最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

そろそろ自分の存在理由を再定義する必要があるだろう

»

「わたしたちの存在理由は何か?」

その答えを改めて考え直さなければならい時期に来ている。

スクリーンショット 2018-10-17 6.18.40.png

これまでのテクノロジーの進化をたどれば、手順の決まった仕事は機械に置き換えられてきた。例えば、銀行窓口の行員はATMに置き換わり、駅員の仕事であった改札はICカードのタッチに置き換わった。そして、コンビニやキオスクのレジには店員はいらなくなろうとしている。単純な手順から始まった自動化は、より複雑な手順を置き換えようと進化し続けている。

昨今注目されているRPA(Robotics Process Automation)も、いまはまだ単純なキーボードとマウスの操作の置き換えでしかないが、機械学習を組み込むことで、曖昧で複雑な状況の中で判断が必要な操作をも置き換えてゆくことになるだろう。

Oracleが2017年10月に発表したOracle Database 18cの発表には、次のことが明記されている。

「自動化によってあらゆることが可能となります。99.995%の可用性、計画/計画外停止を30分未満抑える保証を可能とします」

  • 自動稼働:機械学習を用いることで、適応型のパフォーマンス・チューニングを継続して行います。アップグレードとパッチ適用を稼動しながらに自動実行されるようになっています。そのためサイバー攻撃から保護するために、稼動しながらセキュリティ・アップデートが自動的に適用されます。
  • 自動スケーリング:ダウンタイムを発生させることなく、コンピューティングとストレージの拡張・縮小を瞬時に実行します。「Oracle Autonomous Database Cloud」はAmazonに比べてコンピューティングとストレージの消費量が少なく、手動管理のコストが低く抑えられることから、大幅なコスト削減が実現します。
  • 自動修復:ダウンタイムを自動的に保護します。SLAにより995%の信頼性と可用性を保証しており、コストのかさむ計画/計画外停止の発生が年間30分未満に抑えられます。

これまではデータベース技術者が行うべき仕事だったが、もはやそこに人間の仕事は不要だ。たぶん人間よりも的確、迅速に仕事をしてくれるようになるだろう。

システム開発もまた、いま大きな転換点を迎えようとしている。これまでのシステム開発では、ビジネス課題を解決するために行うべきことを仕様にまとめ、その手順すなわちアルゴリズムを人間が考え、プログラムを書いて課題を解決してきた。

しかし、ビジネスのデジタル化が急速に進み、処理テーマの増大と多様化・変化のスピードが加速したことで、もはや「経験値×職人技」での対応が限界に達しようとしている。そこで、アルゴリズムに頼るのではなく、データを集め、機械学習で分析して学習モデルを作り、それで課題を解決するというプロセスへと置き換えようという動きも始まっている。このサイクルを高速で回転させ完成度を高めとゆこうというのだ。システム開発における人間の役割は、いま大きく変わろうとしている。

このようなことから「ロボットやソフトウェアが人間の仕事を奪ってしまう」と捉える人もいるが、仕事の総量に限りがあるという考え方は、「労働塊の誤謬(ろうどうかいのごびゅう、lump of labor fallacy)」と言われ、経済学者の間では一般的に誤りとされている。

確かに既存の仕事は機械に置き換えられることがあっても、それに代わるこれまでに無い新しいタイプの仕事が産み出されてゆく。そして、人間はテクノロジーを使いこなし、より高い付加価値を産み出すことに役割をシフトしてゆかなければならない。そうなれば、IT事業者もまた自ずとビジネスのあり方が変わり、収益の構造も変えてゆかなければならない。このトレンドに抗うことはできない。むしろ積極的にこの変化に対応することが、ビジネスを生きながらえさせ、成長させることになることは言うまでもない。

特にいまIT事業者に求められていることは、このようなテクノロジーをクロス・オーバーに俯瞰し、どうすればビジネスの成果に結びつけられるかのアドバイスであり、一緒になって考えてもらえる共創であると言える。

