最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

あなたの非常識がお客様の価値を毀損する。やがては捨てられてしまうでしょう。

»
  • 技術的には無理
  • できたとしても、コストがかかりすぎる
  • 人間がやったほうが、融通が利く

何を根拠にそんなことをおっしゃるのでしょうか。常識は毎日書き換えられています。

「IoTでは通信コストがかかりすぎるから、普及するのはまだ先の話」

SIGFOXが提供するサービスは、年額100円で利用できます。機能的な限界もありますから、全てに使えるわけではありませんが、それでも「できること」の可能性は大きく広がるはずです。

「クラウドを使ったからと言って、安くはなりませんよ。むしろ高くつくこともあります」

あるWebシステムを、所有する場合のシステム構成をそのままに、AWSのEC2でシステムを作ると年額25万円ほどかかったそうです。しかし、AWSのサーバーレス・アーキテクチャを実現するサービスLambdaを使いアーキテクチャを最適化したところ、年額900円で使えたそうです。もちろん、全てのケースでこれほど劇的なコスト削減ができるわけではないでしょうが、アプリケーションによっては、こんな使い方も可能であることは、もはや常識です。

「工場のものづくりの現場では、他の人との協調なくして、効率のいい仕事はできません」

米Rethink Robotics社のBaxterという産業用ロボットは、人間が働く製造ラインに並べて設置できます。人間の動きをセンサーで捉えながら、その動きに合わせて作業をこなします。しかも金額は250万円ほどです。確かに、人間にしかできない作業もあるでしょう。しかし、これまで人間がやっていた多くの単純作業をこのロボットに置き換えれば、人間には人間にしかできないことへシフトさせることができます。人手不足や新興国との価格競争への効果的な対策にもなるかもしれません。

ar_kakuchou_genjitsu-1.png

これまでも、そして、これからも、ITの目指しているのは「時間と空間の短縮」です。つまり、ITをうまく使えば、人間の関与を無くすことで「人間がやるからできないこと」を無くすことができ、業務処理の時間短縮や距離の離れた場所に情報を届ける、あるいは地域を越えて協働することもできるわけです。

「自動化」という言葉に置き換えて考えることもできるでしょう。つまり、人間の労力でこなしてきた仕事を機械やソフトウエアに置き換えることで、人間が自らの役割を他の役割にシフトさせてきました。そして、人工知能の進化と共に、その範囲は拡がりつつあるのです。

このようなテクノロジーの進化を正しく直視すべきです。そして、その進化のスピードは、加速度を増しています。いずれはできるだろうと思っていたことが、とっくにできていた、なんてことが普通に起こっています。

ITに関わる仕事をするということは、そんな進化が急速に進むテクノロジーを正しく目利きし、使えるカタチ、つまりや実装技術やサービスへと転換し、「時空間の短縮」あるいは「自動化」という価値として、お客様のビジネスの成果に貢献することです。

そんなITビジネスの本質的な価値を棚上げし、過去のテクノロジーの上に築かれた自らのビジネスを守るために、お客様に時代遅れを強要することが、どれほどお客様の価値を毀損しているかを自覚すべきです。例えば、未だ次のようなことが平気で行われています。

  • お客様の自前の設備を仮想マシン化し、その構成をそのままにIaaSへ移行することだけでクラウド・インテグレーションと称し、何ら新たな付加価値を生みだすことがないのに、それを売り込んで工数を稼ごうとしている。
  • アジャイル開発やDevOpsの本質を正しく理解しないままに、「それらは、しょせん小規模なWebアプリケーションにしか使えないので無理です」と誤った解釈を押しつけ、お客様のIT改革を後退させようとしている。
  • お客様はパブリック・クラウドへの移行をすすめたいのに、「保証できません/責任持てません」という脅し文句で、お客様を躊躇させ、いままで通りの設備、開発、運用に落ち着かせ、これまでの仕事の守ろうとする。

こんなことを続けていれば、お客様からの信用を失い、別の会社に置き換えられてしまうでしょう。

テクノロジーの進化に「見猿聞か猿言わ猿」を決め込み、いままで通りを押し通そうとするのではなく、進化や変化を先取りして、お客様の未来の先導役となることこそが、ITビジネスに関わる人たちの役割ではないでしょう。

お客様と一緒に参加しませんか?

