グローバル化する中で日本人はどのようにサバイバルすればよいのか。子ども×ICT教育×発達心理をキーワードに考えます。

デジタル・ネイティブな子供たち と教育

»

学びたい人が学ぶことができる時代へ

CoderDojo (コーダー道場)

最近、子供のプログラミング教育に関する記事を頻繁に見かけるようになりました。一昔前はマイコン少年・理系オタク的な世界と認識されがちだった「子供のプログラミング教育。それがごくあたりまえなことになってきた感があります。

ITmediaオルタナティブ・ブログでも荻澤 篤志さんの「子供達がプログラミングの楽しさを学ぶ教室 CoderDojo(コーダー道場)@下北沢オープンソース Cafe」が人気記事になっています。とてもおもしろい取り組みなので、萩澤さんのご説明を引用します。

CoderDojo (コーダー道場)とは?  詳細は Ustream映像を見た方が良いと思いますが、元々はアイルランドではじまって欧州や米国を中心に世界88ヶ所以上と広まりつつある子供達向けの定期的なプログラミング教室のこと。合気道などの道場を思い浮かべるとイメージしやすい様子で、オープンソースの活動に似ており、非営利かつ情報公開されているとの説明がありました。

日本国内では、春頃からここ下北沢オープンソース Cafe も含め、東洋美術学校(新宿)などの会場で数回程開催しており、今後、いくつかの国内コワーキングスペースが道場立ち上げを表明しているとのこと。

次の道場をはじめたジェームス氏のコメントが心に響くのは関係者だけではないでしょう。 学校ではコンピュータの授業も無かったし、自分で試行錯誤しながら学んできたので 教えて欲しいという若者がいたら手を貸してあげたいと思った
by  James Welton

http://blogs.itmedia.co.jp/cmssol/2012/07/study4-coderdojo-tokyo.html より引用
※見やすくするために途中で改行を入れました

無料でプログラミングを学ぶ

日本でもちょっとした場所でプログラミングを学ぶことができる場ができたことに感慨深いです。

私が会社を退職したあと通った学校ではJava講座が半年で確か30万円かかりました。Linux講座も半年で確か30万円かかりました。すでに8年前の話ですが、専門的な技術は学ぶ際にそれなりにのお金がかかるのだなと学びました。

今は無料の動画でプログラミングの作成方法が公開されていますし、自主勉強会がたくさんあります。意欲がある人は誰もが学んでいける社会に変わっているのだなと感慨深いです。

参考:ドットインストール
    IT勉強会カレンダー

「子供にパソコン教えて意味あるんですか? 」への想い

子供のうちから身体の体幹を作るのは大事なこと

私自身は2009年からNPO法人で子どもにパソコンを教え始めています。中にはアルゴリズム体験ゲーム・アルゴロジックでアルゴリズムを、日本語版Scratchでプログラミングの基礎を学ぶ子もいます。

VISCUIT (ビスケット)〜コンピュータを粘土のように〜ならば小学校低学年の子供も遊びながら創造性・考える力を育てられます。

ところが「子供の時からパソコンを教えるなんて意味あるんですか? 」という声を大人の方からいただきます。

「子供の時からWordやExcelを習うより、外で遊んだり情操教育にやったほうがいい」「子供の時しかできないことをやっておいたほうがいい」というご意見は「確かに」と思います。

毎日、ゲーム端末でひたすらゲームをしてして姿勢が保てないお子さんも増えてきました。小さい端末でゲームをしていると家で椅子などに座って猫背になってしまう。

猫背で呼吸が苦しいから無意識に気道確保。顎が前に出てきて苦しそうなお子さんもいらっしゃいます。子供のうちに外で遊んだり身体をを動かして体幹を鍛えておくことは大事なんですよね。

ウェブリテラシーも大事

私は子供のうちに身体を作っておくのは非常に大事だと感じています。一方で子供のうちからITリテラシー・ウェブ・リテラシーを育てることも必要ではないか? と考えています。