「私たちの会社は、その分野は専門ではないのでできません。」

「それは私と担当が違いますので、あらためてそちらの担当者を同行させます。」

「うちはデータベースの構築に自信があります。そのための認定エンジニアを多数抱えています。」

残念ながら、「これしかできません」企業は次第にお客様から疎遠にされてゆくことを覚悟すべきだ。もちろん、得意分野があることまで意味がないと言うつもりはない。一方で全てを自分たちでできる企業などもないので、リソースを融通できるオープンな連係が必要となる。ただ、「全てのことに相談にのれる存在」であることは譲れない前提だ。

冒頭にも申し上げたとおり、「手順の決まった仕事は機械に置き換えられる」時代。そこに工数ビジネスの需要を期待することは難しい。だから新たな役割を担えなければ、存在理由はない。

お客様にとって大切なことは、自分たちの解題を解決すること、あるいは、自分たちの掲げたテーマを達成すること。そのためにテクノロジーやサービスをどのように組み合わせ、実装してゆけばいいのかを共に考えてくれる存在としてのIT事業者が求められている。

ビジネスの成果とテクノロジーを結びつけられる「直感力」、その仕組みを考える「デザイン力」、お客様のビジネスのあるべき姿を描ける「構想力」が、IT事業者には求められている。

「わたしたちの存在理由は何か?」

これまでのビジネスの価値基準を前提にこの問いに答えることはできたかもしれない。しかし、これからの時代に求められる価値基準の中で、この問いに答えられるだろうか。

iPhoneが登場して10年、経済や社会の仕組みがどれほど大きく変わったかを考えれば、「変化のスピード」の意味を知ることができる。そして、その先の未来を世界に先んじて体現している中国の動向を見ると感動もするし、そのことがもたらす「やりすぎ感」に恐怖すら感じる。日本や世界が同じようになるかはともかくとして、10年という期間が、いまの世の中においてどれほどのスピードを持っているのかを感じることはできる。そしてそれは、明らかに加速している。

「まだ大丈夫」と考えた瞬間に加速された時間の中では「停まる」と同義語であることを覚悟しておくべきだろう。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LiBRA 10月度版リリース====================
・新たに【総集編】2018年10月版 を掲載しました。
「最新のITトレンドとこれからのビジネス戦略」研修に直近で使用しているプレゼンテーションをまとめたものです。アーカイブが膨大な量となり探しづらいとのご意見を頂き作成したものです。毎月最新の内容に更新します。
・アーカイブ資料につきましては、古い統計や解釈に基づく資料を削除し、減量致しました。
==========================================..
ビジネス戦略編
【更新】UberとTaxi p.10
【更新】もし、変わることができなければ p.16

人材開発編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】モノのサービス化 p.34
【更新】モノのサービス化 p.37

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【更新】AIと人間の役割分担 p.12
【更新】自動化から自律化への進化 p.24
【更新】知的望遠鏡 p.25
【更新】人に寄り添うIT p.26
【更新】人工知能・機械学習・ディープラーニングの関係 p.64
【更新】なぜいま人工知能なのか p.65

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・開発と運用編
【新規】マイクロサービス ・アーキテクチャ p.62
【新規】マイクロサービス・アーキテクチャの6つのメリット p.63
【新規】マイクロサービス・アーキテクチャの3つの課題 p.64
【新規】FaaS(Function as a Service)の位置付け p.68

ITインフラとプラットフォーム編
【更新】Infrastructure as Code p.78
【新規】Infrastructure as Codeとこれまでの手順 p.79
【更新】5Gの3つの特徴 p.235

クラウド・コンピューティング編
【更新】クラウドの定義/サービス・モデル (Service Model) p.41
【更新】5つの必須の特徴 p.55
【新規】クラウドのメリットを活かせる4つのパターン p.57

テクノロジー・トピックス編
*変更はありません。

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更ありません

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する