最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

育成をプログラミングできているか

»

「うちの管理職連中は、部下の育成に熱意がない、というか理解がない。部下もまた、研修に"行かされる感"が強い。まあ、研修は罰ゲームみたいなもので、成績が悪い、うまくいかないから行かされると思っているようです。」

大手ソリューション・ベンダーの育成担当からこんなお話を伺った。人は、多くの場合、差し迫っていない限り、進んで行動を起こすことはない。研修もまた同様だ。

pose_genki10_businesswoman.png

かつて、私が仕事をしていたIBMでは、年初に設定されるノルマはとてつもなくきついものだった。手持ちを積み上げたところで、2、3割が関の山で、あとの7割りは、自分の努力で何とかしなければならない。これはもう相当のプレッシャーだ。そこで、担当するお客様のことを徹底的に調べ、何を提案すれば売れるかを考え、計画し、気合いを入れて行動しなければならない。また、お客様のこと、製品のこと、業界のことを勉強しなければ、お客様からは相手にもされない。

大きな案件を獲得しなければ数字は達成できないから、経営層にアプローチできなければ仕事にならない。その能力も持たなくてはならず、そういう危機感に常にさらされていた。

また、マネージャーは専任で個人のノルマを持たなかった。部下の達成した数字の総和が自分の成績だった。部下の能力を高めなければ自分のノルマを達成できないわけだ。また、部下を落ちこぼれさせることはマネージャーにとっては、大変不名誉なことでもあった。また、部下を研修に行かせることは、上司の人事評価の対象となっていた。さらに部下が上司を評価するという制度もあり、学習の機会を与えてくれないとなると、上司への評価も厳しいものになる。

つまり、部下の能力を高めることは、自分の評価にとって死活問題だったわけだ。こういう両者の危機感があったからこそ、研修は大切な機会であると認識されていた。

結果として、研修に参加することへの意欲は高まる。意欲が高ければ、学習効果も高いわけで、結果として、能力の向上に寄与する。

SI事業者と関わる機会も多いが、このような仕組みを持っている企業は少ない。現実を見れば、ノルマは稼働可能な人数の積み上げを前提とし、前年度から少し上積みする程度を目標として設定する。数字は、日常の努力の延長線上であり、自分の能力を大幅に高める必要はない。稼働率を維持することが大切だから、研修は無駄な時間となる。

マネージャーは自らも個人の数字を持つプレイング・マネージャーだ。優先すべきは自分の成績だ。部下の育成もマネージャーのミッションではあるが、社内的には自分の成績達成が、高く評価される傾向にある。だから部下の育成については、「気持ちはあっても行動しない」という状況を生み出している。

組織の成績達成も、できない部下に任せるよりは自分でやった方が早いと考えがちで、部下の能力向上にモチベーションが働かない。結果として、研修や学習への取り組みはおろそかとなる。

何処の会社もIBMと同じことができるわけではない。これは長年培ってきた企業文化の所産であり、何処の会社でも同じことができるわけではない。ただ、人材の育成について、その必要性を日常に埋め込むことが必要であることは言うまでもない。

やはり経営トップがそのことの必要性をしっかり意識し、推進してゆかなければならない。現場が問題意識を持ち、それを経営者に説明、説得しなければならないようでは、だめだろう。これは企業文化の問題であり、それを築くのは経営者の責任だからだ。

研修を生業にするものにとっては、自分で自分の首を絞めるような話しだが、人を育てるのは組織であり、研修だけで人を育てることはできない。組織の仕組みとして育成をプログラミングすることが大切ではないだろうか。


IT_logo.png

5月17日(木)よりスタートする次期「ITソリューション塾・第28期」の受付を開始致しました。つきましては、御社でのご参加をご検討頂ければ幸いです。

■デジタル・トランスフォーメーションを軸に講義を展開

デジタル・トランスフォーメーションをキーワードに、鍵を握るテクノロジーは何か、これからのビジネスがどのように代わるのか、それにどのように向きあえばいいのかを、分かりやすく丁寧に解説してゆくつもりです。また、100年人生の時代を迎え、この業界でどのように働き、自分の価値を高めてゆけばいいのかについても、考えてゆこうと思います。

■オンラインでも参加可能

第28期からは、参加登録された方はオンラインでも受講頂けるようになります。出張中、あるいは打ち合わせが長引いて間に合わないなどの場合でも大丈夫です。PCやスマホからライブ動画でご参加頂けます。

■ビジネスの現場でそのまま使える教材をロイヤリティフリーにて提供
SI事業者/ITベンダーの皆さんには、これからのビジネス戦略やお客様への魅力的な提案を考える材料を提供します。
情報システム部門の皆さんには、自分たちのこれからの役割やどのようなスキルを磨いてゆく必要があるのかを考えるきっかけをご提供します。

講義で使用する500ページを超える最新のプレゼンテーションは、オリジナルのままロイヤリティ・フリーで提供させて頂きます。お客様への提案、社内の企画資料、イベントでの解説資料、勉強会や研修の教材として、どうぞ自由に活用してください。