そのため私のパソコン講座ではスタッフとYahoo!きっず(ヤフーきっず)キッズ@nifty(きっず・あっと・にふてぃ)で遊ぶところから始めます。ウェブをどのように使えばいいのか遊びの中で身につけることができる気がするからです。

ある程度大きくなれば学校の授業(情報科など)でワード・エクセルが登場しますのでお子さんからご要望があればレッスンします。事前にレッスンしておくとお子さんが余裕を持って授業に参加できるそうだからです。

操作を学ぶだけなら大人になってからでも間に合う

しかし、なるべくですがワードやエクセルはお子さんにとって必要になってからレッスンするようにしています。ワードやエクセルの「操作」を教えるだけになりがちだからです。

せっかく子供のうちからパソコンを習うことができるのだから、単なる操作を覚えるだけのものよりもご本人の興味が湧いて考える力を養えるようなことを先にしたいと考えています。

というのは就職するためにソフトの「操作」を覚えるだけならば、大きくなってから講習をしても間に合う場合が多いからです。本格的に使いこなしたいならば話は別ですが。

私は大人になってからIT、ウェブが当たり前に使われる様になった世代です。しかし今の子供たちは生まれた時からウェブが当たり前に使われています。iPhoneやiPadも赤ちゃんの時から当たり前に存在しています。

私は今の子供たちのお母様の年齢に近づいて来ました。子供たちとお話ていくうちに根本的に体験してきた環境・世界・価値観が違うと思ったほうがいいと感じるようになりました。

生まれた時からITを利用している子供たち。彼ら・彼女らに向きあう為に日々、学び(ITだけではなく炊事洗濯などライフスキルも含む)は欠かせません。

紙からデジタルへは本当にいいことなのか?

電子書籍アプリの痛し痒し

「教科書を紙からデジタル教科書へ」という流れに様々な意見が出ています。紙をそのままスキャンして画像にしてデジタル化したとしても書き込みができません。文字入り画像を見るだけしかできないならばかえって不便です。

書き込みができる、マーカーで線が引けるなど子供が紙と同じ以上にメリットが生まれるならばデジタル教科書化はいいな、と考えています。

心配な点は日本で読むことができる電子書籍のコピーガードがきついことです。私が実際に体験したことでは、iPhoneで購入した電子書籍をiPadでも読もうとしたらアプリを認証(登録? )した端末以外では読めないことが判明し困惑しました。
※私はiPhoneとiPadを利用してます。

購入した電子書籍を他の端末で読むことができないのは著作権保護の観点だと想います。

売り手の気持ちは理解できますが、iPad用に同じ電子書籍を買うのは腹立たしく思えました。同じ物を2つ購入するくらいならばiPadである書籍を読むのはやめようと私見では思いました。

電子書籍の販売元は同じ本を2回買ってくれたほうがメリットがあると考えたのかもしれません。しかしそのプラットフォームから電子書籍を買わないことにしたので、販売元は一人分のビジネスチャンスを逃されたのかもしれません。

もしiPhoneでもiPadでも両方の端末で読書ができたならば、私はそのプラットフォームで他の本も購入し続けたでしょう。

モリサワの電子書籍サービスで制作された電子書籍アプリのようにユーザが読みやすいための工夫がされているならばいいのです。

ですが大手出版社のアプリでも読みにくい電子書籍を散見します。文字を拡大したり、マーカーを引いたりできない電子書籍もまだあります。

せっかく内容がいい本だったのに文字が小さくて読む際に疲れました。かえってパブーで紙の本の半額程度で購入した佐々木俊尚さんの『キュレーターの時代』『当事者の時代』をiBookで読むほうが使い勝手がいいくらいでした。

日本デジタル教科書学会

私の話はあくまでも実体験で感想レヴェルの話題ですが、なんでもデジタル化すればいいというものではありません。そのため2012年5月に「日本デジタル教科書学会」が設立されました話を聴き、喜ばしいことと感じています。