ビジネス・エグゼクティブのためのIT戦略講座

来年2月より、事業会社の経営者や経営幹部、事業部門の責任者や幹部といったエグゼクティブを対象に「ビジネス・エグゼクティブのためのIT戦略塾をスタートさせることに致しました。
ITに詳しくない経営者や事業部門のトップが、ITのトレンドや価値、それをビジネスに活かす方法について理解を深めてもらおうという内容です。
講師には、私だけではなく、デジタル・ビジネスの実践を支援し、グローバルに活躍している方やデザイン思考のプロを招き、単なる知識ではなく、実践的なノウハウも合わせて提供しようと準備しています。
ユーザー企業のエグゼクティブが対象ではありますが、もしIT事業者の方で参加されたいというご意向がありましたらご相談下さい。

内容:全3回の講義と演習/受講者と講師のコミュニケーション

  • 2月26日(月)第1回 最新のITトレンドとこれからのビジネス戦略
  • 4月27日(金)第2回 デジタル戦略を実践するための手法とノウハウ
  • 5月29日(火)第3回 未来創造デザインによる新規事業の創出

2月14日(水)よりスタートする次期「ITソリューション塾・第27期」の受付を開始致しました。

=====

日程 2018年2月14日(水)~4月25日(水) 18:30~20:30
回数 全11回
定員 80名
会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
料金 ¥90,000- (税込み¥97,200) 全期間の参加費と資料・教材を含む
--
【お願い】早期に定員を超えると思われますので、まだ最終のご決定や参加者が確定していない場合でも、ご意向があれば、まずはメールにてご一報ください。優先的に参加枠を確保させて頂きます。
=====

第27期は、これまでの内容を一部変更し、AIやIoTなどのITの最新トレンドについての解説と共に、そんなテクノロジーを武器にして、どうやって稼げばいいのかについて、これまで以上に踏み込んで考えてゆこうと思います。また、働き方改革やこれからのビジネス戦略についても、皆さんに考えて頂こうと思っています。

SI事業者の皆さんには、これからのビジネス戦略やお客様への魅力的な提案を考える材料を提供します。
情報システム部門の皆さんには、自分たちのこれからの役割やどのようなスキルを磨いてゆく必要があるのかを考えるきっかけをご提供します。

講義で使用する500ページを超える最新のプレゼンテーションは、オリジナルのままロイヤリティ・フリーで提供させて頂きます。お客様への提案、社内の企画資料、イベントでの解説資料、勉強会や研修の教材として、どうぞ自由に活用してください。

古い常識をそのままにお客様の良き相談相手にはなれません。
「知っているつもりの知識」から「実践で使える知識」に変えてゆく。そんなお手伝いをしたいと思っています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

2018年2月版・改訂/追加リリース

================================
・デジタル・トランスフォーメーションについて大幅に解説を増やしました。
・【講演資料】SIビジネスのデジタル・トランスフォーメーション を新規に掲載しました。
・量子コンピュータについて、チャートの他に解説文を作りました。
================================

追加・更新の詳細は以下の通りです。

プラットフォーム&インフラ編
【改訂】サーバー仮想化とコンテナ p.94
【新規】ビジネスとしてのランサムウェア p.113

ビジネス戦略編
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの意味 p.4
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か p.5
【新規】「限界費用ゼロ社会」の実現を支えるデジタル・トランスフォーメーションp.6
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの全体像 p.7
【新規】デジタルトランスフォーメーションとCPS p.8
【新規】デジタル・トランスフォーメーションを支えるテクノロジー p.9
【新規】デジタル・トランスフォーメーション実現のための取り組み p.10
【新規】デジタル・トランスフォーメーションをとは p.11
【新規】デザイン思考・リーン・アジャイル・DevOpsの関係 p.16
【新規】SIビジネスとして注力すべきテクノロジー(解説付き) p.17
【新規】デジタルトランスフォーメーション時代に求められる能力 p.20

サービス&アプリケーション・先端技術編/IoT
【新規】機能階層のシフト p.46

サービス&アプリケーション・先端技術編/人工知能とロボット
【新規】手順が決まった仕事は機械に置き換わる p.18
【新規】深層学習の学習と推論 p.52
【新規】「AIカント君」の可能性について p.92

開発と運用編
【新規】DockerとKubernetesの関係 p.45
【新規】システム開発のこれから p.62

テクノロジー・トピックス編
【新規】スマート・コントラクト p.53
【新規】量子コンピュータについての解説文 p.67-68

ITの歴史と最新トレンド編
*変更はありません

クラウド・コンピューティング編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

【講演資料】SIビジネスのデジタル・トランスフォーメーション を新規に掲載しました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する