グローバル化する中で日本人はどのようにサバイバルすればよいのか。子ども×ICT教育×発達心理をキーワードに考えます。

仕事が嫌になった時の“ストレス解消法”

»

はじめに

今回のスペシャルオルタナトーク:お題は「仕事が嫌になった時、どう立ち直ったのですか? 」。

Dl029_l

私は今とても仕事が楽しい。しかし会社員の時は嫌になる事もありました。お茶くみがどうしてもできなかったのです。

二十代の女性だと「お茶くみしてよ」は男性社員から当たり前に依頼がきます。しかし応接室にいくと頭が真っ白になってしまい、お茶くみをする時に挙動不審になってしまいます。家で家族と練習しても応接室などに行くと失敗続き。マナー教室にいってもできるようになりませんでした。

誰もが普通にできる事ができないので仕事に悩みました。オルタナティブな生き方の取材をしていただいた時に編集者やライターさんが驚くほど仕事の挫折が多い。それだけ挫折して立ち直れるとは片岡さんは不死鳥か!? と驚かれるほどです。

仕事が嫌なのと仕事の悩みが多いのはイコールではない。しかし、仕事で悩む事は優秀な人でも人生に一回はあるのではないでしょうか。悩んでしまった時にどうやって立ち直ったのかを振り返りました。

悩んだ時に役立った事ランキング

●効果度ランキング

  1. 一位:嫌になるまで寝まくる
  2. 二位:鍼灸の先生の所で治療を受けながら、人生相談する  ※整骨院やマッサージの治療も含む
  3. 三位:自律神経に気持ちが良い音楽を聞く

私は仕事で悩んで胃腸に潰瘍ができたり、うつっぽくなる事が過去になりました。今は元気だけど、心身が疲労困憊した時、心のままにたくさん寝たら、ある日、寝るのがつまらなくなり、とても元気になりました。

私の場合は身体のサインに従って寝まくっただけですが、教育心理を勉強してから内観療法に似た事をしていた事に気がつきました。内観療法は本来は病院に入院して一ヶ月寝まくる生活をしながら自分の気持ちや考えを日記に書いて行く治療のようです。

内観療法入門―日本的自己探求の世界 内観療法入門―日本的自己探求の世界
三木 善彦

創元社  1976-01-20
売り上げランキング : 68664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※個人が家庭でできるように、おしゃれな装丁の本として美容や心理のコーナーで売っているものもあります。

プチ内観こころ塾―大人の女の心を磨く 自己との「対話」で私が変わる! プチ内観こころ塾―大人の女の心を磨く 自己との「対話」で私が変わる!
寺門 琢己

三笠書房  2004-12
売り上げランキング : 428128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

二位と三位も心身を身体から回復させる事なのだと私見では思います。三位の「自律神経の良い音楽を聴く」はAmazonのレビューがとても良かったので購入しました。このCDを聴くと疲れた時でも身体がリラックスできます。

自律神経にやさしい音楽 自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック

デラ  2007-07-25
売り上げランキング : 323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私が通っているリフレクソロジーのお店でもこのCDがBGMになっていました。気持よく寝ることもできました。鳥のさえずりとハープなどの優しい音楽がたまりません。疲れている時にしょっちゅう聴いています。

心身は一如。身体が元気なら心も元気になります。人生経験が豊富で利害関係がない人と雑談するのも良い気晴らしになりました。

元気になりたい時は

その他、悩んだ時に元気が湧いた事は

  1. ※西川貴教さんのライブDVDを観る
  2. ※和田裕美さんからいただいた直筆の手紙を読む
  3. ※八坂裕子さんの本を読む

などです。

好きな事に向かって頑張っている人をみると自分の中から意欲が湧き出てきます。西川貴教さんの歌はそんな力が特にあります。学生時代、冬に失恋して卒論が全く書けなくなってしまいました。

しかし大晦日にたまたま紅白歌合戦で観た西川さんの歌声に感動。1月20日までに原稿用紙200枚分、かけてしまい無事に卒業出来ました。西川さんに出会わなかったら私は留年していました。人生の恩人です。

以下のビデオは擦り切れるまで数年間見続けました。超・就職氷河期と言われたロストジェネレーションの始まりの学年が私の世代でしたが、このビデオのお陰で就活も何もかも奮い立たせて頑張ることができました。

LIVE REVOLUTION3~KING of JOKER~ [VHS] LIVE REVOLUTION3~KING of JOKER~ [VHS]
T.M.Revolution

アンティノスレコード  1998-07-18
売り上げランキング : 1437

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

和田裕美さんからいただいた手紙については詳細を伏せますが、強さと優しさがある人は素敵です。八坂裕子さんの本は感情に向き合いたい時に読むと私は最高に感激します。

仕事に疲れた時は、

  1. 寝て寝て寝て寝て寝まくる
  2. 心身をリラックス
  3. 好きなものに触れる、味わう
  4. それから自分に向き合う

と、客観的に今の自分の状況、立ち位置を見つめられる気持ちがします。

私事を書きました。ご参考になる方が一人でもいらしたら嬉しいです。

>>「ブロガーの壁にぶつかったら他のブロガーと話す。そして、原点に立ち返ってみる」に続く

編集履歴:2012.12.1 19:14 題名から「そして自分を省みる。」を削除しました。2013.1.26 17:42 西川貴教さんについて加筆しました。2013.2.12 0:14 自律神経にやさしい音楽についての部分を加筆しました。見出し「おわりに」を「元気になりたい時は」に変えました。同日 0:25 内観療法の本の情報を追加しました。013.11.20 21:43 題名を「仕事が嫌になったら寝て寝て寝まくろう。」から「仕事が嫌になった時の対応法」に改めました。2013.12.14 20:45 題名を「仕事が嫌になった時の対応法」から「仕事が嫌になった時のストレス解消法」に改めました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する