デジタル教科書が本当に子どもたちの教育に有効なのかアカデミックな立場で検証する必要があると考えていたからです。

電子書籍の使い勝手も子供への有効性も重要です。さらに加えて、学校に導入する際のコストや人件費も考える必要があるのではないでしょうか。

国や各自治体の予算は決まっていると考えられます。デジタル教科書の導入や維持が予算に収まらなくてはデジタル教科書の導入は難しいだろうと推察をしています。

そして情報科以外の普通の教科の教員・非常勤講師がデジタル教科書を使いこなして各教科内容を教えられなければ意味がありません。

予算の割合の中には教員がデジタルコンテンツを使いこなす訓練費も盛り込まれる必要がありそうです。学術的な面からもデジタル教科書を考察することは重要ではないでしょうか?

日本デジタル教科書学会の公式サイトには以下のように説明されています。

 日本デジタル教科書学会は、デジタル教科書・教材に関する学術的な研究および授業実践を行い、その効果や意義を発信することを目的に2012年5月に発足しました。  2010年5月に内閣IT戦略本部にて決定された「新たな情報通信技術戦略」では、今後の政策の1つとして「デジタル教科書・教材などの教育コンテンツの充実」が掲げられています。

またその工程表の中には、「児童生徒1人1台の情報端末による教育の本格展開の検討・推進」が盛り込まれており、その流れを受けて2020年度の実現を目標に進められています。しかし、デジタル教科書・教材をどう捉え、どのように推進すれば良いかについては、未だに議論が尽くされていない状況です。  

本会は研究分野、所属学会や研究会の枠を超えて集い、現場の教師と研究者が相互に協力しながら、デジタル教科書・教材に関する可能性や課題解決法の提案、デジタル教科書・教材を活用した授業実践研究を行い、また、国内外を問わず、デジタル教科書・教材を推進する各種団体と積極的に連携して、我が国の教育の発展に資することをめざします。

参考:日本デジタル教科書学会 http://js-dt.jp/index.html

学校現場での取り組みはもちろん大切なのですがデジタル教科書は子供たちの教育に本当に役立つのか?という根本的な部分を私も検証する必要があるのではないかと考えています。

デジタル教科書を子供たちにとって有益なものにするには?

デジタル教科書に関して今、私が気になる点を挙げてみます。

  • デジタル教科書を学校に導入する場合はどんな形態、どんなデバイスの教科書が子供たちに望ましいのか
  • デジタル教科書を学校で使った際に子供たちにどのような影響を与えるのか
  • 先生はデジタル教科書を活用して授業を進めるノウハウを身につけているのか
  • デジタル教科書を活用して授業を進めるノウハウをどうすれば身につけられるのか
  • どんな所が子供たちの教育に役立つのか、役立たないのか
  • 紙の本など他の媒体と比較した時のメリット、デメリット
  • 利用する子供たちの中で感覚過敏の子はいないか
  • 障がいがあるお子さんにも使いやすいのか

現在の日本が置かれている状況は厳しいと感じています。その中で子供たちが潰れずに大人になって生き抜いていくために何が必要なのか。私はICTという仕事を通して子供たちに何ができるのか。

>>「子供のICT教育とインクルーシブ教育・前編」に続く

追記:2012.12.3 0:16 題名を「生まれた時からデジタル・ネイティブな子供たち と教育」から「デジタル・ネイティブな子供たち と教育」に改めました。

関連記事

  1. SNS活用事例:卒業しても地域や学校とのつながりを! 「おたがいネット」プロジェクト
  2. Twitterだけではなくウェブに書き込んだものすべてがバカ発見器なのかもしれない
  3. 子どものロジカルシンキングを育てる アルゴリズム体験ゲーム「アルゴロジック」
  4. 小さいお子さんでも大丈夫!  たのしくプログラミングできる「Scratch(スクラッチ)」と「Viscuit(ビスケット)」
  5. 生まれた時からデジタル・ネイティブな子供たち と教育
  6. 発達の凸凹があるひとたちに特化した企画編集制作オフィス「ひらけGOMA オープンセサミ  プロジェクト」
  7. 子供のICT教育とインクルーシブ教育・前編
  8. 子供のICT教育 片岡さんは現場で何をやってるの?・編
  9. 小学生教育とビジュアルプログラミング言語「VISCUIT(ビスケット)」の可能性 入門編