第27期に使用している講義資料(一部)については、こちらからご覧頂けます。第28期はさらに内容をブラッシュアップして、ご提供するつもりです。

古い常識をそのままにお客様の良き相談相手にはなれません。
「知っているつもりの知識」から「実践で使える知識」に変えてゆく。そんなお手伝いをしたいと思います。

日程 2018年5月17日(木)~7月25日(水) 18:30~20:30
回数 全11回
定員 80名
会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
料金 ¥90,000- (税込み¥97,200) 全期間の参加費と資料・教材を含む
-----
【お願い】早期に定員を超えると思われますので、まだ最終のご決定や参加者が確定していない場合でも、ご意向があれば、まずはメールにてご一報ください。優先的に参加枠を確保させて頂きます。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

「最新のITトレンドとこれからのビジネス」というタイトルの新入社員研修のためのプレゼンテーションを公開しました。よろしければご活用下さい。

内容は、以下の通りです。

  • ITトレンドとサイバーフィジカルシステム
  • サイバー・フィジカルシステムとデジタル・トランスフォーメーション
  • ITインフラと仮想化
  • サイバー・セキュリティ
  • IoT(モノのインターネット)
  • AI(人工知能)
  • 開発と運用
  • デジタルトランスフォーメーションとこれからのビジネス
  • これからのビジネスに求められる人材

SI事業者やITベンダーで毎年行われている新入社員研修では、ITの基礎的な知識は教えているところはあっても、最新のトレンドやいまのビジネスがどうなっているのかを教えているところはあまりありません。しかし、自分たちの未来を託す彼らに40年前から変わらないコンピュータの基礎だけを教え、いまを伝えないのは片手落ちではないでしょうか。ITは日々進化し、役割も拡がっています。IoTやAIの進化、クラウドの普及と共に伝統的なビジネスのやり方を大きく変えてしまうデジタル・トランスフォーメーションも進行中です。

ビジネスの現場に彼らが立たされたとき、そんなことも分からないでは、お客様も不安になるでしょうし、何よりも新入社員本人が不安になってしまいます。

そんなことがないように、IoTやAI、クラウドと云ったこれからの当たり前を、その価値や可能性と共に正しく伝えなくてはなりません。合わせてITの大切さと大きな可能性を語り、この仕事のやり甲斐を伝えることは大切だと思っています。また同時に、物販や人月ビジネスの限界、それに変わるビジネス価値は何か、そのためにどのようなことを考え、どのような能力を身につけてゆかなければならないのかを正直に伝え、彼らに託す言葉を伝える必要もあるでしょう。

デジタル・トランスフォーメーションの時代を迎え、ITビジネスの本質がいま大きく変わろうとしています。こちらについては、近々「SIerのためのデジタル・トランスフォーメーションの教科書」をリリースする予定ですが、そういうことと合わせて、ITに求められる新しい期待とそれに応えてゆくためには、何をしなければならないかを、新入社員の時にしっかりと伝え、彼らに自覚と夢を持たせなくてはなりません。

そんな思いで作った教材です。

6月から7月にかけて、そんな新入社員のための「最新ITトレンド・1日研修」も開催しようと思っていますが、そのためのベースとなる教材です。

よろしければ、御社でもご活用下さい。

LiBRA 4月度版リリース====================

  • 「ITソリューション塾」最新コンテンツを掲載しました!
    • 膨大なプレゼンテーションの中から、ITソリューション塾で使用している厳選のプレゼンをテーマ毎に掲載しました。
  • AIに関連した資料を充実させました。

====================================

新たに掲載!「ITソリューション塾」最新コンテンツ

メインテーマ

  • ITトレンドの読み解き方とクラウドの本質
  • ソフトウェア化するインフラと仮想化
  • クラウド時代のモバイルデバイスとクライアント
  • IoT(モノのインターネット)
  • AI(人工知能)
  • データベース
  • ストレージ
  • これからのアプリケーション開発と運用

知っておきたいトレンド

  • ブロックチェーン
  • 量子コンピュータ

====================================

ビジネス戦略編

  • 【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの定義 p.18
  • 【改訂】デジタル・トランスフォーメーションを主導するクロスオーバー人材 p.21
  • 【新規】加速する時代のスピードに対応できる人材 p.22
  • 【新規】常にテーマや問いを発し続けられる人材 p.23

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

  • 【新規】Amazonのデータ収集戦略 p.30
  • 【新規】IoT通信:LPWAと他の通信方式の比較 p.34
  • 【新規】IoT デバイスとしての自動車 p.96
  • サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット
  • 【新規】人間は何を作ってきたのか p.10
  • 【新規】人工知能の限界 p.11
  • 【新規】「東ロボくん」の実力と代替可能な職業 p.12
  • 【改訂】コレ1枚でわかる人工知能 p.13
  • 【新規】機械学習の課題 p.80
  • 【新規】転移学習 p.81
  • 【新規】学習データと結果の関係 p.97
  • 【新規】自動運転レベル p.118
  • 【新規】富士通 Mobility IoT 2018(動画・事例紹介) p.120

開発と運用編

  • 【新規】これからの開発や運用に求められるもの p.5
  • 【新規】ITについての認識の変化が「クラウド×内製化」を加速 p.6

インフラ&プラットフォーム編

  • 【新規】HTAPとは何か? p.229
  • 【新規】5Gと他の通信方式 p.231

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する