開発スキルを習得したいならば会社やポジション選びは重要ですね。

自由人

記事の内容には同意します。
オフシェア ⇒ オフショア(offshore)

そもそも

こんな「ダメ社員あるある」に花を咲かせる経営者の元には、
そもそも、可能性のある社員なんて集まらないし、
運良く集まったとしても、彼らの可能性を潰して終わり。

だって、潜在的には、「ダメ社員あるある」を話すことによって、
「自分は凄いんだぞ!」っていうことを確認したいだけだもの。

KKMM

仕事なんて、金のためにやること。
でかいところで、言われたことだけやって金になるなら、何の問題もない。
仕事の内容とか成長なんてどうでもいい。

wac

今の20代のエンジニアには、5年後の自分をイメージする力が欠如しています。
だからこそ惰性で密度の薄い仕事をずっと続けて、気付いた時には手遅れ・・・という状況ですね。
内容については概ね同感ですが、結局のところ「ではどうすればいいのか」という部分をもう少し掘り下げて欲しかったと思います。

「勤める会社の大小の問題ではない」「小さい領域であっても、一つの完成した姿を作らなければダメ」というのは誰もが思うところですが、それをやらせてもらえるかどうかを就職前に判断するのは現実的に不可能だと思うのです。
私は新卒入社時には、"たまたま"比較的「恵まれた小さいところ」に就職したのですが、それでもななしさんがおっしゃっているような現実は感じざるを得ませんでした。

私にとっては良い記事でしたが、安易に間に受けて結果的に将来を閉ざしてしまう人も出てくるのではないか・・・と心配になった記事でもありました。
現状既に、何か気に食わないとすぐ環境の所為にして乱転職してる人が多いですから。

どんな環境でもやる人はやると思いますが、「環境がないとあまりやらない人」を対象にした記事だと思います。
僕はカメラマンという業界にいますが、そもそも会社が分業を頼んでこようが関係なしに(もちろん仕事はこなさなければなりませんが)自分が撮りたいものやクライアントが要求してくること、要求してきそうなことを考えて撮れるようになるのは基本的なことです。

実戦でバリバリやってる人間が大きい会社でヌクヌクとやってる奴に負けるはずない、という図式は多くの人に納得できる「ありそうな話」であり聞いていて気持ちもいい話ですが、正直レベルの低い争いな気がしますし一般化していい話ではないと思います。

ここいち

ITの小さな企業で「ちゃんとモノを作れる」ところに行こうとすると
ジャンボ宝くじで1等当てるより強い運が必要になりますよ。

そのくせハズレ企業を引いたら人生が終わりかねません。
良質の経験はおろか、普通以下の経験も何もできません。

「何の経験も積めない大企業」なら「何の経験も積めない中小企業」よりマシです。
大企業なら(絶対ではないですが)人としての生活はある程度担保されるでしょう。

ずるねこ

同じことを感じている人にであえてうれしいです。
うちの業界では、親会社の天下りとプロパーと中途採用の間の問題があるのですが
どうしようもありません。
天下りとプロパーは、自分の地位を守るために必死なので、環境が変わることはないでしょう。国家の中枢、官僚社会が変わらないのもわかります。

木村

こんにちは。盛況ですね。
私の感じたことを書かせてもらうと、確かに人材育成に関しての相関性はあると思うが、それは他の業種でも大なり小なり似たようなところはあると思う。
レストランとIT業界を比較するのは規模的に適当ではないと思った。比較するとしたらレストランと(比較的小さなカスタマイズもやってる)パッケージソフト開発ぐらいかな。大規模パッケージソフト開発なら食品会社と比較しないとしっくりこない。IT業界と比較するならレストランも含めた総合的なサービス業務、例えば結婚式場とかレジャー産業などと比較すると面白いと思う。

