プログラミングでメシが食えるか!?

高いロードバイクは何が違うのか?

»

平日ですが、しつこくロードバイクネタで。。

Ll1先日購入したロードバイクと・・・

Ll2 最初に購入したロードバイクでは、新品状態で倍くらいの価格差があります。

既にロードバイクを楽しんでいる人でなければ、「なぜそんなに高いものが欲しいのか?」が理解できないことでしょう。そもそも最初に購入したロードバイクでも、普通の自転車に比べれば10倍くらい高いものかも知れません。

ロードバイクの使い方は人それぞれですが、多くの人達は、「健康・気晴らしの為のロングライド」でしょう。長距離を長時間快適に走り続けられることがとても大事なのです。ロードバイク乗りは1日で100kmくらいはごく普通に走ります。平均時速20km/hとしても、5時間くらい漕ぐことになります。

さらに、自転車で走るのは平坦路だけではなく、アップダウンもありますから、登りの快適さ、下りの安全さも大事です。ロードバイク乗りは一度に1000mくらいの峠を登ったりします。

5時間快適に走れるかどうかにまず価格の差があると私は感じています。

高いロードバイクはツール・ド・フランスなどでプロが競技で使っているものも多くあります。プロのような体力もないのに無駄だ、と思うかもしれませんが、そうでもないのです。ロードバイク競技は1日200kmくらい走ることを2週間続けたりしますから、プロといえども快適さがなければ辛いのです。カーボン製が主流になる前は、速さと快適さの両立が難しく、速さ優先で硬い乗り心地のものが多かったそうですが、今は快適さも考えられています。軽くて乗り心地が良くて、ロスが少ないものが良いのです。それは一般の人が乗るときにも同じです。それに、ロードバイクメーカーとしては、一般ユーザにもたくさん売れる方が儲かりますからね。

上の2台を比べると、おそらく重さは2kgくらい違う感じでしょう。路面の荒れているのを吸収する性能もかなり違います。軽自動車と高級車という感じの違いで、要するに、段差を超えてもすぐに振動が収まるのです。ペダルを踏み込んだ力が前に進む力になる割合も結構違う感じがします。30分しか乗らないなら我慢できると思いますが、5時間乗るなら結構な違いです。

それならば、高い自転車を買えば速く走れるのか?という疑問もあると思いますが、多少は速くなるでしょう。しかし、元々元気いっぱいの若者より速くはしれるとは思えません。体力がある人の方が間違いなく速く走れるでしょう。しかし、私のように50歳前後のおじさんが、安い自転車と高い自転車で乗り比べれば、やっぱり違うと思います。体力が元々衰えつつあるので、道具の差もそれなりに目立つのです。

L1

自転車仲間達の間では、「歳を取ったらスピードは金で買え」と冗談半分で言われています。長年家族のためにも頑張って仕事をしてきたのですから、健康にも良いロードバイクで贅沢をしたっていいじゃないか、ということもあります。

もちろん、健康のためなら、安い自転車でのんびり長時間サイクリングをしたっていいのです。でも、もう一つ大事なことが「モチベーション」です。やっぱり良い道具を揃えたらやる気もでますし、乗る度に「もっと高い自転車なら快適なんだろうなぁ・・・」と不満を感じているよりも、高い自転車を手に入れて、晴れやかな気持ちで走る方が良いかもしれません。

L2

他の趣味と同じで、ロードバイクも仲間がいるとますます楽しさが増します。仲間と走ること自体も楽しいですし、仲間同士で自転車談義をするのもまた楽しいものです。そんなときにも、同じ歳くらいの人達で集まって盛り上がっているときに、同じくらいの自転車に乗っている方がお互い気兼ねなく盛り上がれるということもあると思います。

L3

自転車好きが集まって、乗り比べをしたりするのも楽しいものです。そんなときにも、皆さんと同じようなランクの自転車に乗って行く方が一緒に盛り上がりやすいものです。何事もある程度のめり込まないと深い盛り上がり方ができないものです。

もちろん、一人で走っていても、漕いでいる感触、メカの動き、見た目など、自己満足しながら走る方が気持ちが良いのは当たり前で、乗る回数も増えるでしょうし、健康にも精神的にも良いのです。

ということで、高いロードバイクは、ちゃんと多くの価値があるのです!

