プログラミングでメシが食えるか!?

iPhone:アプリの構造

»

iPhoneネタが続いていますが、今日は少し技術的?

iPhoneアプリに結構綺麗な動画が入っているものがあります。たとえば昨日クリアしたNeed For Speed Undercoverもそうです。ところが、このゲームは進んでいくうちに1回だけしか見られず、後で見直すことができないのです。ゲームの最中は先を急ぐので、あまり真面目に見ていなかったので、見直したい、と思っていたのですが、そのような機能はないみたいです。

そこで、アプリの中を見てみることにしました。

まず、iTunesの、Mobile Applicationsの中にあるデータを見てみます。拡張子が「ipa」になっています。このファイルは何かな?と思って、fileコマンドで調べると、
NFSU 1.1.33.ipa: Zip archive data, at least v1.0 to extract
と、単にZIP圧縮データだというのがわかります。unzipコマンドで解凍すると、Payloadというディレクトリの中に、構成データがたくさん入っています(UNIX系のコマンドでの説明ですみません>Windowsな方々)。

その中のムービーデータを探せば目的の動画が見つかります。もちろんiPhoneで再生可能な形式ですので、その動画をiTunesのムービーに入れて同期すればiPhoneでいつでも好きなだけ見ることができます。

ということで、ipaファイルは単なるZIPアーカイブと言うことがわかり、勉強になったという話題でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する