追記
2012年7月20日 12:34に題名を短くしました。
2012年8月4日 0:40に見出し(h3)を複数追加しました。

Comment(6)

コメント

こんにちは。引用していただき有難うございました。実際に道場は知人の活動であり、私は話を聞きに言っただけなのですが、自分の過去を振り返っても、子供の頃、教えてくれる場所があったら、少しは違ったところがあったかなと思うことがあります。追って、記事を参考にさせていただきます。とりいそぎ御礼まで。

片岡さん、こんにちは。
僕自身は小学生にパソコンを教える事の意義があまりピンとこない派ですね・・。
小中学生で身につけたい「学ぶ力」「読解力」「数的論理力」「抽象化力」みたいなものがしっかり身についていれば、パソコンなんて後からどうとでも覚えるのかな、と。
プログラミングはまたちょっと違うので、「14才からのハローワーク」的な意味で、そういう世界があるのを知っておいたらいいと思いますが。

片岡麻実

Atsushi_O2(荻澤)さま

コメントをありがとうございます。うれしいです。
とても素敵な記事だと思い引用させていただきました。

学びたい人が学びに行ける場があることもいいなと思いましたし、プログラミングを体験したいと思っているお子様にもいい場だなと思って拝読しました。

私は子供の時にあることを「習いたい」と思っていたのに「習えない」という経験がありました。様々な子供にチャンスが広がる取り組みが行われていることが本気で嬉しいです。

私もがんばろうとワクワクしました。
お知り合いのご活動がご発展されますように。

片岡麻実

白川さま

コメントをありがとうございます。
白川さん、ナイスなご指摘をありがとうございます。

私の記事からは伝わりにくかったのかな? と思ったのですが、おっしゃるように「小中学生で身につけたい「学ぶ力」「読解力」「数的論理力」「抽象化力」みたいなものがしっかり身についていれば、パソコンなんて後からどうとでも覚えるのかな、と」に同感です。

的を得たご指摘だと感じています。


問題は小中学生で身につけたい「学ぶ力」「読解力」「数的論理力」「抽象化力」みたいなものが学校や塾で身につけられないと子供・保護者が悩んでいる場合です。


私の場合は不登校で白川さんがご指摘くださった大事な4要素? が身につけられなくて困っている子どもたちに接しています。

学校に入っているけど授業についていけない子供、発達の凸凹課題がある子供、読み書き困難でIT機器を使って学んでいる子供、など白川さんが想定されている小中学生と100%は重ならない子供たちと接しています。

パソコンを学ぶというよりは「子供たちにとって安心な? 居場所」としてのパソコン教室のように感じています。


ゲームが大好きで、まだ小さいけどゲームを作りたいと思っているお子様にパソコンを通じてご本人の楽しい世界を広げていくような感覚があります。

認知機能を育てる学習ゲームで遊ぶことで、学校の授業に少し集中できるようになったという発達障害のお子様もいました。


小学生のみなさんがパソコンを学ばねばならないわけではなく、ご本人が学びたいとご希望されている場合に教えています。


お父さんと山登りに行くとかお母さんのお手伝いでお料理をするとか、パズルで頭のトレーニングとか。

手先が鍛えられそうな手芸とかピアノでもいいのですが、子供たちが自らやりたくてたまらないことを深めていけばいいと思っています。


パソコンで遊ぶとかプログラミングを子供のうちから体験したいと願うお子様には教えたいと思います。ですがパソコンを学べと強制はしていないし、今後もしないと思います。

私の場合「意義」があるかどうかより、「学びたいと思っている子供がいるから教える」というスタンスです。


学びたい人が学びたいことを学べるのがいいと思っています。

話題がずれてきました。恐れ入ります。


もし可能でしたら「小中学生で身につけたい「学ぶ力」「読解力」「数的論理力」「抽象化力」みたいなもの」を身につけるためにどうしたらいいのか白川さんの記事を読んでみたいです。