高いといっても、スポーツジムの会員になり、毎月の会費を考えれば、3年から5年分で同じくらいになると思います。ロードバイクは体への負担が少ないので、長く続けられるスポーツですし、一度に長時間楽しめるので、メタボ対策にも最適ではないかと思います。私自身も40歳を過ぎてメタボ予備軍だと言われ、水泳・ランニングなどもそれなりに続けてきましたが、一番楽しくて、体が痛くならくて、やる機会を維持できるのはサイクリングではないかと感じています。水泳はプールに行かなければならず、時間帯や混み具合なども気を使います。ランニングはいつでも気軽に走ればいいのですが、長時間になるほど膝への負担が結構あります。サイクリングは天気さえ良ければ一度に2000kcalくらい消費できます。

ということで、若者は無理して高いロードバイクなど不要です。もともとお金では買えない体力という最高のものを持っていますから。歳を取ったら少しは贅沢をして仲間達と楽しむのも良いものだと思います。その結果、健康になり、精神的にも充実して、仕事がますますがんばれれば十分元は取れるとものだと思います!

Comment(8)

コメント

匿名

ここは彩湖公園ですね。
私も近くに住んでいます。
確かに値段の違いで乗り心地などは変わりますよね。

彩湖です!
値段だけでなく、それぞれのフレームに個性がありますね。

匿名

かっこいい考えですね、とても良い会社の持ち主なのでしょう。
これからもお体に気をつけて、趣味も仕事も頑張ってください^ ^

ありがとうございます。
仕事も家庭も大変ですが、週末の自転車で気晴らししつつ、健康も維持して頑張ってます!

たぬき

始めまして^^
素敵な考え方ですね~ヽ(´∀`)ノ

自分は、40目前ですが趣味で自転車のっています^^

彩湖ですね~
自分も一昨日の日曜日に走ってきました~

歳をとったら SPEEDは金で買え・・・

すごく納得ですね(;・∀・)

以前5万程度の安物で頑張っていましたが(。-`ω´-)…
乗る機会があり、アルミですが10kg以下の自転車ののさせてもらったところ
機材の違いがアカラサマでわらってしまいました^^;
晴れた日曜日は、自分も良く彩湖にいくので(彩湖から10分圏内に住んでいる)
もしかしたら、すれ違っているかもしれませんね^^

たぬきさん、コメントありがとうございます。
冬の間は彩湖方面、春〜秋は白石峠方面に出没しています。
最近は機材が良くてもタイムが悪く・・・まあ、健康とダイエットのためと開き直って乗ってます!

ナベさん

貴重な意見ありがとうございます。ずっと前から高いバイクについての疑問が氷解しました。私も同じ年代なので凄く参考になりました。
ありがとうございます。

カベンデッシユ

結局、機材スポーツってのは良いモノが欲しくなりますよね。ただ、廉価なモノを使って頑張っている人々を蔑んだ発言をするケースも多く見られます。お金持ちの人でも質実剛健な感じで組まれる方もいらっしゃいますし、普通のサラリーマンの方でもローンを使ってまでハイエンドモデルを購入される方もいらっしゃいます。でも、同じ趣味なのですから人の嗜好や持ち物にケチをつけるような事は避けたいものですね。売り手側が言う事では無いのですが、ハイエンドモデルに乗られる方は「見栄っ張り」や「新しいモノ好き」「ガジェット世代」に多く見受けられると思います。実業団で結果を出している選手はハイエンドモデルには乗ってませんから。趣味の世界では廉価だから駄目だとか言わないで、自己満足に留めておくのが正解だと思いますね。売り手側からして見れば実に有り難いお客様なのですが、ショップに居座られて安いのはダメだとか声高に言われる無神経なお客様(ハイエンドモデルユーザーに多く見られる傾向ですよ)には辟易しますよ。エントリーモデルから始めようとする若者が育ちませんから。アマチュアの走行会ではバイクの差なんて殆ど無いですしね。しっかり距離を走られている方がやはり強いですし、そういう方は他者(の機材)に対して余りアレコレ言いません。どこに満足感や目標を置くかでしょうが、どんな趣味でもそうでしょうがやり込んでる方、使い込んでる方は他者に対しても寛容な方が多いですね。覆されない自信の現れとでも言うのでしょうか…長くなりましたが河川敷を走る程度では20万のバイクも200万のバイクも驚く程の差はありませんね。差があるとしたら見栄(ハッタリ)でしょうね。これに尽きます。後、見栄と走りの両方を満足させたいのであれば迷わずライトウエイトのホイールをお勧めします。このホイールさえ組めばハイエンドなフレームもコンポも不要ですよ。エントリーグレードのカーボンフレームにアルテグラで充分です。それだけホイールの占める割合が大きいと言う事ですね。

コメントを投稿する