ななしさん

小さな店で2-3年修行を積んだ人が、ミシュランに載るようなデカイ店に入ろうとするとなんていわれるか知りたいですね。へんな癖が付いているから難しいとかいわれそう。

duenmynoth

これは、誰が間違ってるとかそういう話ではなくて、
社会というか時代の流れ的に仕方の無いことですね

コストを削減するために専業化、分業化が進んだ結果、
作業を1から10まで全て見れる人材が育たなくなる。当然ですよね

o2

よく環境が人をダメにする的なはなしになりがちですが、結局は個人の資質によるものが大きいかなという原点回帰が私個人の結論です。デキル奴はしょせん十人に一人か百人に一人。技術系だけでなく営業職やどんな職種でもいえる事かと思います。教育は均一な歯車を作ることは可能だとしても、それ以上のものを望むと失敗します。せいぜい元々資質があった人にちょっとしたきっかけを与える程度にすぎないと思ってます。中小で万能人間が活躍してる風に錯覚しがちですが、ダメな人はやはりだめです。余剰人員抱えていられないので、結果的に淘汰された人だけが活躍しているように見えるだけじゃないでしょうか。

ardbeg32

今まさに転職活動中で、大企業で中途半端な経歴しか積めなかったので転職に大苦労をしている最中です。内部監査のような小さなジャンルでも、IT関連の業務監査とSOX監査は別物です。後者は主に経理出身者や、そもそも経理部や情シス中心でSOX対応するから業務監査系は経験が積めない。しかし求人はやはりSOX監査経験者なんですよねぇ。
まあ100人くらいの小さな事務所なら、PCキッティングからネット敷設,セキュリティ規程作成までひと通り経験があるし構築する自身があるからまだマシですが。
(もちろん白川様の著書に出会えたことも大きな経験となりました

大変今更ですが、「オフシェア」を「オフショア」に直しました。わかっちゃいるけどたまに間違えちゃうんですよね・・
自由人さん、ご指摘ありがとうございます。

taliska

全員ではなく、資質とヤル気等で層別し育成。
下層にはノウハウが漏れないように分断した情報しか渡さない。
グローバル知識産業経営の鉄則だろ。

底辺エンジニア

私はITエンジニアと料理人は全く別物だと思います。
まず、システムは大人数で一つのものをつくるけど、料理は少人数でつくるものですよね。
大人数で作る場合は分業が大切です。例えば、別業界で言うと、家や自動車を一人でつくって販売している人なんていないでしょう。
加えて、最新技術の重要性の違い。料理は数百年前の調理方法でも現在で通用しますが、IT業界では数年前の技術は現在だと通用しません。最新の技術は大手企業がノウハウとして持っていたり、大手に集まる優秀な人から学ぶことができます。
あなたの記事を読んで小さい企業を選択する人がいたら本当にかわいそうです。

TETSU

こめんととか読んでいると面白いですね。
>底辺エンジニアさん
アナロジー思考って聞いたことあります?
違っているのはあたり前で、違うものから類推することで新しい気付きが得られるのです。元々似ている業界よりも、まったく違う業界と比べるほど意味があるのです。
あと数年で通用しなくなるようなものは本当の技術ではないでしょう。単なる知識ですね。そういうものは知っている人に聞けば済むことなので、そんなに大事ではありませんよ。
(でも底辺の実戦部隊は、そういう知識レベルの技術が仕事のタネだったりするんだよね)

一流の料理人の居るレストランに修行するような人はそもそもの意識が違うんですよね。どんなにつまらない仕事を押し付けたとしても、そういう人は何らかのものを盗んでくるものです。
逆にバイトなどお金の為に働いている人。そういう人は何年も働いたとしても何も残らないですよね。
こう考えるとIT業界と似ているかな。

確かにやる気があるやつとやる気のない人で対応がずいぶん違ってきますね。人間ですからやっぱり愛嬌のあって教えがいのあるやつなら、たとえ下請けでも教えてやろうって気になります。技術力あるということで入ってきたやつが、挨拶もできなくて・・ぜんぜん使えない、というか使いたくないってことも多いですよね。

コメントを投稿する