長くなってしまったのでここまでにします。コメントをありがとうございました。

このテーマ、本当はブログに書こうと思ったのですが、今ひとつ頭が整理できないので断念しました。

言いたかったことは2つです。

1)知識ではなく考える力を身に付けるには、「優れたテキストを丹念に読み込む」「色々な解法をひねくり出して紙に書き付ける」というプロセスがもっとも役に立つという仮説

2)ITを使うことで、ツールの目新しさやキャッチーさに関心が奪われ、上記のプロセスにじっくり取り組むのをかえって阻害するのでは?という仮説

知識を覚えるには役立つかもしれない、だが「考える訓練」は別なんじゃん?という感覚ですかね。

不登校や発達障害等々、既存の枠組みでは上手くいかないと悩んでいるケースは僕の問題意識とは少し別なことだと思っていて、そういうケースで色々なチャレンジをするのは、素晴らしいと思います。

この手のテーマは「推進しよう!」という方はきちんと論を立てるし、「なんとなく懐疑派」は声高に主張しにくいですよね。

片岡麻実

白川さま

こんばんは。片岡麻実です。
私のお願い(記事のリクエスト)に対していろいろと考えてくださってありがとうございました。
いろいろ考えてくださったお気持ちが嬉しかったの以下の返信がとても長いです。恐れ入ります。


1に関して:
私も同じように自分が良いと判断したテキストを読み、紙に書いて思考を整理していたので確かにと感じました。実際に子供の様子をアセスメントした上で、最も役に立つのか検証できたらステキなテーマだなと私見では思いました。


2に関して:
私も同感でした。私は文学を専攻していたので考え方がアナログ。そのためデジタルをツールとして使っていて、ICTを過信しすぎてしまっては問題ではないかと考えています。

アナログにはアナログの良さ、デジタルにはデジタルの良さがあります。どちらか一辺倒ではなくデジタルとアナログの相互効果を見据えた上で、子どもに合う方法でICT教育を行えないかと考えています。


白川さんがおっしゃるように白川さんの問題意識を「不登校や発達障害のお子様のこと」などと混ぜてしまうとカオス状態になってわからなくなりそうです。

そのため既存の枠組みでは上手くいかないと悩んでいる場合とまずはわけて考えるのが第一段階。
子どもたちの教育の本質という面では両者は重なる部分があると思っているので、子どもたちと主に活動しながら教育の本質をつきたいというのが第二段階です。
※教育の本質が何かはまだわかりません。

白川さんがとても大事なことを問題提起してくださっているので、私もできる限りご回答したいのですが私自身の意見が生煮えな感じがあります。

現状や意見を整理した上で、改めて記事にしていきます。少々、お時間をくださいね。


ちなみにICT教育は推進したいと思っている人が一生懸命な場合が多いようなので、「なんとなく懐疑派」の方が言い難い雰囲気はあるだろうと推察しています。

私がすでに一生懸命すぎなので恐れ入ります。m(_ _)m

本当は「本当にICT教育って役に立つの? 」と思っている保護者の方や教員の方も気持ちを言いやすい状況が望ましいと私見では思います。

どちらか片方が意見を言いすぎてしまって議論や気持ちの伝え合いが成り立たないのは残念なことだと感じています。

私は一生懸命になりやすいので、もっと気さくに言いやすい雰囲気が出るように記事を工夫しますね。

コメントをありがとうございました。

コメントを投稿する